【台北/小吃/天津蔥抓餅】並んでも食べたいスナック!独特の作り方が面白い

台湾
スポンサーリンク

小籠包の鼎泰豊本店やマンゴーかき氷の思慕昔(スムージー)を始めとして食事やショッピングのお店が並ぶ永康街。その永康街に行列のできる屋台があります。今回は天津蔥抓餅(テイェンジンツォンジュアビン)をご紹介します。

スポンサーリンク

蔥抓餅とは

ウイキペディアには似たような粉物「葱油餅」について以下のような記載があります。

(引用始)
葱油餅(ツォンヨゥピン)とは、小麦粉で作った生地に油を塗り、ネギの細片を具として巻き込んで焼いた中華料理。北京料理として知られるほか、台湾料理など他の地域でも食べられており、類似したものは葱抓餅などとも呼ばれている。屋台の商品として売られていることが多い。

作り方は、まず、小麦粉をぬるま湯または水で練って生地を作り、麺棒で薄く広げる。ついで、生地に塩を振って味付けし、油を塗って、みじん切りにしたネギを散らす。端から生地を巻き、細い棒状になるようにする。棒状になった生地を、油がこぼれないよう両端を留めてから、ひねりながら棒の縦方向に潰し、さらに麺棒で円盤状に伸ばす。あるいは、棒状の生地を渦巻き状に巻いて円盤にしてから、麺棒で伸ばす方法もある。最後に、円盤状になった生地を、熱した鉄板やフライパンで焦げ目が付くように焼く。屋台では、焼きあがった葱油餅に放射状に切り込みを入れて、三角形に切り分けて供することが多い。(引用終)

さて、「蔥(葱)を抓った(つねった)、抓んだ(つまんだ)餅」ってなんでしょう?

この屋台で作っている様子を見ていると何となくわかるような気がしました。画像手前のマシンで生地を延ばして、それを鉄板で焼いていきます。そして、焼き上がってきたところで、コテを使って空気を入れるように叩いていくと、平べったい葱餅が空気を抜いたラグビーボールのようになります。そうすると、このお店で食べられるふわふわ食感になるようです。

手前の機械でプシュープシューとおばちゃんが生地を広げます。

鉄板で焼いて、トッピングを加えてコテで叩いてくるくる回します(画像がわかりくいですが、できあがりは右おばちゃんが袋に入れているような形になります)。

天津蔥抓餅への行き方

MRT信義淡水線東門駅「5番出口」から目の前の広い道(信義路二段)沿いに進んですぐ右手にベーカリーがあります。そこで右折(まっすぐ行くと鼎泰豊です)して、左手に「高記」そして「度小月」を見ながら進むと、前方に思慕昔が見えてきます。その右手前の屋台です。「誠記」というベトナム料理店の店先に出ています。徒歩2分ほど。

メニューと注文の仕方

1原味(ユェンウェイ) トッピングなし 25元
2加雞蛋(ジァージーダン) 卵のトッピング 30元
3九層塔加蛋(ジォウツォンタア ジァーダン) 台湾バジルと卵のトッピング 35元
4火腿加蛋(フォトゥェイジァーダン)ハムと卵のトッピング 40元
5起司加蛋(チィスージァーダン) チーズと卵のトッピング 40元
6総匯(ゾンフイ) 全部乗せ(卵、台湾バジル、チーズ、ハム) 50元
7玉米蛋(ユーミィダン) とうもろこしと卵のトッピング 40元
8玉米起司蛋(ユーミィチィスーダン) とうもろこしとチーズと卵のトッピング 50元

メニューは屋台の上に掛かっているものと、鉄板の手前に立てかけてあるものとがあります。立てかけてある方には日本語の記載があります。行列しているとデリバリーと会計の担当のおばちゃんがメニューを持って回って注文を聞いていきます。

並んでいる順番に注文したものを縦に書いて並べた紙を作り手のおばさんに渡すというやり方で、誰が何を注文したか覚えているわけではないので、混乱することもときどきあります。現地の人が「もう、これとこれよ」と言っていたりしますが、あまり気にしなくて大丈夫です。受取るときに確認しましょう。

6の総匯にとうもろこしが乗っていないのは、以前は6番までしかメニューがなく、後で7と8が追加された経緯だろうと思われます。

順番が来ると、要加辣嗎(ヤオジャーラーマ)?(辛いソース要りますか?)と聞かれますので

要るときは「要(ヤオ)」
要らないときは「不要(ブーヤオ)」

注文したものを受け取ったら、お支払いをします。

買い喰いみたく歩きながら食べても良いですし、すぐ向こうにある永康公園で食べるのもありです。僕はホテルに持って帰ってビールのお供にしました。

お店の基本情報

店名 天津葱抓餅
住所 台北市永康街6巷1号
営業時間 9:00~22:30

2019年12月時点での情報です。
公式サイトなどで最新情報の確認をお願いします。

まとめ

いつ行っても行列ができていますが、どんどん焼かれていきますので、ベトナム料理店の端まで並んでいても10分くらいで順番が回ってきます。1〜8、どれも美味しいです。台湾バジルも試してみてくださいね。

それでは、台湾でお会いしましょう! 大家台湾見!

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました