【台湾/台湾入国】12/1 マスク着用ルールなど防疫措置緩和

台湾
スポンサーリンク

いつもこのブログ「音楽徒然草」をお読みいただきありがとうございます。

2022年9月29日から観光目的等を含むビザ免除の台湾への入国開放が実施され、さらに10月13日以降入国後隔離等が緩和されました。

さらに、12月1日からマスク常時着用ルールなど防疫措置の緩和が実施されています。

スポンサーリンク

2022年9月29日からの入境条件

1週間の入国者数上限:週6万人に引き上げ(現行5万人)

入境空港での唾液によるPCR検査廃止、4回分の抗原検査キット配布に変更

入境後3日間在宅検疫(個室隔離)、その後4日間自主健康管理(個室隔離ながら必要最低限の外出可)

外国人の入国:ビザ(査証)免除国・地域のビザなし渡航を全面的に再開

ただし

入境当日は0日目扱い
隔離場所は防疫ホテル、それ以外の居住施設では個室・浴室・便所が他の利用者と完全に隔離されていることが条件
自主健康管理期間中の外出は、2日以内の抗原検査キットで陰性確認が必要(マスク常時着用、人混みへの出入りや不特定の人との接触は避ける)
在宅検疫・自主健康管理は公共交通機関の利用禁止(防疫ホテルまでは専用のタクシーなどの利用が必要)

現地報道:https://www.cna.com.tw/news/ahel/202209225012.aspx

中央フォーカス台湾:https://japan.focustaiwan.tw/column/202209225002

2022年10月13日から実施される入境条件緩和

廃止された事項

在宅隔離措置(在宅検疫)
入国前「入境検疫システム」オンライン申請
台湾国内で使用できる携帯電話(番号)保持
「入境健康声明・在宅検疫通知書」発行

自主健康管理

入国日はゼロとして、翌日から7日間カウントの自主健康管理になります。

入国後

快篩(家庭用簡易抗原検査キット)の受取

2歳以上の旅客は空港で4回分の検査キットを受け取ります(2歳未満の子供は自主健康管理期間中の簡易検査は不要)。

ちなみに、検査のタイミングは「入国当日あるいは自主健康管理1日目」と外出時、感染の症状があるとき。

なお、外出時には2日以内の簡易検査の陰性結果が必要です。

交通機関の利用

感染が疑われる症状が「ない」場合:公共交通機関の利用可

感染が疑われる症状が「ある」場合:防疫タクシー(入国時、検疫職員に自主報告、検疫職員の判断で空港で唾液PCR検査を実施)

宿泊場所

原則「1人1室」(独立のトイレ・バス)の自宅・親族・知人宅又はホテル(宿泊施設)

なお、団体ツアー参加者が同じスケジュールで行動する場合は、1部屋に2人以上の宿泊が可能

外出

無症状、かつ2日以内の快篩(家庭用簡易抗原検査キット)の結果が陰性の場合、外出が可能(陰性証明要、マスク着用)

重症高リスク対象(65歳以上の高齢者、6歳以下の幼児、免疫不全或いは免疫力低下者)にできる限り接触しないこと

病院の付き添い、見舞いは禁止

食事

飲食時には短時間マスクを外すことは可能

離席時、飲食後は、直ちにマスク着用

個人旅行:レストラン内で単独、特定の対象者と共に食事することは可能

ツアー旅行:台湾人と同じテーブルでの食事は不可

陽性になった場合

医療機関でリモート診療を受診

外籍人士視訊看診或就醫之醫療院所名單(外国人がリモート受診・治療できる医療機関一覧):https://www.cdc.gov.tw/Category/List/ZvTUyd7UDDzQjhWL7ran6Q

自宅療養が可能な場所に宿泊していない場合は、強化版防疫ホテルか集中検疫所またはその他指定された場所で隔離療養

具体的には以上ですが、まずホテルのフロントに連絡して、指示を待ちましょう

なお、台湾国内での治療費などは無料、一方、チケットの日程変更などは自腹となります。

マスク着用

マスクの着用は、台湾人と同様のルール適用

そのほか

入国時のワクチン証明は不要

台湾で陽性となった場合、必要とされる7日間の隔離が終了するまで日本への帰国は不可

自主防疫期間中の帰国は可能(2泊3日など短期間、訪台することができます)

快篩(家庭用簡易抗原検査)陰性証明は、
キットに名前と検査日を記入して写真撮影したもの。外出時には、外出当日あるいは前日の陰性証明が必要

自主防疫ルール違反の場合には、10,000元〜150,000元の罰金が科される場合があります

参考:
公益財団法人日本台湾交流協会HP(台湾衛生福利部疾病管制署プレスリリース翻訳):https://www.koryu.or.jp/news/?itemid=3046&dispmid=5287

台湾入国・日本帰国の手続き

台湾入国については、2022年11月に訪台したときには「家庭用簡易抗原検査キット」の受け取り以外は、鎖国以前と変わりがありませんでした。

なお、日本帰国便搭乗のチェックイン時に、台北松山空港のJAl(チャイナエア)カウンターでワクチン接種証明書の提示を求められました。

日本帰国時の手続きについては次の通りです。

入国に必要なもの

有効なワクチン接種証明書あるいは出国前検査証明書

または

質問票(ファストトラックできない場合)

以下詳細です。

有効なワクチン接種証明書

公的機関発行の接種証明(市町村役所で申請可能、マイナンバーカードを使ってコンビニやスマホで取得することも可能)

必要事項(日本語または英語)
氏名・生年月日・ワクチン名(メーカー)・接種日・接種回数

規定ワクチン(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカなど)の3回接種

出国前検査証明書

ワクチン未接種、規定回数未満の場合にワクチン接種証明書に代わるもの

出国前72時間以内の検査

必要項目
氏名・生年月日・検査法・採取検体・検体採取日時・検査結果・医療機関名・交付年月日

フォーマットは厚生労働省のHPにあります

質問票

ファストトラックできない場合、個人情報や滞在国、帰国後の滞在先、体調などWebで事前入力

ファストトラックとは

政府はファストトラックを推奨

入国手続オンラインサービスで質問票、検査証明書やワクチン接種証明書の登録が事前に可能

帰国便到着予定日時の6時間前までに登録する必要があります

2022年11月14日以降、11月1日からファストトラック機能が追加された入国手続オンラインサービス「Visit Japan Web」を使用しています

VisitJapanWeb:https://www.vjw.digital.go.jp/main/#/vjwplo001

検疫手続ができるようになリました

パスポートの登録、接種証明書の登録などを指示に従って行っていきます
接種証明書は画像保存しておくと便利です(筆者の居住地域の証明書には画像保存のボタンがありました)

厚生労働省 HP:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_24332.html
ファストトラックについて:https://www.hco.mhlw.go.jp/#news

台湾リピータ必須の「常客証」は期限延長

台湾に何度も行く人にとっては必須の「常客証」、筆者の場合は有効期限が2020年5月13日となっていました。

コロナ禍の特例措置で数度の延長措置が図られましたが、さらに2022年10月31日、2020年2月1日から2022年7月31日に期限を迎える常客証を所持している人に対して、2023年10月13日まで自動延長されました(これまでは2022年12月31日)。

当局発表:https://www.immigration.gov.tw/5385/7229/7232/324610/cp_news

再出力はこちらから:https://niaspeedy.immigration.gov.tw/nia_freq/freqVisitorSelAction.action

筆者は前回の延長措置で更改したため2022年末が期限となっています。

すでにお持ちの方は確認してみてください。

新規申請:https://niaspeedy.immigration.gov.tw/nia_freq/
既存分再取得:https://niaspeedy.immigration.gov.tw/nia_freq/freqVisitorSelAction.action

マスクルールの緩和

2022年12月1日から屋外でのマスク常時着用義務が撤廃されました。

屋外でのマスク常時着用義務撤廃

ただし、年末年始の大規模屋外イベントのマスク着用については、状況の変化を踏まえて別途検討されるとのことです

屋内でのマスク常時着用義務は継続

車両、船舶、航空機などの乗りもの内などを含む屋内では、引続き常時マスクを着用する必要があります
(例外的な事情に該当する場合、マスク着用を免除されることはあります)

屋内でのマスク着用についての例外

以下の場合には屋内でもマスク着用が義務となりません

運動(スポーツ)、歌唱、個人または団体写真の撮影
同居家族同乗、または運転者一人での車の運転
ライブ配信/放送、撮影(録画)、司会、報道、スピーチ、講演、講義など会話や談話に関する業務やイベントの正式な撮影または進行の遂行
温泉、冷泉、スパ施設、サウナ、スチームサウナ、水中活動(ウォーターアクティビティ)など、マスクが濡れやすい場合

ただし、マスクの携行・準備の必要があります
また、感染を疑われる症状がある場合や、不特定多数の人とソーシャルディスタンスを保てない場合は、マスク着用の必要があります

そのほか

外出時での飲食に際してはマスクは着用する必要がありません

指揮センターまたは所轄官庁が指定する屋内の場所やイベントで、指揮センターまたは所轄官庁の関連防疫措置に適合する場合には、マスクを一時的に取り外すことができます。

飲食店などの宴席でテーブルを回ってお酒やお茶の乾杯禁止のルール撤廃

台湾衛生福利部疾病管制署プレスリリース:https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/6HMlB14lmBfMTwKhc8h6mw?typeid=9

まとめ

台湾では10月13日からの入国に際し「自主健康管理(自主防疫)」が適用となり、日本でも入国時の手続きが簡素化されました。

一方で、気温が30度に達する状況でも外出時にマスクを着用することは、ルール遵守は当然とはいえ、筆者の実感としては「大変暑く」厳しいものがありましたので、今回のルール撤廃は身体的な負担を考えると個人的には歓迎です。

それでは台湾🇹🇼でお会いしましょう! 大家台湾見!

コメント

タイトルとURLをコピーしました