【台湾】201912ダイジェスト最終日 現地貸出WiFi返却失念!鼎元豆漿 金鶏母

台湾
スポンサーリンク

中国ウイルスとそれにともなう世界的なメディアウイルス騒ぎが長びき、台湾への旅行再開のめどは見えてきそうにありませんね。

そこで、僕の過去の台湾旅行のダイジェスト記事をしばらくの間エントリーすることにしました。こうしている間に再開の兆しが見えてくれればと祈っています。まずは、直近の2019年12月16〜19日の台北〜台中〜台南の旅から始めています。

今回は第4日最終日の模様を振り返っていきます。
最後までよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

201912 台湾旅第1〜3日の模様

台北到着から濃密な半日の模様はこちらにまとめています。

第2日の午後は台中に向かいました。


第3日は早朝から台南へ向かい、到着早々から台南ならではの小吃を味わいました。


午後はまた台北に戻り、最後の夜を過ごしました。

今回は最終日の半日間のお話になります。

朝ごはん/鼎元豆漿

最終日となると「もう帰るのか」と寂しい感情に襲われてしまいますが、そんな朝には、台湾の人の温かさに浸れるこのお店(鼎元豆漿 ding3yuan2dou4jiang1 ディンユィエンドウヂエン)の朝ごはんが最適です。

同じ人気店の阜杭豆漿(fu4hang2dou4jiang1 フウハンドウヂエン)と比べても、圧倒的に地元のお客さん、常連さんが多いです。バイクで乗りつけていつもの朝ごはんを買って職場へ行く、あるいは店内で食べて職場に向かう、そんな感じです。その雰囲気がとても落ち着きます。

お店の人も、特別に愛想が良かったりするわけではないのですが、緩やかな連携というか、ベテランも若い人も、うまく言えないのですが、ふわっとした温かいものを感じます。

豆漿はお店によって個性が出ますが、鼎元豆漿のものはさらふわな感じでとても自然にお腹の中に入ってきます。お饅頭(包子)やパイ(酥餅)がよく合いますし、朝ごはんのお店には珍しい小籠包もこの豆漿となら、するするっと食べられます。

いつもついつい朝から食べ過ぎてしまいます。

食後は腹ごなしにお店の前の路地の向こうにある中正紀念堂をお散歩。入ってきたところになぜか戻ってくることができずに、結局外壁沿いに一周してやっと辿り着きました。

かき氷/金鶏母

ホテルに戻ってパッキング、そしてチェックアウトして荷物を預けて向かったのは東門駅近くこのお店(金鶏母 jin1gi1mu3 ヂンヂィムウ)。最後のかき氷を食べました。

ずいぶん前に「台湾に行きたいわん!」というおやじのダジャレのようなサイトで、東門市場のお店を特集していたときに掲載されていたのが、この「金鶏母」でした。

見た目鮮やかなかき氷に惹かれ、初めて訪問したときは、「(日本人のあなたが)どうやってこのお店を知ったのですか」と質問されるくらいオープン間もない頃で、知る人ぞ知る存在でした。それが、今や下校時刻には地元女子で行列ができるようなお店になりました。2号店というのか姉妹店もできたようです。

いつも女性がほとんどで、男性はと言えば女性とカップルで来ているくらいなので、おっさんの僕が一人でかき氷を食べていると、かなり浮いているんだろうなとは思いますが、好きなんだから仕方ないでしょう。

新しいメニューは出てないかなとチェックして、次回もまたお邪魔することでしょう。

まさかのハプニング/現地貸出WiFiの返却を忘れる!

今回も無事に帰国しましたと申し上げたかったところですが、最後の最後にハプニングがあり色んな方にご迷惑をかけてしまいました。

果たしてどうするべきだったのか、反省点は多々あるのですが、まずは事実関係を。

僕はKKDayの現地貸出/返却、仕様上限なしというWiFiサービスを利用しています。その「現地返却」を忘れてしまったのでした。

台北松山空港でチェックイン、まだ搭乗まで1時間半あったので、うろうろせずにラウンジで過ごすことにして出国手続も済ませてしまいました。そして、ラウンジで一休みしようと思った瞬間「WiFi返すの忘れた!」

少々パニックに陥り「とにかく返却しなければ」という意識が先に立って、荷物を持ってラウンジを出てイミグレまで戻り、その旨を係りの方(そんな係りの方はいませんけど)にお話したところ、

搭乗まで時間の余裕があるので、こうしましょうということに。

・出国手続はいったんキャンセル
・搭乗するフライトの航空会社に搭乗券を再発行を依頼
・その搭乗券を持参する航空会社の人と共に出国の手順を逆に辿って再入国
・WiFiを返却の上、再度自分自身で出国手続

これで大丈夫なので、ちょっと待ってくださいねとチェックインカウンターに電話をしてくださいました。

ちょうど日本への帰国便の出国手続のラッシュが始まったところで、航空会社の方(JLですが、チャイナエアが代行)の手が空かないようで、なかなか来られませんでした。

やがてイミグレの方がランチタイムで交代となり、引継までして頂く羽目になってしまいました。引継いだ方は不安そうな僕の顔を見て「早く来てあげて」と再度電話までしてくださったり。

ほどなくチャイナエアの係の方が来られ、その方と一緒に逆方向の手荷物検査、そしてイミグレ入口受付の取消と、これまたかなり面倒な手続の連続で、ご迷惑をおかけした挙句台湾に再入国。

ペリカン便のカウンターでWiFiを返却して、再度出国手続の上、無事搭乗することができました。

各々の手続には手続簿への記入と関係者の承認、証印(台湾も「はんこ」)が必要ですし、再入国に必要な手荷物検査では出国される皆さんの流れを止ることになり、何人の方にご迷惑をおかけしたかわかりません。

イミグレの方は「あることだから」的な感じで「もう!(怒)」という表情も見せず、淡々と優しく接してくださり、チャイナエアのグランドホステスの方も嫌な顔もせず、とても丁寧に対応してくださって、気分的にも救われました。

現地貸出WiFiの返却を忘れたときには

KKDayの注意事項などを読むと次のような記載がありました。

日本での返却はお受けいたしかねます。
日本で返却された場合、国際輸送費用1,000NTD/台と延滞料金*が発生いたします
(*延滞料金:レンタル料金399NTD/日x延滞日数)

日本での返却は基本できないことになっていますが、やむを得ない事情があれば、追加料金を支払うことで返却できる可能性がありそうです。
国際郵便は1kgの荷物であればEMSでも国際郵便でも500NTDなので、箱代など包装料金を考えれば納得ですが、遅延料金は一日あたりのレンタル料金対比2〜3倍程度でまさに罰則料金ですね。

とはいえ自業自得です。
こんなバカなことをするのは僕だけになるよう、みなさまくれぐれもご留意ください!

台湾華語カナ発音について

台湾のお店や駅名にはピンイン(拼音)と台湾華語のカナ発音をお示ししています。

表記方法は三省堂「デイリー日本語・台湾華語・英語辞典」に準じるものにしました。

🔸-nと「ン」、-ngは「ン」で区別する
🔸無気音と有気音は清濁音で区別する
🔸そり舌音は太字で記載


man マン mang マン
dou ドウ tou トウ
zhu ウ zu ヅウ
shou オ suo スオ

また、声調はピンインに示しています。

a1 ー (高く平らに)
a2 / (高く昇る)
a3 \_ (低く抑える)
a4 \ (一気に下げる)

まとめ

最後のハプニングについては、あとで冷静になって考えてみれば、台湾でのWiFiの返却を諦めて、帰国後KKDayに連絡して日本から送ることだってできたはずです。

台湾へは「ちょっと行って来るね」という感覚で、非日常というよりは、日常の延長線上で「海外に」行って戻ってくる感覚もなくなっていた結果、多くの台湾の皆さまにご迷惑をお手数をおかけしたことを深く反省しました。

次に行くときには気をつけて、と思っていたら…

2020年3月18日、台湾外交部は、中華民国籍ではない旅行者について、中華民国での在留許可があることを証明する居留証、外交公務証明、商務履約証明のいずれかを所持している人などを除いて一律入国を拒否すると発表、外国人は原則入国禁止となっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは台湾🇹🇼でお会いしましょう! 大家台湾見!
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました