【台湾/高雄】201905ダイジェスト 哈瑪星台灣鐡道館 渡船頭海之冰 方記水餃

台湾
スポンサーリンク

中国ウイルスとそれにともなう世界的なメディアウイルス騒ぎが長びき、台湾への旅行再開のめどは見えてきそうにありませんね。

そこで、僕の過去の台湾旅行のダイジェスト記事をしばらくの間エントリーすることにしました。こうしている間に再開の兆しが見えてくれればと祈っています。

前シリーズでは2019年12月の模様をお話しましたが、今回はその2回前の2019年5月の訪台第2日、高雄での午後の模様についてお話していきます。

最後までよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

高雄滞在スケジュール

予定スケジュールは次の通りで、今回はLRTに乗車するところから始まります。

左営車站→美麗島→果貿來來豆漿・興隆居(朝食)→高雄車站→左営・蓮池潭(龍虎塔)(豪雨のため断念)→三多商圏站→南豐魯肉飯(昼食)→三多商圏站→(今回はここから)凱旋站→LRT哈瑪星站→鼓山輪渡站→旗津→鹽埕埔/駁二藝術特区・哈瑪星台湾鉄道館→鴨肉珍(夕食)→鹽埕埔站→左営車站

渡船頭海之冰

高雄LRT前鎮之星站から20分ほどで哈瑪星站に到着しました。

このLRTは悠遊卡(イージーカード、suicaのようなもの)などのICカードでもちろん乗車できますが、停車場で切符を買って乗車することもできます。

ただ、切符を手にした台湾人の方が車内にあるICカード読み取り機を見て、僕に「どうしたらいいの」と聞いてこられました。もちろん何もする必要はないのですが、不安になるのはどこでも誰でも同じなんだなと変に安心しました。

哈瑪星站から徒歩で旗津(半島)に向かうフェリー乗り場に向かう途中にある「渡船頭海之冰」というかき氷のお店へ入店。

水果冰55元をお願いしました。赤と黄の西瓜がとっても甘くて美味しかったです。また、台湾バナナもほっくりしていてこれまた甘くて美味、常温だったので口直しとしても良かったです。

渡船頭海之冰(ドゥアントウハイヂービン、Du4chuan2Tou2hai3Zhi1Bing1)
高雄市鼓山區濱海一路76號

後日、地元の情報ではこのお店は観光客向けで、道向かいのお店の方が本格的で美味しいという話も聞きましたが、僕は大満足でした。

旗津そして打狗英国領事館

旗津へのフェリー乗り場は目の前で、ここから約5分の船旅です。

お天気が良ければ自転車を借りて島めぐりでもしたいところでしたが、いつ雨が降ってもおかしくない様子だったのでふらりと徒歩で散歩。旗津天后宮は工事中で中に入ることはできず、インスタ映えスポットの旗津彩虹教堂も行かずじまいでした。

フェリーで戻り、予定外でしたが打狗英国領事館へ行ってみました。とても見晴らしが良い高台にあって、晴天ならば素晴らしい景色が拝めたでしょう。

旗津(チーヂン Qi2jin1)
高雄市旗津區

打狗英国領事館(ダアゴウイングオリンーグアン Da3gou3Ying1guo2ling3shi4guan3)
高雄市鼓山區蓮海路18號

哈瑪星台灣鐡道館

英国領事館出口前の停留所からバスで向かったMRT西子湾站の前には、旧高雄港站の広大なヤード跡が拡がっています。

そこに「哈瑪星台灣鐡道館」(ハマシンタイワンティエダウグアン Ha1ma3xing1tai2wan1tie3dao4guan3)があります。

哈瑪星という名称は日本統治時代の俗称「濱線」の名残で、そんな経緯もありこの場所の旧倉庫を改造して鉄道館ができたのかも知れません。

この鉄道館の目玉は、第二展区に設けられた臺鐵の縦貫線を中心としたジオラマです。詳しくはこちらの記事をぜひご覧ください。

もう圧巻という他なく時間を忘れて見入ってしまいました。

鴨肉珍は休業日

鉄道館を出て、その付近に広がるアートスポットでもあり、ショッピングモールでもある駁二芸術特区を散策しました。映画「ハーバー・クライシス」やドラマ「僕のSweet Devil」のロケ地なのだそうです。

そろそろ夕食の時間も近づいてきたので、高雄港門を経由して七賢三路までかなり歩きました。

そろそろ目的のお店「鴨肉珍」がある筈…と思ったものの、それらしき姿は見えたもののシャッターが閉まっています。下調べ情報では、この日は定休日ではなく、また営業日はお昼休みはなしのノンストップということだったのですが、シャッターの上に「4/27~5/1までお休み」という貼紙がありました。

茫然自失でしばし思考停止したのですが、深呼吸して気を取り直し、まずはかき氷を食べて、夕食はそれから考えることにしました。

鴨肉珍(ヤーロウヂヅオン、Yarouzhen)
高雄市鹽埕區五福四路258號

六合夜市/方記水餃

さて、夕食は六合夜市でということに決めて、お店はぶらぶらしてから決めることにしました。

六合夜市も日が暮れない時間帯は人出も少なく別の表情がありました。どのお店も空いていたので、混雑時間帯には座るのが大変だという「方記水餃」に入店しました。

水餃子10個50元を注文。

プリプリなのはもちろん、黄ニラが使われているようで臭いもなく、お肉の旨味を存分に味わえます。最初は何もつけずに、だんだん辣油を多くして、と味を変えて楽しみました。

この屋台は完全に女系で男性は1人だけで、あとは4人のかなり押し出し強めな女性陣、かと思ったのですが気のいいお姉さんたちでした。

乗車予定の高鐡の時間よりずいぶん早かったのですが、このまま寄り道せずにMRTで左営に直行、窓口で列車変更の手続きをして(手数料20元が必要です)19時前の直逹タイプの列車に乗車して20時半に台北に到着しました。

方記水餃(ファンヂーエイヂャオ fang1ji4shui3jiao3)
高雄市新興區六合二路22號・25號

台湾華語カナ発音について

台湾のお店や駅名にはピンイン(拼音)と台湾華語のカナ発音をお示ししています。

表記方法は三省堂「デイリー日本語・台湾華語・英語辞典」に準じるものにしました。

🔸-nと「ン」、-ngは「ン」で区別する
🔸無気音と有気音は清濁音で区別する
🔸そり舌音は太字で記載


man マン mang マン
dou ドウ tou トウ
zhu ヅウ zu ヅウ
shou スオ suo スオ

また、声調はピンインに示しています。

a1 ー (高く平らに)
a2 / (高く昇る)
a3 \_ (低く抑える)
a4 \ (一気に下げる)

まとめ

高雄での午後は、薄日も射す一方で猛烈な湿気にも襲われました。それだけでも移動はかなり楽になりました。

ただ、いつ降るかも知れない雨を用心しながらという状態では心ゆくまで楽しむことは難しく、スケジュールは完遂できたものの(入店できなかったところはありましたが)少々心残りもあった滞在でもありました。

次回は、第3日台北での模様をお送りしていきます。

2020年3月18日、台湾外交部は、中華民国籍ではない旅行者について、中華民国での在留許可があることを証明する居留証、外交公務証明、商務履約証明のいずれかを所持している人などを除いて一律入国を拒否すると発表、外国人は原則入国禁止となっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは台湾🇹🇼でお会いしましょう! 大家台湾見!
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました