【吹奏楽/音源掲載】1974年/第22回全日本吹奏楽コンクール

吹奏楽コンクール年度別
スポンサーリンク

いつもこのブログ「音楽徒然草」をお読みいただきありがとうございます。

このブログでは、1970年以降の全日本吹奏楽コンクールについて、その概要、課題曲、結果そして音源などについて、部門ごとにまとめた記事を掲載してきました。

ちょうど四半世紀分を終えたところで見返してみますと、同じ大会で少なくとも3つ、多い場合には7つの記事をエントリーしていること、また途中から音源の見直しをしたために大会の入りくりが発生して、大変見づらいものになってしまいました。

そこで「吹奏楽コンクール」のカテゴリーを作成、そして年度(大会)ごとに全部門まとめた記事を掲載していくことにしました。

スポンサーリンク

第22回(昭和49年度 1974年)全日本吹奏楽コンクール

吹奏楽の甲子園ともいわれる「全日本吹奏楽コンクール」は1940年に初めて開催されました。戦後は1956年に第4回として復活、以降「中学・高校・大学・職場(2009年度より一般に統合)・一般」の各部門で毎年開催されています。

1970年からはそれまでの1位、2位、3位の順位表彰制から金銀銅のグループ表彰制となりました。

1974年度第22回大会は当時新設された神戸文化ホールで開催されました。この大会の中学の部、高校の部では、北海道、東北、関東、関西の各支部の代表枠が2つになりました。主催開催支部の代表枠も昨年同様とされたため、関西地区の代表が3団体出場しています。

この年の課題曲は前年度までの「中学校の部」と「それ以外」の区分がなくなり、全部門共通の2曲の中から各々の団体が選択する方法に変わりました。ここから数年間は課題曲の対象、選定について試行錯誤が続くことになります。

開催概要

開催日時 1973年11月4、5日
開催場所 神戸文化ホール
課題曲
A:吹奏楽のためのシンフォニア(小林徹)B:高度な技術への指標(河辺公一)

各部門の結果・音源

部門ごと(一部の大会では部門を統合しています)に結果一覧と音源をブログにまとめています。

部門ごとの内容はそれぞれのブログでご覧ください。

中学の部

高校の部

大学・職場・一般の部

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後もできるだけご覧いただけるよう改善していきますので、ご意見など頂戴できれば幸いです。

Viva! 吹奏楽!
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました