【ピアノ】反田恭平×務川慧悟2台ピアノの世界!オンデマンドVol.2

ピアノ
スポンサーリンク

2020年6月28日の午後、反田恭平さんが主宰する第2回オンデマンド・コンサートが行われました。

4月に実施された第1回の室内楽に続き、今回は「反田恭平x務川彗悟2台ピアノの世界」として、ストリーミング配信されました。今回は、非常事態宣言の解除もあり、人数を限定した浜離宮朝日ホールのライブ公演も実施されました。

さっそく、その様子をみていきましょう。

スポンサーリンク

第2回「反田恭平×務川慧悟 2台ピアノの世界」

今回は7月1日、2日に予定されていたものの中止せざるを得なかった2台ピアノのコンサートが、有料のオンデマンド配信に変更して開催されたものです。

オンデマンド・コンサートHand in hand Vol.2

日 時:2020年6月28日(日) 14:00開演

プログラム

ラモー:ガヴォットと6つのドゥーブル /務川慧悟ソロ
ラヴェル:スペイン狂詩曲 /Primo務川慧悟、Secondo反田恭平
モーツァルト:2台ピアノのためのソナタニ長調K.448 /Primo務川慧悟、Secondo反田恭平
ラフマニノフ:2台ピアノのための組曲第2番作品17 /Primo反田恭平、Secondo務川慧悟

リハーサルの模様

ツイートから拾ってみました。

6月24日

渋谷駅のストリーミングプラスの大きな看板。
ご覧になった方もいらっしゃると思います。

6月25日

「ムズイ」とおっしゃっているのは、マラゲーニャの冒頭でした。
務川さんでも難しいと思うことがあると少し安心しますね。

そして、おそらく松濤のタカギクラヴィアの前で武井壮さんと。

6月26日

スタインウェイの1887年ローズウッドですね(ホールは所沢ミューズだそうです。情報頂きありがとうございました)。
このピアノは6月19日の紀尾井ホールにも登場しました。大忙しです、と思ったのですが…

6月27日

ライヴの模様

【直前情報】プログラムを2人で語る(6/27)

【直前情報】プログラムを2人で語る!反田恭平&務川慧悟

この中で「ピアノ協奏曲第2番」と「タランテラ 〜組曲第2番」とがそっくりだというのは、ここだろうと思われます。

ピアノ協奏曲第2番(第1楽章)

タランテラ 〜組曲第2番

また、スペイン狂詩曲の「ファミレド」はこの部分ですね。

夜への前奏曲

マラゲーニャ

祭り

開演から終演まで

13時45分にスタンバイして待っていると、シューベルトの「創作主題による8つの変奏曲」が流れ「15分後に開演」と反田さんからご案内。そのあと5分毎にカウントダウンして、14時ちょうどに開演となりました。

お二人が直前に購入したYOJI YAMAMOTOのスーツを身にまとって登場、ピアノはローズウッド、と思ってみるとその姿はありませんでした。ひょっとするとCD75も出てくるのではないかと思ったのですが、空振りということになりました。

このデュオ結成のきっかけは、二人が揃って1位となった2012年の日本音楽コンクールから6年後、2018年の浜松国際コンクールの務川さんの演奏をPCで聴いた反田さんが、決勝で浜松に駆けつけ、その夜に「2台ピアノで世界を廻ろう!」と申し入れ、務川さんが快諾したことなのだそうです。

その浜コンで務川さんが最初に弾いたのが、この日唯一のソロプログラムのラモーでした。この演奏に反田さんは盟友の大きな成長を感じたそうです。

今回のオンデマンドはそのラモーに始まり、進んでいきました。曲間に二人のトーク、そうですね、トークはほぼ反田さんのペースで進みました。やはり場慣れしているので淀みなく言葉が出てくるのでしょう。

会場には30人、そしてPCの前には1,400人、モーツァルトの第1楽章が始まると1,500人の聴衆がライヴを視聴していました。

演奏は、若い勢いがあり、とてもスケールが大きくダイナミックでした。その中で、繊細な音、表現が顔を覗かせるという心憎さで、3曲とも見事で素晴らしい演奏だったと思います。汗かきの反田さんは、最初のスペイン狂詩曲から汗だくでした。

アンコールはモーツァルト/グリーグ編のピアノソナタ15番ハ長調(ドーミソシードレドでお馴染みの曲)で、終わってみれば80分の予定を大きく超過して15時45分頃に終演となりました。

15〜20分の休憩を入れれば、リサイタルまるまる1公演ということになります。トークのボリュームもありましたが、出ずっぱりで、立って喋るかピアノを弾くかという1時間45分は、さすがにハードだったと思います。お疲れさまでした!

CD「反田恭平×務川慧悟2台ピアノ」収録曲

なお、反田さんが主宰するNOVAレコードからリリースされるCDとチケットのセット販売が行われています。

収録曲

ラフマニノフ:2台ピアノのための組曲第2番作品17
シューベルト:創作主題による8つの変奏曲変イ長調D.813作品35
ラヴェル:スペイン狂詩曲

今回のオンデマンドのCD付チケットを購入すると、反田さんと務川さんのサインが入ったものが送られます(8月上旬発送予定だそうです)。

まとめ

一見「静と動」のデュオのように見えますが、お二人ともパワフルな上に繊細さも併せ持っていて、始まってみれば息の合った心地良い演奏の連続で、くつろいで聴いているのが申し訳ないくらい。あっという間の充実した日曜日の午後でした。

この「オンデマンド」ですが、反田さんから「第3回は7月18日に開催」するという発表がありました。ベートヴェンの2番コンチェルトの弾き振りやブラームスのピアノトリオなどが演奏されるようです。

まだまだ中国ウイルス以前の状態でホールで聴くことは叶わない状況ですので、こうやってオンラインで聴く機会を提供していただけるのは、ありがたいことです。次回も楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました