【ピアノ】佐藤卓史さんプレトーク〜第7回レア・ピアノミュージック

ピアノ
スポンサーリンク

ピアニストの福間洸太朗さんがプロデュースする「レア・ピアノミュージック」は、福間さん自身の演奏による2020年7月26日の第1回を皮切りに、第2回は大瀧拓哉さん、第3回は齊藤一也さん、第4回は實川風さん、第5回が広瀬悦子、そして第6回が大崎結真さんの演奏で開催されました。

第7回は1月17日に開催されますが、それに先立って演奏者の佐藤卓史さんに対するオンラインプレトークが行われました。

今回は佐藤さん、プレトークの内容、そして演奏曲などについて見ていきますので、最後までよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

福間洸太朗プロデュース「レア・ピアノミュージック」

このプロジェクトの概要、スケジュールについては過去のエントリーをご覧ください。

佐藤卓史さんについて

佐藤さんは1983年秋田市の生まれです。

2001年 高校在学中、第70回日本音楽コンクールピアノ部門優勝
2003年 デビューリサイタル
2004年 日本ショパン協会賞受賞(史上最年少)

東京藝術大学首卒業後渡欧、ハノーファー音楽演劇大学とウィーン国立音楽大学にて研鑽を積む。

2007年 第11回シューベルト国際ピアノコンクール第1位
2010年 エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞
2011年 第21回カントゥ国際ピアノコンクール第1位、メンデルスゾーン国際ピアノコンクール第1位なし第2位)

ライフワークとしてシューベルトのピアノ曲全曲演奏に取り組んでおられます。
国際フランツ・シューベルト協会会員。

オフィシャルサイト:http://www.takashi-sato.jp/

ディスコグラフィー

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第12~15番

ベートーヴェン:ソナタ 第12番「葬送」、第13番「幻想」、第14番「月光」、第15番「田園」
Tactual Sound TSCP-0002

ショパン:バラード&スケルツォ全曲

ショパン:バラード第1~4番、スケルツォ第1~4番
ライヴノーツ/ナミ・レコード WWCC-7856

ウィーン音だより 佐藤卓史ピアノリサイタル

シューベルト:4つの即興曲 D899
ベルク:ソナタ
コルンゴルト:4つの小さな楽しいワルツほか
佐藤卓史ライヴワークス TLW-003

ブルクミュラー:18・12の練習曲

ブルクミュラー:18の練習曲、12の練習曲、トルコ風ロンド、幻想的な夢ほか
ライヴノーツ/ナミ・レコード WWCC-7760

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21~23番

ベートーヴェン:ソナタ 第21番「ワルトシュタイン」、第22番、第23番「熱情」、アンダンテ・ファヴォリ
Tactual Sound TSCP-0001

ブルクミュラー兄弟ピアノ作品集

F.ブルクミュラー:25の練習曲
N.ブルクミュラー:ソナタ、ラプソディーほか
ライヴノーツ/ナミ・レコード WWCC-7704

森の精 ~ シャミナード:ピアノ小品集

シャミナード:森の精、ガヴォット、セレナード、スカーフの踊り、エレジー、子守歌、ピエレット、秋、昔、優しいワルツほか
佐藤卓史ライヴワークス TLW-M02

ドイツ 幻想の森 佐藤卓史ピアノ・リサイタル ~ドイツ・ロマン派の作品を集めて~

ベートーヴェン:ソナタ第13番
ブラームス:6つのピアノ曲
メンデルスゾーン:無言歌集より
シューマン:謝肉祭
佐藤卓史ライヴワークス TLW-002

ショパン:舟歌・その他の小品

ショパン:ロンド、レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ、ボレロ、タランテラ、幻想曲、子守歌、舟歌ほか
ライヴノーツ/ナミ・レコード WWCC-7624

ショパン:ピアノ・ソナタ 全3曲

ショパン:ソナタ 第1番、第2番「葬送」、第3番
ライヴノーツ/ナミ・レコード WWCC-7609

Internationaler Schubert-Wettbewerb – Klavier 2007 Takashi Sato

シューベルト:楽興の時、3つのピアノ曲、4つの即興曲 D935
Thorofon/BELLA MUSICA CTH 2555

シューベルトの夕べ

シューベルト:楽興の時、3つのピアノ曲、ソナタ第20番
佐藤卓史ライヴワークス TLW-001

「ラ・カンパネラ」~珠玉のピアノ小品集

バッハ:シンフォニア第11番
メンメンデルスゾーン:ロンド・カプリチオーソ
シューマン/リスト編:献呈
リスト:ラ・カンパネラほか
ライヴノーツ/ナミ・レコード WWCC-7546

第7回レア・ピアノミュージック プログラム

日時:2021年1月17日(日)20:00 ~ 21:00

プログラム
~シューベルトの知られざる名曲、未完成曲~
シューベルト
トリオ ホ長調 D.610
8つのレントラー D.145 / 980C*
1. D145-4
2. D145-6
3. D145-7
4. D145-8
5. D980C-1 *
6. D980C-2 *
7. D145-9
8. D145-12
アダージョ D.178(第1稿、第2稿*)
幻想曲 ハ長調 D.605*
ソナタ 嬰へ短調 D.571* + 604 + 570*
I. アレグロ D571(嬰へ短調)*
II. アンダンテ D604(イ長調)
III. スケルツォーアレグロ・ヴィヴァーチェ D570-2(ニ長調)
IV. アレグロ D570-1 (嬰へ短調)*
*佐藤卓史による補筆完成版

見逃し配信は1月19日まで、以降は別ツールにアーカイブとして保存されます
チケットには2,000円と4,500円があります
アーカイブの視聴には2,000円以上のチケット購入が必要です
4,500円チケットには、アーカイブ動画のリンクと、出演者のサイン付CD(「佐藤卓史 「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21~23番」Tac tual Sound***)が特典として付属します(CDの詳細は上の「ディスコグラフィー」の通りです)

レア・ピアノミュージック 佐藤卓史さんインタビュー

年齢が一つ違い(佐藤さんが福間さんの一つ下)で近いものの、メッセージを交わすことはあっても、実際に会うことはないまま、2020年12月の佐藤さんのリサイタルで実現したのだそうです。

続いて福間さんがインタビュアーとなって以下の質問をなさっています。

🔸今回のプログラムのテーマ、コンセプト
🔸プログラム各曲の概要
🔸シューベルトの作品について(なぜ繰り返しが多いのかなど)
🔸今後のスケジュール
🔸ハプニングストーリー
🔸質疑応答

プログラム各曲については、ざっと以下のようなお話をされています。

テーマの「シューベルトの知られざる名曲、未完成曲」については、シューベルトの作品の中には未完成のままになっているものが多くあり、紹介できればということなのだそうです。

トリオ ホ長調 D.610

「あるメヌエットの失われた息子とみなされるトリオ」とされています。
メヌエットの原曲も、トリオだけがリムーブされた理由も不明ということです。

8つのレントラー D.145 / 980C
1. D145-4
2. D145-6
3. D145-7
4. D145-8
5. D980C-1
6. D980C-2
7. D145-9
8. D145-12

シューベルトは500ほどの舞曲を残しているそうです。
仲間たちとのダンスパーティのために即興で演奏したそうで、その中から楽譜にされたものが100ほどあるのだそうです。

このレントラーはすべて変ニ長調で、すべて16小節くらいの短い曲。
8つのうちD980C−1と2は未完成で(D145に含まれず)佐藤さんが補筆されたものが演奏されます。

アダージョ D.178

オリジナルの楽譜はこちらです。

https://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/9/96/IMSLP08917-Schubert_-_D.178_-_Adagio_in_G_Major.pdf

ご覧いただいた通り、第2稿は途中で終わってしまっています。
佐藤さんが補筆された楽譜が出版されています。

[楽譜] [PDFダウンロード] シューベルト:アダージョD178第2稿(佐藤卓史による補筆完成版) | 佐藤卓史公式オンラインショップ powered by BASE
シューベルトをライフワークとする佐藤卓史による、未完作品の補筆版楽譜。フランツ・シューベルト:アダージョ ト長調 D178 第2稿(未完・佐藤卓史による補筆完成版)Franz Schubert:Adagio in G major D178, 2nd version (completed by Takashi Sato)...

幻想曲 ハ長調 D.605

グラーツ幻想曲D.605Aと同じ作品番号になっています。
自筆譜にはタイトルもなく、楽器の名前もなかったそうで、2段譜なのでおそらくピアノ作品なのだろうということだそうです。

この曲も途中で終わっていますが、ページの終わりまできちんと残っているので、未完成だったのか、紛失されたのかはわからないとのことです。

[楽譜] [PDFダウンロード] シューベルト:幻想曲D605(佐藤卓史による補筆完成版) | 佐藤卓史公式オンラインショップ powered by BASE
シューベルトをライフワークとする佐藤卓史による、未完作品の補筆版楽譜。フランツ・シューベルト:幻想曲 ハ長調 D605(未完・佐藤卓史による補筆完成版)Franz Schubert:Fantasie in C major D605 (completed by Takashi Sato)総譜 12ページ ★★★★☆はじめ...

佐藤さんの補筆版が出版されています。

ソナタ 嬰へ短調 D.571 + 604 + 570
I. アレグロ D571(嬰へ短調)
II. アンダンテ D604 (イ長調)
III. スケルツォーアレグロ・ヴィヴァーチェ D570-2(ニ長調)
IV. アレグロ D570-1(嬰へ短調)

D.571は未完成で、かつ第1楽章のみしか残っていません。
同じ時期に書かれた「アレグロとスケルツォ」(D.570)のアレグロが嬰ヘ短調のため、おそらくD.571とグルーピングされるということだそうです。

緩徐楽章として誰かが見つけてきたのがD.604とのことです。

インタビューの詳しい内容については、こちらでぜひご覧ください。

演奏曲について

YouTubeなどで音源を探してみました。

トリオ ホ長調 D.610

8つのレントラー D.145 / 980C

アダージョ D.178

幻想曲 ハ長調 D.605

ソナタ 嬰へ短調 D.571 + 604 + 570
I. アレグロ D571(嬰へ短調)
II. アンダンテ D604(イ長調)
III. スケルツォーアレグロ・ヴィヴァーチェ D570-2(ニ長調)
IV. アレグロ D570-1(嬰へ短調)

佐藤さんの今後の活動について

トリオ・スペリオール 泉原隆志×上森祥平×佐藤卓史 ~失われた時を求めて~

トゥリーナ:環 作品91
ラヴェル:ピアノ三重奏曲 イ短調
シューベルト:ピアノ三重奏曲 第2番 変ホ長調 D929
日時:2月7日(日) 14:00開演
会場: あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール(大阪市)
共演:泉原隆志(Vn) 上森祥平(Vc)

佐藤卓史 シューベルトチクルス 第14回 ピアノ・ソナタ V―幻想―

シューベルト:
ソナタ断章 嬰ハ短調 D655(未完・佐藤卓史による補筆完成版)
ソナタ 第9番 嬰ヘ短調 D571+604+570(未完・佐藤卓史による補筆完成版)
ソナタ 第18番 ト長調 D894「幻想」
日時:2021年6月3日(木)19:00開演
会場:東京文化会館小ホール

まとめ

僕は日本音楽コンクールで優勝された当時の佐藤さんのことを鮮明に覚えています。本当に達者に弾かれる方、それも高校生ですごいと思ったものでした。

残念ながらそれ以来演奏に接する機会がなかったこともあって、今回の演奏がとても楽しみです。20年経って拝見した印象もガラリと変わったように感じました。

プレトークのシューベルトの作品に関するお話もとても興味深いものばかりでしたので、ぜひご覧くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

👍 🎹とともに 🎼とともに 🤞
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました