【ピアノ/レッスン&練習8】レッスンに向けて練習中!平均律1巻20番、ショパン10−4、スクリャービンワルツ

ピアノ
スポンサーリンク

2020年7月から現在のレッスンについて、そして10月からはその練習の様子についても記事にまとめています。

今回は、前回のレッスン(2020年10月25日)以降の自宅での練習についてのお話になります。

次回のレッスンに持っていくのは、バッハの平均律第1巻20番のフーガ、ショパンのエチュード作品10−4、そしてスクリャービンのワルツ作品38の3曲です。

それでは、どうぞ最後までよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

これまでのお話

現在のレッスンについての記事はこちらです。

レッスン再開後の過去の模様についてはこちらでまとめています。

番外編として「大人の発表会」への参加についてもお話ししてきています。

レッスン対象曲

前回(2020年10月25日)のレッスンではバッハの平均律第1巻20番のフーガとショパンのエチュード作品10の4番、そして予定外でしたがスクリャービンのワルツ変イ長調作品38を聴いていただきました。

バッハ:平均律第1集第20番イ短調フーガ

前回のレッスンの注意点は次の通りでした。

・テンポを上げること
・音の動きではなく拍の意識を明確に
・フレーズの終止和音を聴くこと
・コーダ直前部分のテンポ、休符を正確に

テンポは♩=46から♩=60に上げて、声部が込み入ったところを改めて見直しました。

下手をすると気持ちが入ってロマンティックになってしまうので、あくまでも淡々と、そして16分音符が2拍続く場合に走らない(拍を意識する)ように留意しています。

僕にとってはこの曲が平均律第1巻の最後の曲になることもあり、自分なりに満足のいく演奏にしたいと思っています。

ショパン:エチュード作品10−4嬰ハ短調

予め自分の中でテンポをきちんと意識した上で曲に入ること、特に最初の♬♬|♩は極めて正確に弾く、そして4小節目の左手の8分音符はきちんとテンポをキープすることをマストとして練習しています。

それだけでも全体のテンポはかなり安定しました。

そして、細かいところをチェックするために、改めてテンポを落として弾いてみたところ、右手が弾けていないと思っていたら、実は左手に原因があったり、そのまた逆だったりという発見がありました。

そのほかに手や手首、指の位置、それから姿勢(前のめりではなく、胸を張って肩甲骨を拡げる)にも修正すべきところがありました。

ペダルを入れると感情が先走ってしまい、どうしても走ってしまう傾向があることと、ペダルなしでも響きは充分という気もするので、最小限に減らしました。

次回レッスンは録音です。
うまくいくと良いんですけれども。

スクリャービン:ワルツ変イ長調作品38

跳躍部分を除いてテクニック的に難しいところはないので、内声を大切に、そしてフレーズの中の主要な音の動きを感じて歌うことがこの曲のポイント。

とはいえ、その跳躍部分(166〜189小節)の鬼畜さは半端ないですし、そのあとの再現部(190〜203小節)も両手ともにうろうろしてしまうので、ここだけを取り出して♩=60から練習しました。

通して弾いてみたところ、なんとか形になるかもというところまではきました。

今のところ、自分なりにポイントかなと思っているところは以下の部分です。

メロディのソプラノ(外声)を歌う。

全休符は正確に。
アルペジオはきれいに嵌める、そしてキメる。

不思議な転調の弾きわけ(実はこの転調の意味がよくわからない)。
和音から単音に跳ぶ装飾音はスッキリと。

音が少なくなるのに、3拍子で4連符とか5連符とかいやらしい部分。
ここをしっかり歌っていかないと曲が終わらない。

さて、どうなるでしょうか。

ルーティンおよびレッスン外で練習中の曲

ドホナーニの指のエクササイズハノンのスケールとアルペジオは毎日「まず最初」として必須に しています。

フィンガー・エクササイズは9番と格闘中。この曲は本当に大変。吊りそうになりますし、そもそも左手はこの和音を掴めません。

ハノンは音の粒を揃えること、また黒鍵系の調性の指の潜りや跨ぎの「運動距離」の感覚を頭に叩き込むこと、など意識しつつ、日によってテンポを緩急変化させています。

ラヴェル:水の戯れ
ショパン:バラード第1番ト短調
一度レッスンしていただいた曲ですが、その次の発表会の候補として考えているので、毎日なんらかの形で弾こうと思いつつレッスン曲だけでいっぱいいっぱいで終了という日も多いです。

シャブリエ/シュヴィヤール:エスパナ
メトネル:プリマヴェーラ
グールド:ブギウギエチュード
当分お休みします。

まとめ

弾けば弾くほど、新たに悩みが出てきて尽きることはないのですが、それも楽しみの一つと観念して、練習するようにしています。

次回は録音のショパンはもちろんですが、バッハもスクリャービンも自分なりのベストで弾ければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
👍 🎹とともに 🎼とともに 🤞
👋掰掰👋

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました