【ピアノ/レッスン&練習20】発表会本番用の楽譜の作り方 iPadでスキャナブルを使う

ピアノ
スポンサーリンク

いつもこのブログ「音楽徒然草」をお読みいただきありがとうございます。

2020年7月から、現在のレッスンとその練習記録について記事にまとめています。

前回は4月の発表会本番で使うための楽譜の作成について、お話させていただきました。

今回は、その前段階ともいうべき僕のそもそもの本番用の楽譜の作り方(楽譜のスキャン、PDFの作り方、台紙への貼り方や台紙の連結など)についてまとめてみました。

ご参考になることがあれば幸いです。

スポンサーリンク

これまでのお話

現在のレッスンについての記事はこちらです。

レッスン再開後以降の模様についてはこちらでまとめています。

番外編として「大人の発表会」への参加についてもお話ししてきています。

楽譜作成にあたって準備するもの

iPad/Evernote scannable
プリンター
台紙
PLUS テープのり
Scotch 3M はってはがせるテープ

順を追って説明していきます。

楽譜をスキャンする

楽譜はiPadのアプリEvernote scannableを使ってスキャンします。

以前はKinko’sへ行き、コピーして、合体させて縮小コピー取って…と気の遠くなるような作業をしていました。

失敗しない確実な方法である一方、サイズ合わせや影ができないようにコピーするのはなかなか面倒です。

そんなときに出会ったのが、iPadで使えるスキャンアプリで、いくつか試した結果「Evernote scannable」にたどり着きました。無料で使えます。

「Evernote scannable」を開いて楽譜の上にiPadをかざすと「原稿を探しています」という表示が出ます。

ショパンのバラード第1番の最初のページをアプリが自動で撮影します。
シャッターが鳴って一瞬でこのページのスキャンが完了したら、ページをめくって次に移ります。

余計な部分は自動で削除、歪みも気にならない程度に修正してくれます。

スキャンされた楽譜は「カメラロール」に保存しておきます。

4ページ分スキャンして保存しました。

スキャンした楽譜をPDF化する

次にスキャンした楽譜をPDFにします。

カメラロールに保存した4枚の画像を「選択」して、左下の「共有メニュー」(四角に矢印がついたもの)をタッチします。

共有先の中から「ブック」を選ぶと、選択した画像がPDF化されて「ブック」の中に保存されます。

楽譜を印刷する

保存されたものはA4サイズですので、そのままで良ければ無線でプリンターに接続して印刷します。

僕の場合は2枚1組でA4で印刷します。
それはiPadではできないので、いったんDropboxに保存して、PCを使って「2in1」で印刷します。

本番用に製本する

台紙はA4サイズのカットペーパーを使っています。

僕はいつも新宿の世界堂で購入しています。

新宿店2階の画材などの売場には、A4サイズのカットペーパーだけでも、1枚15・20・25・30・35・40・45円(税別、ただし世界堂特価で10%割引になります)と決められないくらいの種類があります。

画像は「タント」というもので、模様も織りもないシンプルなペーパーで1枚20円です。はっきりとした色からパステル調のものまで45種類ほどあります。

楽譜は「テープのり」を使って台紙に貼り、台紙と台紙は「はってはがせるテープ」で繋ぎ合わせます。
画像のものの価格は、世界堂では「テープのり」が330円、「はってはがせるテープ」が961円(いずれも税込、世界堂特価)です(2021年3月11日確認)。

「スプレーのり」を使ったこともありました。周りに飛び散ってしまうのと、台紙に貼るときに皺になったりするので、「テープのり」に落ち着きました(スプレーのりは961円(税込)です)。

台紙と台紙の貼り合わせは「マスキングテープ」を使っておられる方が多く、折り曲げやすい、剥がれにくいなどメリットがあるようです。

一方、「はってはがせるテープ」は、台紙に貼ってもほぼ透明になるため、テープが存在感を主張せず台紙の色を生かせること、テープの上から書込みできることがメリットだと思います。

ただ、頻繁に畳んだり開いたりすることで、稀にテープが切れてしまうことがあります。僕は切れそうになったら、上から補強しています。

貼り合わせ部分は、まず楽譜の面からテープを貼ります。

それから台紙の面にテープを貼ります。

どちらの場合も、テープの端は反対側に織り込んで空間にならないようにします。

できあがりました。

最初と最後のページの端の部分はテープで補強しています。
上の画像の左端は、楽譜/台紙両方にまたがるようにテープを貼ってあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

個人的には違和感なく、時間もかけずに作ることができてはいるのですが、慣れてしまっている部分もあると思います。

アドバイスやご質問などをいただければ大変嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
👍 🎹とともに 🎼とともに 🤞
👋掰掰👋

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました