【ピアノ/レッスン記18 】青柳いずみこ「ドビュッシーとの散歩」

ピアノ
スポンサーリンク

「レッスン記17」では、ドビュッシーの「映像」を弾くにあたって読み返した書籍、新たに購入したハンドブックについてお話ししました。

今回も寄り道ついでに、ドビュッシーに関連した青柳先生の書籍について触れていきます。

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

前回までのお話

これまでの記事もご覧ください。

ドビュッシー ピアノ曲の秘密 ピアノ全作品ハンドブック

番外編2「色々あった2度目の大人の発表会」

ドビュッシーとの散歩

前回は、ドビュッシーを弾くにあたって購入した中井先生のハンドブックと、ドビュッシーに教えを受けたマルグリット・ロンの回想録についてエントリーしました。

今回はピアノを弾くということだけではなく、ドビュッシーの音楽を聴くという観点からとても楽しい一冊です。

ドビュッシー生誕150年の2012年に、そのピアノ曲を素材として、青柳先生が作品についての解説に止まることなく、多彩に発想を広げて書かれたエッセイ集です。

当初は単行本として刊行されて、2016年に文庫化されました(画像は文庫本です)。

(中公文庫ウェブサイトより)
ドビュッシーの演奏・解釈の第一人者が、偏愛するピアノ作品四〇余曲に寄せたエッセイ集。怪奇趣味、東洋幻想まで、軽やかな文体で綴る。

目次

01 亜麻色の髪の乙女
02 沈める寺
03 ミンストレル
04 アナカプリの丘
05 水の精ーオンディーヌ
06 西風の見たもの
07 雪の上の足跡
08 パゴダ
09 スペインもの
10 デルフィの舞姫たち

ll
11 月の光
12 雨の庭
13 五本指のための
14 グラドス・アド・パルナッスム
15 金色の魚
16 妖精はよい踊り手
17 イギリス趣味
18 グラナダの夕
19 パスピエ
20 野を渡る風

lll
21 カノープ
22 コンクール の小品
23 ボヘミア風ダンス
24 風変わりなラヴィーヌ将軍
25 水の反映
26 しかも月は廃寺に落ちる
27 ロマンティックなワルツ
28 喜びの島
29 葉ずえを渡る鐘の音
30 アラベスク

lV
31 音と香りは夕暮れの大気に漂う
32 八本指のための
33 帆
34 月光の降りそそぐテラス
35 対比音のための
36 抽象画ふうに
37 イヴォンヌ・ルロールの肖像
38 ゴリウォーグのケークウォーク
39 スケッチブックから
40 花火

エレジー ーあとがきにかえて
解説 小沼純一

ドビュッシーとの散歩
Promenades Avec Debussy
青柳いづみこ著
2016年2月文庫初版発行


(Kindle版でも読むことができます)

ドビュッシーが表現したかったこと、音楽面での意味合いに始まって、作曲された当時のエピソードなどお話は多方面に渡ります。

基本的には曲ごとのエッセイですが、「スペインもの」と「イギリス趣味」は個別の曲についてではなく、たとえば「スペインもの」ではオケ曲の「映像(第3集)」のイベリアの名前も見えます。ピアノ曲では、3曲ともグラナダ絡みであることからギターの話、そしてアルベニスの「エル・アルバイシン」を愛したことやパリに来たファリャに見せたブラックなエピソードなどが書かれています。

まとめ

ドビュッシーのピアノ曲は「ソナタ第○番」(もともとソナタはありませんが)や「前奏曲第○番」ではなくみな題名がついています。

そこから想像されるものは人それぞれだと思いますが、このエッセイ集を一読して改めて聴いたり、弾いたりするとまた違った世界が広がるのではないかと思います。

ピアノの名手としても知られるドビュッシーですが、実はツェルニーが嫌いだったというようなエピソードも楽しめるところです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

👍 🎹とともに 🎼とともに 🤞
👋掰掰👋

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました