吹奏楽

【吹奏楽】1978/第26回全日本吹奏楽コンクール 大学の部

1978年度コンクール大学の部は、北海道1、東北1、関東1、東京2、北陸1、東海1、関西2、西部1と東京と関西の枠が1つずつ増え、計10団体が出場しました。 この年の課題曲も前年度同様全部門共通の4曲となり、曲数の増減はあるものの全部...
台湾

【台北/朝ごはん/鼎元豆漿】朝から小籠包が食べられる!地元で愛されるお店

台湾の朝食といえば、豆乳から作る豆漿、豆漿に具を加え味つけをした鹹豆漿、揚げパン(油條)、焼きパン(焼餅)、台湾風クレープ(蛋餅)、蒸し饅頭(包子)、ミルクの入った中華パイ(酥餅)などがメニューにならびますが、この朝食専門店「鼎元豆漿」(デ...
吹奏楽

【吹奏楽】1978/第26回全日本吹奏楽コンクール 高校の部

1978年度コンクール高校の部の代表枠は、1977年度と同じく北海道2、東北3、関東3、東京2、北陸1、東海3、関西3、中国2、四国1、西部2で、計22団体が出場しました。 この年の課題曲も前年度同様全部門共通の4曲となり、曲数の増減...
台湾

【台北/庄頭豆花担】豆は白豆と黒豆の2種類、トッピングし放題の豆花店

少し前のことになりますが、2016年7月に放映されたNHKの「2度目の台湾」で紹介されたお店です。モデルの呂敏さんが「やさしい甘さ」と言いながら、豆花を美味しそうに召し上がっていました。松山文創圓區にある康樂書店のようなエメラルドグリーンの...
吹奏楽

【吹奏楽】1978/第26回全日本吹奏楽コンクール 中学の部

1978年度コンクール中学の部の代表枠は、1977年度と同じく北海道2、東北3、関東3、東京2、北陸1、東海3、関西3、中国2、四国1、西部2で、計22団体が出場しました。 この年の課題曲も前年度同様全部門共通の4曲となり、曲数の増減...
台湾

【台湾/新竹/新竹都城隍廟】廟と屋台との不思議な共存は台湾唯一!

新竹には台湾のシリコンバレーと呼ばれる「新竹科学園区」が置かれ、エレクトロニクス、化学工業、軽工業などが新竹市の発展を支えています。海抜は120メートルで、東南は十八尖山、牛埔山などの山に囲まれ、西は海に面しています。冬には「新竹の風、基隆...
クラシック

【ららら♪クラシック/プロコP協奏曲第3番】反田恭平さんのお披露目はココ!

2020年3月6日にNHKEテレで放映された「ららら♪クラシック」に出演した反田恭平さんが「(プロコフィエフの第3番は弾いたことがないけれども)来年弾く予定で、番組出演を機に勉強している」といった趣旨のコメントがありました。 どの演奏...
吹奏楽

【吹奏楽】1977/第25回全日本吹奏楽コンクール 一般の部

1977年度コンクール一般の部は、全10支部から代表団体が出揃って開催されました。 この年の課題曲は前年度の全部門共通から「中学校の部」「それ以外」「全部門共通」が各々1曲、そして小編成用が1曲となり、大編成では中学校の部とそれ以外が...
台湾

【台北/茶芸館/小慢】 街の喧噪の中でオアシスのようにたたずむ茶芸館

台北では美味しいものを食べ、珍しいものを買い、とついつい時間を忘れて欲張って歩いてしまいます。そんなときにはお茶を飲んで疲れをとりたいものですよね。お茶は台湾の人にとって、なくてはならないもの、文化となっており、台北にはいくつもの茶芸館があ...
クラシック

プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番 〜超絶技巧にひそむニッポンの面影〜

2020年3月6日の「ららら♪クラシック」は、ピアニストの反田恭平さんをゲストに迎えて、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番ハ長調を採り上げていました。プロコフィエフは反田さんの言を借りれば「映える(ばえる)作曲家」とのことです。 そん...
タイトルとURLをコピーしました