【monoと一緒に暮らす】温かみがあり機能的にも優れた「木のキッチンツール」を使う

monoと一緒に暮らす
スポンサーリンク

お櫃(おひつ)や蒸篭(せいろ)は古くから日本で使い続けられていますが、ステンレスなどがあたりまえになっているキッチンツールの中にも木でできたものがあります。

木の違いによる色合いや木目など、そのまま一つ一つが使い手のオリジナルになってくれますし、自然の温かみが宿っていて、そばに置いておくだけで優しい気持ちにもなります。

今回は、そんな木のキッチンツールを紹介していきますので、最後までよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

四万十檜のまな板と木曽檜の薬味まな板

檜のまな板は王道といわれています。

その中でも 四万十檜は、油の含有量が多いそうで、水切れが良く、乾燥に強く、耐久性に優れていて、カビや雑菌が繁殖しにくいのだそうです。

このまな板はかつて自由が丘にあった「t.」(ティーピリオド)というセレクトショップで一目惚れして購入したものです。ずいぶん以前のことでお店そのものも、閉店してかなり時間が経ってしまいました。

材料を切る音が心地良いのはもちろんのこと、木目を眺めて見るのも楽しいものですね。

そして、小さなサイズの「薬味まな板」は2枚持っています。

東屋さんのまな板で、例によってscopeさんで買い求めました。1枚はその通り薬味用、もう1枚は果物用としてネギやニンニクの匂いから隔離するために購入しました。

東屋/薬味俎板

SCOPE キッチンツールキャニスター

レードルやターナー、泡立て、マッシャーおろし金から軽量スプーンなどステンレス製のものは抽斗の中のボックスに機能別に収納しています。

そんなキッチンツールの中でも菜箸も含めて木製のものについては、僕自身「見せるツール」にしておきたいという気持ちが強く、何かないかと探していたときにまず見つけたのが、ル・クルーゼのオレンジのユーテンシルでした。

ただ、その時点でユーテンシルが満員ラッシュ状態でした。もう少しゆとりを持って置いてやりたい、もう一つ欲しい!というときに出てきたのが、SCOPEのキッチンツールキャニスター17cmです。


(右がユーテンシル、左がキッチンツールキャニスター)

ル・クルーゼ ユーテンシル SCOPE キッチンツールキャニスター

この2つのキャニスター中には以下のものを入れています。

東屋 菜箸

木曽檜を使い手鉋(かんな)で作った無塗装の菜箸で、使いこんだときの色合いの変化も楽しいものです。

東屋 菜箸

木屋 / お玉杓子

国産のホウを使用した無塗装で無骨なフォルムで一見愛想のないお玉ですが、実はステンレスよりも使いやすく、また土鍋にも使えるので用途の広い優れものです。

実際にすくってみると、見かけによらず、とても優しい感触です。どんな食器でも、決してゴリゴリせずに、つるりとすくうことができます。このクネっとした柄の形と木という材質のなせる技でしょう。

木屋 / お玉杓子

「宮島工芸製作所」木の調理ベラセット

文筆家の甲斐みのりさんとのコラボで生まれた桜の木ベラのセットで、大小の杓子・フライ返し・バターナイフの4本がセットになっています。

ケヤキ、クワなどたくさんの素材候補から、使い込むほど味わいのある色に変わる桜の木を使っています。

丈夫な上に、どれも持ちやすくて使いやすいものばかりですが、実用本位なだけではなく、桜の木の色合いと刻印された宮島ならではの銘菓「もみじ饅頭」を連想するもみじマークの焼印に愛らしさを感じます。

杓子は木の目に添うようにナタで縦に割ってカンナで何度も削っているとのことで、ごはん粒がくっつきにくく、熱い蒸気に対しても頑丈です。

杓子はもちろんバターヘラまで、そのボテっとした感じがたまらなく優しいんです。手にとても馴染みます。

「宮島工芸製作所」木の調理ベラセット

SIDE BY SIDE / Tipping Cooking Spoon

これって何に使うの?と思われたと思いますし、僕もそうでした。

でも、一度使ったら止められない止まらない便利なツールです。トマトソースは混ぜることが得意なこのスプーン一本で作ることができます。

SIDE BY SIDE / Tipping Cooking Spoon

西本良太/コーヒーフィルターホルダーとトースト皿

スマートで素敵な作品を数多く生み出す木工作家・西本良太(にしもと りょうた)さんの手によって作られた、コーヒーフィルターをすぐに使える状態で収納できるホルダーです。

発売とほぼ同時に購入したのですでに7年選手ですが、まだまだ元気です。マグネットが埋め込まれていて冷蔵庫に装着することができます。このホルダーの上下を逆にすることで2人用、4人用いずれのフィルターにも対応しています。

西本良太/コーヒーフィルターホルダー

また、西本さんと「北欧暮らしの雑貨店」のコラボで生まれたのが、この「特別なトースト皿」です。

トーストの美味しさを引き出すために表面の中央部分が少し凹んだ形をしていて、焼きたてのトーストがお皿の上で蒸れないようにする工夫が施されています。

サイズはトースト1枚分のジャストサイズで、チェリー材のザラっとした触感もあるようでないものです。トーストはもちろん、チーズやくだものなどに使ってもぴったりだと思います。

残念なことに「北欧暮らしの雑貨店」での取扱いは終了してしまいました。

野田琺瑯 バターケース

いわずと知れた野田琺瑯のホーローと桜の木のフタのバターケースです。

画像のものは450gのバターがちょうど収まるサイズで、白と木のコントラストが見栄えがします。角は丸みがあって親しみがわきます。

サイズは200g用のものもあり、実は2種類持っています。普通のサイズのバターには200g、カルピスバターのように大きなものには450gと使い分けています。

ホーローの清潔感のある白と、木のやさしい感触が朝の食卓の風景を穏やかな空気にしてくれます。

蓋はカット台としても使えます。木製のバターナイフとの相性がぴったりです。ホーローにバターがくっつくことが多いのですが、軽く叩いてやれば剥がれてくれます。

永興農具工廠(台北)の竹製フライ返しとスプーン

竹製品はツヤツヤとした質感でなめらかなフォルムが美しいですね。

フライ返しはお店のご主人から「特別」といわれて買いました。なにが特別なのか良くわからなかったのですが、フライパンの上をサーフィンしているかのようなすべりの良さで使いやすいです。

また、小さなスプーンは砂糖や味噌などの調味料、ジャムなどを掬ったり、もちろんかき混ぜるのにも便利で重宝しています。この手のスプーンは台北のどこでも買えますが、問屋さんならではの価格になっていました。

まとめ

木のキッチンツールは手軽に扱えるのはもちろんのこと、無造作にキャニスターに投げ入れてもサマになりますし、ぶつかり合ってもキンキンとせず、ソフトで心地よい音がします。手入れもきちんと洗ってときどきオイルで拭いて乾かしてあげれば大丈夫です。

ステンレスやプラスチックにもそれぞれ良さがありますが、木製の良さも味わってみてはいかがでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました