【台北/寧夏夜市/方家鶏肉飯】名店揃いの夜市のなかでも際立つ美味さ!

台湾
スポンサーリンク

台北の中でも美味しいものが揃っていると評判の寧夏夜市。

小ぶりですが、他の夜市のように雑貨やゲームはほとんどなく、食べものに特化したでも言うべき、定番夜市グルメの見本市のような夜市です。

今回はその中からとても美味しい雞肉飯が食べられるお店「方家雞肉飯」を紹介します。

スポンサーリンク

寧夏夜市へのアクセス

寧夏夜市北側入口
寧夏夜市内部

MRT中山駅からのアクセス

MRT信義淡水線松山新店線中山駅5番出口」を右手に出て、南京西路に沿って直進します。

途中承徳路の広い道を渡る(歩道橋工事中)と旧圓環(ロータリー、今は半円のように道がカーブしています)が左手前方に見えれば、まもなく右手に画像の黄色に赤字の夜市の看板が見えます。

こちらが南側の入口で、賑やかな北側に向かって歩いていきます。徒歩10分足らずです。

MRT雙蓮駅からのアクセス

MRT信義淡水線松山新店線雙蓮駅1番出口」を左手に出て、民生西路に沿って直進します。

途中承徳路の広い道を渡り、続く商店街の切れ目左手に小学校が見えてくると、その向こうが夜市の北側入口です。

入口の手前から牡蠣オムレツで有名な「賴鶏蛋蚵仔煎」の店舗や台湾版おにぎりの「阿婆飯糰」の屋台が既に手前に見えます。徒歩10分足らずです。

MRT中山駅からバスで

中山駅からはバスでも行くことができます。

4番出口」の前(3番出口なら回れ右してタクシー乗り場を行き過ぎたところ)のバス停「中山車站(志仁高中)」から306番288番のいずれかに乗車します。

一つ目の「圓環(南京)」で降りれば前方右手が南側の入口になります。バス乗車時間は1分ほどです。

その次の「民生重慶路口」で降りたら、横断歩道を渡って目の前の民生西路を右折して直進すると、前方が北側入口です。バス乗車時間は5分ほど、そのあと徒歩2分です。

寧夏夜市のトイレ

寧夏夜市トイレ案内

ピンク色の縦の線が夜市になります。

トイレは随所にあって心配はないと思います。

方家鶏肉飯

方家
方家屋台調理
方家鍋

屋台番号60番。

寧夏夜市でも特に人気の屋台の一つです。

屋台の横にはテーブル席(香港のMTRの座席のようなテーブルとプラスチックの椅子)がたくさんありますが、いつもほぼ満席状態です。

メニューは屋台の正面に掲げられています。
テーブルにもメニューが貼ってあり、最近は日本語でも書かれているので安心ですね。

内用(イートイン)か外帯(テイクアウト)の別をお店の人に言いましょう。
テイクアウトならその列に並び、イートインの場合にはお店の人が案内して(指定して)くれますので、その席に座ります。
注文するものが決まったら、手を挙げるなり合図をして、お店の人に注文します。

支払はサーブされたとき、食べ終わって帰るとき、のいずれでも大丈夫です。

雞肉飯 35元

方家鶏肉飯

私はいつもこれ一択です(一度だけテイクアウトで鶏肉飯と魯肉飯を注文したことがありますが)。

ほかのお店でも食べ歩くためにスープなどは注文したことがありません。

好みに依りますが、このお店の鶏肉飯がもっとも美味しいと思います。

方家以前

こちらは以前の画像、この当時は30元、その前は25元だったと記憶しています(100円しない!と驚きました)。

値上がりはしていますが、35元としても125円くらいですから、この味が食べられるなんて幸せだと思います。

お店の基本情報

店名 方家鶏肉飯(屋台番号60)
住所 台北市大同區寧夏路44-2號
営業時間 17:30~0:00(月曜休み)

2019年12月時点の情報です。
公式サイトなどで最新情報の確認をお願い致します。

まとめ

美味しいものが粒揃いという寧夏夜市の中でも、このお店の鶏肉飯は本当に美味しいですよ。
見たところあっさりとした印象を受けるのですが、かけられているタレが濃厚でしっかりとした味わいなのです。
だからと言ってクドさはまったくなく、さらさらとあっという間に平らげてしまいます。

混んでいても回転は速いので、そんなに待つことはありませんから、ぜひ一度召し上がってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました