【ピアノ/反田恭平】GrowingSonority 務川さん番外編と羽生結弦さんの話題も

第18回ショパンコンクール
スポンサーリンク

いつもこのブログ「音楽徒然草」をお読みいただきありがとうございます。

帰国後さらに特集番組への出演が続く反田恭平さんの凱旋コンサートが開催されました。

この記事では2022年1月6日サントリーホールでの東京公演の模様をお伝えします。
イープラスのスパイスにコンサートレポートが掲載されましたので、リンクを追記しています(目次の2.からご覧ください)。

2月にはパーソナリティを務めるラジオ番組「Growing Sonority」に務川慧悟さんがゲスト出演されました。
21日に続き、28日にも務川さんのカット部分を放送、また羽生結弦さんについても反田さんが語っておられます。

この2回分の動画のリンクを貼っています。

スポンサーリンク

反田恭平凱旋コンサート東京公演

2022年1月6日(木)19:00開演
サントリーホール大ホール

ワルツ第4番へ長調 作品34−3
マズルカ風ロンドへ長調 作品5
バラード第2番へ長調 作品38
アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調 作品22

休憩

休憩時間のピアノの調整は、鍵盤を引っ張り出して、ハンマーを手前に倒して…とさながらオーバーホールの勢いでした。
後半最初のマズルカでは特にシックでマットな音色が聴こえたような気がしました。

3つのマズルカ 作品56(33・34・35番)
ソナタ第2番変ロ短調 作品35
聖歌「神よ、ポーランドをお守りください」(ショパンによるハーモニゼーション)ラルゴ変ホ長調 遺作
英雄ポロネーズ変イ長調 作品53

予想に反して大雪警報が発令されましたが、予定通り開演。
音色、響きの変化、細かなニュアンスが大変素敵でした。
羽根が生えた反田さんによる反田ワールドが全開、楽しくそして素晴らしいリサイタルとなりました。

アンコール

スケルツォ第2番変ロ短調 作品31
ノクターン第17番ロ長調 作品62−1
エチュード第1番ハ長調 作品10−1
エチュード第8番へ長調 作品10−8
シューマン/リスト編:献呈 S.566 R.253

なんと5曲という大盤振る舞い。
鳴り止まない拍手、そしてスタンディングオベーションの嵐でした。

イープラス・スパイス 凱旋コンサートレポート

「反田恭平「皆さんに感謝の気持ちを込めて」 ショパン・コンクール第2位入賞、満席のサントリーホールを興奮の渦に巻き込んだ凱旋コンサートをレポート」と題して朝岡久美子さんが寄稿なさっています。

臨場感溢れるレポートですので、来場が叶わなかった皆さまも雰囲気を味わっていただけるのではないでしょうか。

こちらからどうぞ:https://spice.eplus.jp/articles/297487

反田恭平凱旋コンサート東京追加公演

「5都市ツアー大好評につき、東京公演追加公演決定!」として、2022年1月6日の公演に続き追加公演が実施されます。

東京追加 2022年1月7日(金)19:00開演
サントリーホール大ホール
全席指定S席¥7,500/A席¥6,500
未就学児童入場不可
<Solistiade会員先行>
2021年12月4日(土)12:00~8日(水)18:00
先着受付、カード支払限定、一人4枚まで
Solistiade会員登録(無料)が必要

反田恭平凱旋コンサート(既発表5公演)

反田恭平凱旋コンサート5都市ツアーの詳細が発表されました(料金は税込)。

沖縄 2021年12月22日(水)19:00開演
アイム・ユニバース てだこホール 大ホール
全席指定¥5,000

熊本 2021年12月26日(日)14:00開演
熊本県立劇場 コンサートホール
全席指定S席¥6,000/A席¥5,000

奈良 2021年12月27日(月)18:30開演
奈良県文化会館 国際ホール
全席指定¥6,000、¥5,000(奈良県在住者特別先行のみ)/30歳以下¥3,000

札幌 2022年1月4日(火)19:00開演
札幌コンサートホール Kitara大ホール
全席指定S席¥6,000/A席¥5,000

東京 2022年1月6日(木)19:00開演
サントリーホール 大ホール
全席指定S席¥7,500/A席¥6,500
未就学児童入場不可

奈良公演のみ対象で<奈良県在住者特別先行>販売が実施されます。
2021年11月25日(木)12:00~26(金)10:00
全席指定¥5,000/U30¥3,000
先着受付、カード支払限定、一人4枚まで
購入する方が奈良県在住であれば、奈良県以外在住の同行者もまとめて購入可能
公演当日は名前と住所がわかる身分証持参のこと
Solistiade会員登録(無料)が必要

以下は5公演共通の販売方法となります。
<Solistiade会員先行>
2021年11月26日(金)12:00~30日(火)18:00
先着受付、カード支払限定、一人4枚まで
Solistiade会員登録(無料)が必要

プログラムは、発表され次第アップデートします。

ちなみにポーランド国内ツアーのプログラムは以下の通りでした。

マズルカ風ロンドへ長調 作品5
バラード第2番へ長調 作品38
アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調 作品22
ソナタ第2番変ロ短調 作品35
聖歌「神よ、ポーランドをお守りください」(ショパンによるハーモニゼーション)ラルゴ変ホ長調 遺作
英雄ポロネーズ変イ長調 作品53

優先予約にはオンライン・サロン「ソリスティアーデ」に登録が必要です(無料登録できます)。

https://twitter.com/kyohei0901/status/1461535528474472448?s=21

そのほかの反田さんスケジュール

2021/11/3(水)6(土)7(日)8(月)
ポーランド国内リサイタル(終了)


11/6 カトヴィツェリサイタル動画

2021/11/20(土)18:00 東京/サントリーホール
日本のヴィルトゥオーゾたち
https://www.solist-gala.jp

2021/12/3(金)19:00 長野/軽井沢大賀ホール
反田恭平&小林愛実
モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調 KV448
シューマン:小さな子供と大きな子供のための12の連弾小品 作品85 より 第4曲「花輪を編みながら」
ルトスワフスキ:パガニーニの主題による変奏曲
シューベルト:幻想曲 ヘ短調 作品103 D940
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 作品56b
https://solistiade.jp/

2021/12/8(水)19:00 東京芸術劇場コンサートホール
芸劇リサイタル・シリーズ「VS」(ヴァーサス)Vol.1 反田恭平(ピアノ)VS 小林愛実(ピアノ)完売
モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ K.448
シューマン:小さな子供と大きな子供のための12の連弾小品 op.85-4「花輪を編みながら」
ルトスワフスキ:パガニーニの主題による変奏曲
シューベルト:幻想曲 D940
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 op.56b
https://www.geigeki.jp/performance/concert241/

2022/1/15(土)18:00 東京芸術劇場 コンサートホール
2022/1/16(日)14:00 東京芸術劇場 コンサートホール
NHK交響楽団 第1948回定期演奏会
原田慶太楼指揮
ショパン/グラズノフ編:軍隊ポロネーズ イ長調 作品40-1(管弦楽版)
ショパン/ストラヴィンスキー編:夜想曲 変イ長調 作品32-2(管弦楽版)
パデレフスキ:ポーランド幻想曲 作品19
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」(1910年版)
https://www.nhkso.or.jp/concert/20220115.html

2022/2/19(土)14:00 埼玉/所沢ミューズ アークホール
Japan National Orchestra
反田恭平指揮・ピアノ 岡本誠司(ヴァイオリン)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲op.64、ピアノ協奏曲第1番
https://www.muse-tokorozawa.or.jp/event/detail/20220219/

2022/2/23(水・祝)14:00 新潟/りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 コンサートホール
2022/2/26(土)14:00 鳥取/米子コンベンションセンター 多目的ホール
Japan National Orchestra
反田恭平指揮・ピアノ 岡本誠司(ヴァイオリン)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲op.64、ピアノ協奏曲第1番

2022/3/5(土)15:00 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
東芝グランドコンサート2022
ダーヴィト・アフカム指揮 スペイン国立管弦楽団
J.L.トゥリーナ:アロンソ・ムダーラのファンタジアによる幻想曲
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 作品26(ピアノ:反田恭平)
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ホ短調 作品93
http://www.t-gc.jp/outline-hyougo.html

2022/3/8(火)19:00 神奈川/ミューザ川崎シンフォニーホール
東芝グランドコンサート2022
ダーヴィト・アフカム指揮 スペイン国立管弦楽団
J.L.トゥリーナ:アロンソ・ムダーラのファンタジアによる幻想曲
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 作品26(ピアノ:反田恭平)
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ホ短調 作品93
http://www.t-gc.jp/outline-kawasaki.html

2022/3/17(木)19:00 富山/オーバードホール(富山市芸術文化ホール)
2022/3/20(日)15:00 愛知/春日井市民会館
2022/3/21(月・祝)15:00 大阪/東大阪市文化創造館 Dreamhouse 大ホール
Japan National Orchestra 反田恭平指揮・ピアノ 岡本誠司(ヴァイオリン)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲op.64、ピアノ協奏曲第1番

婦人画報インタビュー記事

「反田恭平が弾き語る、ショパンの魅力とその先の夢 コンクールに挑んだ理由とショパンへの愛、そしてこれから」と題して音楽ジャーナリストの林田直樹さんによるインタビュー記事が公開されています。

こちらから:https://www.fujingaho.jp/culture/interview-celebrity/a38494363/kyoheisorita-20211227/

「単に見事にピアノを弾くというだけにとどまらず、オーケストラとの交流を大切にし、音楽を愛おしむ人ならではの、不思議な幸福感があった。そのしなやかな人間的魅力の一端に迫ってみた。」(本文から引用)ととともに、「なぜ、「2位入賞」の発表にあれほど驚いたのか?」と別の意味でも興味を引くテーマもあります。

全文を読むには会員登録が必要ですが、登録・購読ともに無料で可能です。

反田恭平のピアノ・ジャム

反田恭平がMCを務めるこの番組、2022年1月2日のゲストは小林愛実さんでした。

お二人の会話とともに、以下の各曲が演奏されました。

ショパン:エチュード作品 25−10
反田恭平(4分20秒)
第18回ショパン国際ピアノ・コンクール第1次予選

ショパン:マズルカ風ロンド ヘ長調 作品5
反田恭平(9分00秒)
第18回ショパン国際ピアノ・コンクール第2次予選

ショパン:24の前奏曲 作品28 から 第15番「雨だれ」、第24番
小林愛実(9分30秒)
第18回ショパン国際ピアノ・コンクール第3次予選

ショパン:ピアノソナタ第2番 変ロ長調 作品35「葬送」から第1楽章
小林愛実(5分30秒)
(WARNER CLASSICS WPCS-13760)

シューベルト:幻想曲 ヘ短調 D.940
小林愛実、反田恭平(18分20秒)
2021年12月8日 東京芸術劇場にて収録

ショパン:ポロネーズ 変イ長調 作品53「英雄」」
反田恭平(7分00秒)
第18回ショパン国際ピアノ・コンクール第3次予選

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11 から 第3楽章
反田恭平(10分00秒)
第18回ショパン国際ピアノ・コンクールファイナル

モーツァルト:幻想曲 ニ短調 K.397
反田恭平(7分00秒)
NHKスタジオにて収録

番組HP:https://www4.nhk.or.jp/pianojam/

HPの下にある「聴き逃しはこちら」をクリックするとアーカイブに直接飛ぶことができます(配信終了)。

MBSラジオ「Growing Sonority」第47、48回

反田さんがパーソナリティを務めるラジオ番組「Growing Sonority」第47回のゲストは親友務川慧悟さんでした。

お二人の息の合った会話が楽しく、時の経つのを忘れました。

続いて、28日には前回放送でカットされた部分が放送されました(12:18から)。
務川さんと反田さんが「ショパン愛」について語り合っておられます。

第48回放送の冒頭ではフィギュアスケートの羽生結弦さんについても語っておられます。

まとめ

来春までスケジュールはぎっしり詰まっているようですが、その合間を縫って凱旋リサイタルが行われています。

婦人画報の記事では「やはりそう思っていましたよね」(僕もそう信じていました)という、結果に関して初めて明かされたお話も掲載されていますので、ぜひご一読ください。

東京公演はコンクールの重圧から解き放たれたかのような素敵な演奏が続きました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

👍 🎹とともに 🎼とともに 🤞
👋掰掰👋

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました