【ピアノ】青柳いづみこ/ピアニストたちの祝祭 唯一無二の時間を求めて

ピアノ
スポンサーリンク

いつもこのブログ「音楽徒然草」をお読みいただきありがとうございます。

これまで、過去のレッスン記録の寄り道編として、ピアニスト青柳いづみこさんの「MERDE!日記」などの著作について触れてきました。

今回は別稿として、同じく青柳さんの「ピアニストたちの祝祭」についてお話していきます。

スポンサーリンク

青柳いづみこさんについて

青柳いづみこさんは東京杉並の阿佐ヶ谷のお生まれ、育ちです。

お祖父さまは仏文学者青柳瑞穂さんです。
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京芸術大学音楽学部卒業。
フランスに留学し、国立マルセイユ音楽院首席卒業。
東京芸術大学大学院博士課程修了。
安川加壽子とピエール・バルビゼに師事。

大阪音楽大学教授、ドビュッシー研究家。

1989年 論文「ドビュッシーと世紀末の美学」により東京芸術大学より学術博士を授与(フランス音楽の分野で初めての博士号)
1990年 文化庁芸術祭賞受賞
1999年「翼のはえた指」で吉田秀和賞受賞
2001年「青柳瑞穂の生涯」で日本エッセイストクラブ賞受賞
2009年「六本指のゴルトベルグ」で講談社エッセイ賞受賞

2005年に刊行された「ピアニストが見たピアニスト 名演奏家の秘密とは」(白水社)が9刷ののち2010年に中公文庫、2007年刊行の「ピアニストは指先で考える
」(中央公論新社) は6刷ののち2011年に中公文庫重版、2008年刊行の「ボクたちクラシック つながり」(文春新書)は現在までに5刷。
刊行された著書は30冊、最新刊は「阿佐ヶ谷アタリデ大ザケノンダ」(平凡社)。

1980年 フランスより帰国、東京で初めてのリサイタル開催
1989〜2000年 「ドビュッシー・シリーズ」開催

これまでに9枚のCDが「レコード芸術」誌で特選盤。
リリースされたCDは18枚、DVDブック、CDブック各1冊、監修CD2枚。

このブログでも以下の3つの著作について紹介されていただきました。

ピアニストが見たピアニスト 名演奏家の秘密とは

ドビュッシーとの散歩

青柳いづみこのMERDE!メルド日記

ピアニストたちの祝祭

この「ピアニストたちの祝祭」には、青柳さんが「すばる」「文學界」や「芸術新潮」等の文芸雑誌に寄稿したコンサートレポートに加筆したものと、最後に小山実稚恵さんとの対談が納められています。

対象になったコンサートも、2002年のポリーニ・プロジェクトから2013年のサイトウ・キネン・フェスティバルまで10年を超えるスパンに及んでいます。

目次

ポリーニ 完全無欠のピアニストが歌を歌うまで
唯一無二の時間を求めてー第五回別府アルゲリッチ音楽祭見聞録
内田光子 持続のエクスタシー
闘う音楽家 ダニエル・バレンボイム
女性作曲家音楽祭二〇〇七 レポート
アルカン生誕二〇〇年記念コンサート レポート
進化するフジ子ヘミング
ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭二〇〇七 レポート
ラ・フォル・ジュルネに出演してみたら
サイトウ・キネン・フェスティバル ジャズ勉強会

日本人がショパン・コンクールで優勝できない理由
ー対談 小山実稚恵X青柳いづみこ

あとがき

改めて見返してみても、思わず読書に没入してしまいそうなタイトルが並んでいます。

オリジナルは2014年に中央公論新社のソフトカバーで刊行され、2017年にkindle化されました。


ピアニストたちの祝祭
唯一無二の時間を求めて
青柳いづみこ著 中央公論新社

まとめ

青柳さんの演奏描写は絶妙で、この場でコンサートが行われているかのような臨場感がありました。

特に「熱狂の日2007」は、僕も岡田博美さんのアルベニス/イベリア全曲演奏などを聴いたのですが、青柳さんのレポートには僕が聴いていない公演も多くありました。

それでも、まるで僕が聴いてきたかのような錯覚を覚えてしまうくらいの見事な描写でした。ピアノのみならず、歌曲や弦楽器も見事に描かれています。

また、ポリーニやアルゲリッチ、内田光子といった錚々たる面々のレポートはもちろん、女性作曲家やアルカンといった普段あまり採り上げられない作品のコンサートやジャズピアニストの大西順子と小澤征爾のくだりも大変興味深いものがありました。

ただ、フジコ・ヘミングのくだりは褒めてるんだか、褒め殺しなんだかよくわからなかったです。 ヘミングをクラシックの範疇に入れないという関係者も多い中で、彼女のリサイタルはいつも満席ということを関係者はよく考えてみる必要がある・・・と含意のある一文がありました。僕には答えが見えませんでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

👍 🎹とともに 🎼とともに 🤞
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました