【吹奏楽】1992/第40回全日本吹奏楽コンクール 高等学校の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1992年度全日本吹奏楽コンクール高校の部は、北海道2 東北3 関東4 東京2 北陸2 東海3 関西3 中国3 四国2 九州3 の計27団体が出場しました。

この大会の課題曲は1976年度から続く全部門共通の4曲となっています。

初出場は青森県立八戸北高校、松江市立女子高校、鈴峯女子高校の3校でした。

スポンサーリンク

第40回(平成4年度、1992年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1992年10月31日
開催場所 東京普門館

課題曲は4曲で全部門共通、AとCが連盟委嘱作品。
課A : ネレイデス (田中賢)
課B : 吹奏楽のためのフューチュリズム (阿部勇一)
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」 (三善晃)
課D : ゆかいな仲間の行進曲 (坂本智)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 九州代表 精華女子高等学校 指揮 : 藤重佳久 🥈銀賞
課D : ゆかいな仲間の行進曲
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より夜明け、全員の踊り :ラヴェル/ブートリィ
02 関東代表 神奈川県立野庭高等学校 指揮 : 中澤忠雄 🥈銀賞
課A : ネレイデス
バレエ音楽「アパラチアの春」 :コープランド/森田一浩
03 東北代表 青森県立八戸北高等学校 指揮 : 佐々木孝男 🥉銅賞
課D : ゆかいな仲間の行進曲
春になって、王たちが戦いに出るに及んで :ホルジンガー
04 関東代表 常総学院高等学校 指揮 : 本図智夫 🥇金賞
課A : ネレイデス
アルプス交響曲 より 日の出、悲歌、嵐の前の静寂、雷雨と嵐、下山、夜 :R.シュトラウス/八田泰一
05 中国代表 松江市立女子高等学校 指揮 : 金本克康 🥉銅賞
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」
バレエ音楽「パリの喜び」 :オッフェンバック=ロザンタール/小長谷宗一
06 四国代表 土佐女子高等学校 指揮 : 森本直由美 🥉銅賞
課A : ネレイデス
エル・サロン・メヒコ :コープランド/ハインズレー
07 九州代表 福岡工業大学附属高等学校 指揮 : 屋比久勲 🥈銀賞
課A : ネレイデス
ハンガリー狂詩曲第2番 :リスト/トバニ
08 関西代表 天理高等学校 指揮 : 新子菊雄 🥇金賞
課A : ネレイデス
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より :ラヴェル/ブートリィ
09 東北代表 秋田県立新屋高等学校 指揮 : 高野豊昭 🥈銀賞
課B : 吹奏楽のためのフューチュリズム
バレエ音楽「ガイーヌ」より :ハチャトゥリアン/淀彰
10 東海代表 静岡県立浜松商業高等学校 指揮 : 遠山詠一 🥈銀賞
課D : ゆかいな仲間の行進曲
トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 :J.S.バッハ/ライゼン
11 関西代表 洛南高等学校 指揮 : 宮本輝紀 🥇金賞
課A : ネレイデス
華麗なる舞曲 :C.T.スミス
12 関東代表 柏市立柏高等学校 指揮 : 石田修一 🥈銀賞
課A : ネレイデス
バレエ組曲「火の鳥」 :ストラヴィンスキー/デューカー
13 東京代表 東京都立永山高等学校 指揮 : 馬場正英 🥈銀賞
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」
シンフォニックバンドのための「Ode」 :浦田健次郎
14 東海代表 愛知工業大学名電高等学校 指揮 : 松井郁雄 🥈銀賞
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」
プラハのための音楽1968 より トッカータとコラール :フサ
15 九州代表 福岡県立嘉穂高等学校 指揮 : 竹森正貢 🥈銀賞
課D : ゆかいな仲間の行進曲
交響的舞曲 より 第3楽章 :ラフマニノフ/佐藤正人 日下部徳一郎
16 関西代表 兵庫県立兵庫高等学校 指揮 : 松井隆司 🥈銀賞
課D : ゆかいな仲間の行進曲
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」より :プロコフィエフ/西山潔
17 北陸代表 富山県立高岡商業高等学校 指揮 : 土合勝彦 🥇金賞
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」
バレエ組曲「シバの女王ベルキス」より :レスピーギ/小長谷宗一
18 北海道代表 東海大学付属第四高等学校 指揮 : 井田重芳 🥇金賞
課A : ネレイデス
交響詩「ローマの祭り」 より チルチェンセス、主顕祭 :レスピーギ/磯崎敦博
19 東京代表 駒澤大学高等学校 指揮 : 吉野信行 🥈銀賞
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」
交響詩「ローマの祭り」 より 十月祭、主顕祭 :レスピーギ/シェイファー
20 北海道代表 北海道札幌白石高等学校 指揮 : 米谷久男 🥇金賞
課D : ゆかいな仲間の行進曲
バレエ音楽「ガイーヌ」 より 前奏曲、友情の踊り、アイシェの孤独、剣の舞、収穫祭 :ハチャトゥリアン/林紀人
21 東北代表 秋田県立花輪高等学校 指揮 : 小林久仁郎 🥈銀賞
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」
バレエ音楽「チェックメイト」 :ブリス/小林久仁郎
22 中国代表 山口県立下松高等学校 指揮 : 中井勝 🥈銀賞
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」
バレエ音楽「パリの喜び」 より 序曲、ワルツ・レント、行進曲、カンカン :オッフェンバッ=ロザンタール/小長谷宗一
23 北陸代表 福井県立武生東高等学校 指揮 : 奥田健雄 🥉銅賞
課D : ゆかいな仲間の行進曲
交響曲第3番「シンフォニー・ポエム」 :ハチャトゥリアン/小林久仁郎
24 中国代表 鈴峯女子高等学校 指揮 : 宇根岡俊二 🥈銀賞
課A : ネレイデス
交響詩「海」 より 風と海との対話 :ドビュッシー/藤田玄播
25 四国代表 高松第一高等学校 指揮 : 石川孝司 🥉銅賞
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」
交響詩「海」 より 風と海との対話 :ドビュッシー/藤田玄播
26 東海代表 東海大学第一高等学校 指揮 : 榊原達 🥈銀賞
課C : 吹奏楽のための「クロス・バイ・マーチ」
嵌め込み故郷 :阿部亮太郎
27 関東代表 習志野市立習志野高等学校 指揮 : 新妻寛 🥇金賞
課A : ネレイデス
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 よりパントマイム、全員の踊り :ラヴェル/ブートリィ

金賞が7団体、銀賞が15団体、そして銅賞が5団体という結果でした。

自由曲にアルプス交響曲を採り上げた常総学院高が4年連続4回目の金賞、札幌白石高が3年連続6回目、そして習志野高が2年連続(特演を挟んで7年連続)9回目の金賞に輝きました。前年度関西大会で涙をのんだ天理高が2年ぶり15回目、洛南高が88年以来2回目、高岡商が2年ぶり6回目、東海大四高が3年ぶり6回目の金賞を受賞しました。

課題曲は「ネレイデス」が最多の10団体、「クロス・バイ・マーチ」が9団体、「ゆかいな仲間」が7団体、そして「フューチュリズム」が1団体によって演奏されました。

音源を探る

精華女子高等学校

バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より夜明け、全員の踊り

神奈川県立野庭高等学校

ネレイデス

バレエ音楽「アパラチアの春」

青森県立八戸北高等学校

春になって、王たちが戦いに出るに及んで

常総学院高等学校

ネレイデス

アルプス交響曲 より 日の出、悲歌、嵐の前の静寂、雷雨と嵐、下山、夜

松江市立女子高等学校

バレエ音楽「パリの喜び」

土佐女子高等学校

エル・サロン・メヒコ

福岡工業大学附属高等学校

ハンガリー狂詩曲第2番

天理高等学校

バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より

秋田県立新屋高等学校

バレエ音楽「ガイーヌ」より

静岡県立浜松商業高等学校

トッカータとフーガ ニ短調 BWV565

洛南高等学校

華麗なる舞曲

柏市立柏高等学校

バレエ組曲「火の鳥」

東京都立永山高等学校

シンフォニックバンドのための「Ode」

愛知工業大学名電高等学校

プラハのための音楽1968 より トッカータとコラール

福岡県立嘉穂高等学校

交響的舞曲 より 第3楽章

兵庫県立兵庫高等学校

バレエ音楽「ロメオとジュリエット」より

富山県立高岡商業高等学校

バレエ組曲「シバの女王ベルキス」より

東海大学付属第四高等学校

交響詩「ローマの祭り」 より チルチェンセス、主顕祭

駒澤大学高等学校

交響詩「ローマの祭り」 より 十月祭、主顕祭

北海道札幌白石高等学校

バレエ音楽「ガイーヌ」 より 前奏曲、友情の踊り、アイシェの孤独、剣の舞、収穫祭

秋田県立花輪高等学校

バレエ音楽「チェックメイト」

山口県立下松高等学校

バレエ音楽「パリの喜び」 より 序曲、ワルツ・レント、行進曲、カンカン

福井県立武生東高等学校

交響曲第3番「シンフォニー・ポエム」

鈴峯女子高等学校

交響詩「海」 より 風と海との対話

高松第一高等学校

交響詩「海」 より 風と海との対話

東海大学第一高等学校

嵌め込み故郷

習志野市立習志野高等学校

ネレイデス

バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 よりパントマイム、全員の踊り

全出場団体の音源を掲載しました。

まとめ

この大会では、おそらくこの曲は自由曲にはならないだろうと思っていたリヒャルトのアルプス交響曲を常総学院が採り上げました。

常総学院の個人技のレヴェルが極めて高く、ごまかしのないことについては論を待ちませんが、この時期は特にキラキラと輝き、しなやかで伸びのあるサウンドで、素晴らしい演奏を披露してくれました。もう見事というほかありません。八田先生と本図先生によれば「ロマンティックカット」と称されるこのカットは、いきなり日の出、そして山頂に登ることなく下山します。ストーリーとしては「なし」ですが、演奏効果はよく考えられていると思います。

この時期、斎藤先生率いる与野高校が定期演奏会でこの曲を全曲演奏したということを耳にしました。レヴェルがとにかくすごいことになっているなぁとため息をついたことを思い出します。

天理高と習志野高のダフニスと高岡商と東海第四高のレスピーギ、そして札幌白石高のガイーヌも、各々のチームの個性を活かした素敵な演奏で、この大会の金賞団体は飛び抜けていたと感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Viva! 吹奏楽!
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました