【吹奏楽/全団体音源掲載】1989/第37回全日本吹奏楽コンクール 一般の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1989年度全日本吹奏楽コンクール一般の部は、北海道1 東北2 関東2 東京1 北陸1 東海1 関西1 中国1 四国1 九州1 の計12団体が出場しました。

この大会の課題曲は1976年度から続く全部門共通の4曲となっています。

初出場は北見交響吹奏楽団、三条市吹奏楽団、名取交響吹奏楽団、大津シンフォニックバンドの4団体でした。

スポンサーリンク

第37回(平成2年度、1989年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1989年10月22日
開催場所 金沢市観光会館

課題曲は4曲(A、CとDが連盟委嘱作品)で全部門共通でした。
課A : 風と炎の踊り (小長谷宗一)
課B : WISH for wind orchestra (田嶋勉)
課C : 行進曲「清くあれ、爽やかなれ」 (別宮貞雄)
課D : ポップス・マーチ「すてきな日々」 (岩井直溥)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 東京代表 乗泉寺吹奏楽団 指揮 : 時任康文 🥈銀賞
課A : 風と炎の踊り
バレエ音楽「三角帽子」 より 粉屋の踊り、終幕の踊り :ファリャ/ヴィンター、ブラム・ウィギンズ
02 北海道代表 北見交響吹奏楽団 指揮 : 江頭義人 🥉銅賞
課A : 風と炎の踊り
歌劇「トリスタンとイゾルデ」 より イゾルデの愛の死 :ワーグナー/ハインズレー
03 北陸代表 コンツェルテ・エロイカ 指揮 : 多戸幾久三 🥇金賞
課D : ポップス・マーチ「すてきな日々」
シンフォニエッタ より III、V :ヤナーチェク/上埜孝
04 東北代表 NG吹奏楽団 指揮 : 中野晃太郎 🥉銅賞
課B : WISH for wind orchestra
エルサレム賛美 :A.リード
05 東海代表 蒲郡市吹奏楽団 指揮 : 西浦稔 🥈銀賞
課A : 風と炎の踊り
交響曲第3番「オルガンつき」 より 第2楽章 :サン=サーンス/スローカム
06 四国代表 鏡野吹奏楽団 指揮 : 弘田靖明 🥇金賞
課A : 風と炎の踊り
バレエ音楽「エジプト舞曲」より :リュイジニ/モレリ
07 関東代表 三条市吹奏楽団 指揮 : 河本隆吉 🥇金賞
課B : WISH for wind orchestra
メトセラII打楽器群と吹奏楽のために :田中賢
08 九州代表 春日市民吹奏楽団 指揮 : 川口春生 🥈銀賞
課D : ポップス・マーチ「すてきな日々」
儀式のための音楽 :タル
09 東北代表 名取交響吹奏楽団 指揮 : 荒井富雄 🥉銅賞
課D : ポップス・マーチ「すてきな日々」
バレエ組曲「火の鳥」より :ストラヴィンスキー/児玉英誉
10 中国代表 出雲吹奏楽団 指揮 : 片寄哲夫 🥉銅賞
課A : 風と炎の踊り
歌劇「さまよえるオランダ人」序曲 :ワーグナー/藤田玄播
11 関東代表 市川交響吹奏楽団 指揮 : 津田雄二郎 🥇金賞
課A : 風と炎の踊り
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より夜明け、全員の踊り :ラヴェル/ブートリィ
12 関西代表 大津シンフォニックバンド 指揮 : 森島洋一 🥇金賞
課A : 風と炎の踊り
ディオニソスの祭 :F.シュミット

この大会では現在も一般の部の雄として名高い名取交響吹、大津SBが初出場、その後の全日本での活躍のスタートを切りました。

金賞は5団体で、市川交響吹が4年連続4回目、コンツェルテ・エロイカが2年連続2回目の受賞。三条市吹、大津SBは初出場で見事金賞、鏡野吹は鏡野中OB吹時代も含め4回目の出場で初めての金賞に輝きました。銀賞は3団体、銅賞が4団体でした。

課題曲の選択では「風と炎」が最多の7団体、「すてきな日々」が3団体、そして「WISH」が2団体で、別宮作品を採り上げた団体はありませんでした。

音源を探る

乗泉寺吹奏楽団

バレエ音楽「三角帽子」 より 粉屋の踊り、終幕の踊り

北見交響吹奏楽団

歌劇「トリスタンとイゾルデ」 より イゾルデの愛の死

コンツェルテ・エロイカ

シンフォニエッタ より III、V

NG吹奏楽団

エルサレム賛美

蒲郡市吹奏楽団

交響曲第3番「オルガンつき」 より 第2楽章

鏡野吹奏楽団

バレエ音楽「エジプト舞曲」より

三条市吹奏楽団

メトセラII打楽器群と吹奏楽のために

春日市民吹奏楽団

儀式のための音楽

名取交響吹奏楽団

ポップス・マーチ「すてきな日々」

出雲吹奏楽団

歌劇「さまよえるオランダ人」序曲

市川交響吹奏楽団

バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より夜明け、全員の踊り

大津シンフォニックバンド

ディオニソスの祭

全団体の音源を掲載しています。名取交響吹の「火の鳥」は音源が見つかりませんでした。

まとめ

初出場の三条市吹の非常に高い集中力を保った「メトセラ」は一瞬にして惹き込まれてしまう素晴らしい演奏でした。同じく初出場の大津SBは個人技の高さを活かして、森島先生の安定したタクトのもと、多彩な響き、リズムの面白さを備えて楽しいディオニソスの祭に仕上げてきました。鏡野吹は緊張感を保ったアンサンブルで丁寧な仕上がりと曲の自然な流れが見事でした。

例年玄人はだしの演奏を聴かせる市川交響吹はこの大会でも健在、ドンチャン騒ぎにならないバッカナールはさすが大人の演奏でした。コンツェルテ・エロイカのヤナーチェクはその分厚い響きに聴き惚れるとともに、その迫ってくる音楽に圧倒される演奏でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Viva! 吹奏楽!
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました