【吹奏楽】1989/第37回全日本吹奏楽コンクール 職場の部 全団体音源掲載

吹奏楽
スポンサーリンク

1989年度全日本吹奏楽コンクール職場の部は、北海道1 関東1 東京1 東海1 関西1 中国1 九州1 の計7団体が出場しました。

この大会の課題曲は1976年度から続く全部門共通の4曲となっています。

スポンサーリンク

第37回(平成2年度、1989年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1989年10月22日
開催場所 金沢市観光会館

課題曲は4曲(A、CとDが連盟委嘱作品)で全部門共通でした。
課A : 風と炎の踊り (小長谷宗一)
課B : WISH for wind orchestra (田嶋勉)
課C : 行進曲「清くあれ、爽やかなれ」 (別宮貞雄)
課D : ポップス・マーチ「すてきな日々」 (岩井直溥)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 関西代表 阪急百貨店吹奏楽団 指揮 : 鈴木竹男 🥈銀賞
課C : 行進曲「清くあれ、爽やかなれ」
喜歌劇「美しきガラテア」序曲 :スッペ/ローレンドー
02 中国代表 NTT中国吹奏楽団 指揮 : 佐藤正二郎 🥉銅賞
課B : WISH for wind orchestra
交響的舞曲第3番「祭り」 :C.ウィリアムズ
03 九州代表 ブリヂストン吹奏楽団久留米 指揮 : 小野照三 🥇金賞
課D : ポップス・マーチ「すてきな日々」
交響詩「ローマの祭り」 より 十月祭、主顕祭 :レスピーギ/小野照三
04 東海代表 ヤマハ吹奏楽団浜松 指揮 : 森田利明 🥇金賞
課B : WISH for wind orchestra
始原I―大地の踊り― :田中賢
05 関東代表 日本電気玉川吹奏楽団 指揮 : 稲垣征夫 🥉銅賞
課A : 風と炎の踊り
交響曲第6番 より プレスト :ショスタコーヴィチ/カーナウ
06 東京代表 ヤマハ吹奏楽団東京 指揮 : 高倉正巳 🥈銀賞
課A : 風と炎の踊り
交響詩「復活」 :ボール/ブランド
07 北海道代表 高橋水産吹奏楽団 指揮 : 渡辺明 🥈銀賞
課D : ポップス・マーチ「すてきな日々」
吹奏楽のための神話(天岩屋戸の物語による) :大栗裕

この年は東北地区からの参加がなく全7団体とやや寂しい大会となりました。

ヤマハ浜松が2年連続、ブリヂストン久留米が2年ぶりの金賞に輝いています。惜しくも銀賞となった阪急百貨店を始め3団体が銀賞、銅賞が2団体でした。

課題曲は、「風と炎」「WISH」「すてきな日々」が各々2団体、「清くあれ、爽やかなれ」が1団体と、他の部門とは異なり均等に分かれた格好となっています。

音源を探る

阪急百貨店吹奏楽団

行進曲「清くあれ、爽やかなれ」

喜歌劇「美しきガラテア」序曲

NTT中国吹奏楽団

交響的舞曲第3番「祭り」

ブリヂストン吹奏楽団久留米

交響詩「ローマの祭り」 より 十月祭、主顕祭

ヤマハ吹奏楽団浜松

始原I―大地の踊り―

日本電気玉川吹奏楽団

交響曲第6番 より プレスト

ヤマハ吹奏楽団東京

交響詩「復活」

高橋水産吹奏楽団

吹奏楽のための神話(天岩屋戸の物語による)

全団体の演奏を掲載しています。

まとめ

ヤマハ浜松は、現代曲はこう演奏するんだというお手本で、美しい音、サウンド、そして高いメカニックを武器として、一つ一つの音への意味づけがなされた素晴らしい演奏でした。贅肉のないシャープさとスピード感も見事で格好イイ。

ブリヂストン久留米は豪快で大らかな演奏ですが、鳴らしておしまいというレベルではもちろんなく、全体に流れる豊かな歌心が素晴らしいと思います。阪急は個人的にはどこが足りなかったのかなと感じるくらいの好演でした。

全体を通してレベルの高い演奏が続き、聴き応えがある大会でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Viva! 吹奏楽!
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました