【吹奏楽】第36回全日本吹奏楽コンクール 高等学校の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1988年度全日本吹奏楽コンクール中学の部は、北海道2 東北3 関東4 東京2 北陸2 東海3 関西3 中国3 四国2 九州3 の計27団体が出場しました。

この大会の課題曲は1976年度から続く全部門共通の4曲となっています。

初出場は仙台向山高校、八戸工業大学第一高校の2校でした。

スポンサーリンク

第36回(昭和63年度、1988年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1988年10月29日
開催場所 東京普門館

課題曲は4曲(AとCが連盟委嘱作品)で全部門共通でした。
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」 :三善晃
課B : 交響的舞曲 :小林徹
課C : マーチ「スタウト・アンド・シンプル」 :原博
課D : カーニバルのマーチ :杉本幸一

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 九州代表 福岡県立嘉穂高等学校 指揮 : 竹森正貢 🥉銅賞
課D : カーニバルのマーチ
オセロ より 前奏曲、オセロとデズデモーナ、廷臣たちの入場 :A.リード
02 四国代表 土佐女子高等学校 指揮 : 森本直由美 🥈銀賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
交響組曲「寄港地」より チュニスからネフタ、ヴァレンシア :イベール/デュポン
03 東北代表 宮城県仙台向山高等学校 指揮 : 荒井富雄 🥈銀賞
課D : カーニバルのマーチ
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 :R.シュトラウス/ハインズレー
04 四国代表 香川県立観音寺第一高等学校 指揮 : 村山英一 🥈銀賞
課B : 交響的舞曲
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より夜明け、全員の踊り :ラヴェル/ブートリィ
05 中国代表 島根県立出雲高等学校 指揮 : 森脇治夫 🥈銀賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
交響詩「ローマの祭り」 より チルチェンセス、主顕祭 :レスピーギ
06 関東代表 習志野市立習志野高等学校 指揮 : 新妻寛 🥇金賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
楽劇「サロメ」 より七つのヴェールの踊り :R.シュトラウス/ハインズレー
07 関西代表 天理高等学校 指揮 : 新子菊雄 🥇金賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
ディオニソスの祭 :F.シュミット
08 関東代表 柏市立柏高等学校 指揮 : 石田修一 🥇金賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
交響詩「海」 より 風と海との対話 :ドビュッシー/八田泰一
09 関西代表 洛南高等学校 指揮 : 宮本輝紀 🥇金賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より夜明け、全員の踊り :ラヴェル/ブートリィ
10 中国代表 就実高等学校 指揮 : 村松勲 🥉銅賞
課D : カーニバルのマーチ
バレエ音楽「パリの喜び」 :オッフェンバック=ロザンタール/吉市幹雄
11 東海代表 東海大学第一高等学校 指揮 : 榊原達 🥉銅賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
シナージスティック・パラブル(神人協力説の寓話) :サーター
12 東北代表 八戸工業大学第一高等学校 指揮 : 中村浩治 🥈銀賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
楽劇「サロメ」 より七つのヴェールの踊り :R.シュトラウス/ハインズレー
13 東海代表 静岡県立浜松商業高等学校 指揮 : 遠山詠一 🥈銀賞
課B : 交響的舞曲
バレエ音楽「コッペリア」 より マズルカ、ワルツ、チャルダッシュ :ドリーブ/小長谷宗一
14 北陸代表 富山県立高岡商業高等学校 指揮 : 土合勝彦 🥈銀賞
課B : 交響的舞曲
セント・アンソニー・ヴァリエーション :ヒル
15 中国代表 山口県立下松高等学校 指揮 : 中井勝 🥈銀賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
セント・アンソニー・ヴァリエーション :ヒル
16 東海代表 愛知工業大学名電高等学校 指揮 : 松井郁雄 🥈銀賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
交響曲 より第4楽章 :矢代秋雄/天野正道
17 北海道代表 東海大学付属第四高等学校 指揮 : 井田重芳 🥇金賞
課D : カーニバルのマーチ
プラハのための音楽1968 より I、IV :フサ
18 関東代表 神奈川県立野庭高等学校 指揮 : 中澤忠雄 🥇金賞
課D : カーニバルのマーチ
序曲「春の猟犬」 :A.リード
19 北海道代表 北海道札幌白石高等学校 指揮 : 米谷久男 🥇金賞
課D : カーニバルのマーチ
仮面幻想 :大栗裕
20 関西代表 大阪府立淀川工業高等学校 指揮 : 丸谷明夫 🥇金賞
課D : カーニバルのマーチ
吹奏楽のための神話(天岩屋戸の物語による) :大栗裕
21 東北代表 秋田県立秋田南高等学校 指揮 : 佐藤滋 🥉銅賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
楽劇「サロメ」 より七つのヴェールの踊り :R.シュトラウス/ハインズレー
22 北陸代表 富山県立富山商業高等学校 指揮 : 坪島照信 🥈銀賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 よりモンタギュー家とキャピュレット家、タイボルトの死 :プロコフィエフ/上埜孝
23 東京代表 関東第一高等学校 指揮 : 塩谷晋平 🥉銅賞
課B : 交響的舞曲
バレエ音楽「ガイーヌ」 より プレリュード、アイシェのモノローグ、収穫祭 :ハチャトゥリアン/塩谷晋平
24 関東代表 川口市立川口高等学校 指揮 : 信国康博 🥈銀賞
課B : 交響的舞曲
「ハムレット」への音楽 :A.リード
25 九州代表 沖縄県立那覇高等学校 指揮 : 與儀幸英 🥉銅賞
課A : 吹奏楽のための「深層の祭」
バレエ音楽「四季」 より 秋 :グラズノフ/バンクロフト
26 東京代表 駒澤大学高等学校 指揮 : 吉野信行 🥈銀賞
課D : カーニバルのマーチ
セント・アンソニー・ヴァリエーション :ヒル
27 九州代表 沖縄県立首里高等学校 指揮 : 宮城敏 🥉銅賞
課B : 交響的舞曲
交響詩「ローマの祭り」 より チルチェンセス、主顕祭 :レスピーギ/藤田玄播

この大会、中学の部ではラヴェルの「ダフニスのクロエ」が5団体によって自由曲とされましたが、高校の部でも2団体が採り上げています。特に観音寺一高は81年に自由曲として四国代表に選出されながらも著作権の問題から辞退したという経緯もあり、今回の普門館のステージには思いがあったのではないでしょうか。

また、リヒャルトの「サロメ」とヒルの「セント・アンソニー」を各々3団体、レスピーギの「ローマの祭り」を2団体が自由曲として採り上げています。

結果は金賞が8、銀賞が12、そして銅賞が7団体となりました。課題曲は「深層の祭」が13団体、「カーニバルのマーチ」が8団体、「交響的舞曲」が6団体が採り上げました。「スタウト・アンド・シンプル」を採り上げた団体はありませんでした。

習志野高と淀工が4年連続、各々6回目、9回目の金賞を受賞し、5年連続金賞に王手をかけました。札幌白石高が3年連続3回目、天理高が2年連続14回目の金賞に輝きました。また、東海大四高は5年ぶり4回目、柏高は初出場の84年以来2回目、前年度関東大会で涙をのんだ野庭高が2年ぶり4回目、そして洛南高は2度目の出場で初めての金賞を受賞しました。

音源を探る

福岡県立嘉穂高等学校

オセロ より 前奏曲、オセロとデズデモーナ、廷臣たちの入場

土佐女子高等学校

交響組曲「寄港地」より :イベール/デュポン

仙台向山高等学校

カーニバルのマーチ

香川県立観音寺第一高等学校

バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より夜明け、全員の踊り

島根県立出雲高等学校

交響詩「ローマの祭り」 より チルチェンセス、主顕祭

習志野市立習志野高等学校

吹奏楽のための「深層の祭」

楽劇「サロメ」 より七つのヴェールの踊り

天理高等学校

ディオニソスの祭

柏市立柏高等学校

交響詩「海」 より 風と海との対話

洛南高等学校

バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲 より夜明け、全員の踊り

就実高等学校

カーニバルのマーチ

バレエ音楽「パリの喜び」

東海大学第一高等学校

シナージスティック・パラブル(神人協力説の寓話)

八戸工業大学第一高等学校

吹奏楽のための「深層の祭」

静岡県立浜松商業高等学校

交響的舞曲

バレエ音楽「コッペリア」 より マズルカ、ワルツ、チャルダッシュ

富山県立高岡商業高等学校

セント・アンソニー・ヴァリエーション

山口県立下松高等学校

セント・アンソニー・ヴァリエーション

愛知工業大学名電高等学校

交響曲 より第4楽章

東海大学付属第四高等学校

プラハのための音楽1968 より I、IV

神奈川県立野庭高等学校

カーニバルのマーチ

序曲「春の猟犬」

北海道札幌白石高等学校

仮面幻想

大阪府立淀川工業高等学校

吹奏楽のための神話(天岩屋戸の物語による)

秋田県立秋田南高等学校

吹奏楽のための「深層の祭」

富山県立富山商業高等学校

バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 よりモンタギュー家とキャピュレット家、タイボルトの死

関東第一高等学校

バレエ音楽「ガイーヌ」 より プレリュード、アイシェのモノローグ、収穫祭

川口市立川口高等学校

「ハムレット」への音楽

沖縄県立那覇高等学校

バレエ音楽「四季」 より 秋

駒澤大学高等学校

セント・アンソニー・ヴァリエーション

沖縄県立首里高等学校

交響詩「ローマの祭り」 より チルチェンセス、主顕祭

出場全27団体の音源が揃いました。

まとめ

習志野高は持ち前の柔らかく美しいサウンド、そしてしなやかさを保った素晴らしい演奏でした。全日本でサロメのキーを短2度上げたのは何故なのか知りたいところですが、いずれにせよさすが習志野という演奏でした。

天理も隅々まで整理、このチームならではの音楽の世界を披露していましたし、同じ関西代表の淀工も活きいきとした颯爽とした演奏で、これまたこの団体ならではの音楽を作り上げていたことは素晴らしいと思います。

Viva! 吹奏楽!
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました