【吹奏楽】1986/第34回全日本吹奏楽コンクール 一般の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1986年度全日本吹奏楽コンクール一般の部は、北海道1 東北2 関東2 東京1 東海1 北陸1 関西1 中国1 四国1 九州1 の計12団体が出場しました。

この年の課題曲も1976年度から続く全部門共通の4曲が基本とした路線が踏襲されています。

初出場は、春日市民吹奏楽団、仙台吹奏楽団、山口ブラスソサエティの3団体でした。

スポンサーリンク

第34回(昭和61年度、1986年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1985年10月19日
開催場所 尼崎市総合文化センター

課題曲は4曲(BとCが連盟委嘱作品)で全部門共通でした。
課A : 吹奏楽のための「変容」 (瑞木薫)
課B : 嗚呼! (兼田敏)
課C : 吹奏楽のための序曲 (間宮芳生)
課D : コンサート・マーチ「テイク・オフ」 (建部知弘)
課題曲Dは建部さんの原曲を藤田玄播さんが補作したものです。

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 四国代表 松山市民吹奏楽団 指揮 : 藤澤一仁 🥉銅賞
課D : コンサート・マーチ「テイク・オフ」
「ハムレット」への音楽 :A.リード
02 関西代表 創価学会関西吹奏楽団 指揮 : 堀田有幸 🥇金賞
課D : コンサート・マーチ「テイク・オフ」
ハンガリー狂詩曲第2番 :リスト/デュポン
03 北陸代表 富山ウインドアンサンブル 指揮 : 片山亮一 🥈銀賞
課D : コンサート・マーチ「テイク・オフ」
エル・カミーノ・レアル :A.リード
04 九州代表 春日市民吹奏楽団 指揮 : 川口春生 🥈銀賞
課D : コンサート・マーチ「テイク・オフ」
アコラーデ :タル
05 東北代表 米沢吹奏楽愛好会 指揮 : 金子勉 🥉銅賞
課D : コンサート・マーチ「テイク・オフ」
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 よりモンタギュー家とキャピュレット家、タイボルトの死 :プロコフィエフ/淀彰
06 関東代表 市川交響吹奏楽団 指揮 : 津田雄二郎 🥇金賞
課C : 吹奏楽のための序曲
バレエ音楽「三角帽子」 より 粉屋の踊り、終幕の踊り :ファリャ/ウィギンズ
07 東北代表 仙台吹奏楽団 指揮 : 新田孝 🥈銀賞
課D : コンサート・マーチ「テイク・オフ」
「ハムレット」への音楽 :A.リード
08 北海道代表 札幌市民交響吹奏楽団 指揮 : 坂井繁 🥈銀賞
課B : 嗚呼!
歌劇「サルタン皇帝の物語」 より 3つの奇蹟 :リムスキー=コルサコフ/藤田玄播
09 中国代表 山口ブラスソサエティ 指揮 : 岩崎隆司 🥉銅賞
課D : コンサート・マーチ「テイク・オフ」
交響詩「ローマの松」 :レスピーギ/デューカー
10 東京代表 葛飾吹奏楽団 指揮 : 小野照三 🥇金賞
課A : 吹奏楽のための「変容」
バレエ音楽「三角帽子」 より 粉屋の踊り、終幕の踊り :ファリャ/ヴィンター、ブラム・ウィギンズ
11 関東代表 上尾市民吹奏楽団 指揮 : 蓜島隆夫 🥇金賞
課A : 吹奏楽のための「変容」
バレエ音楽「コッペリア」 :ドリーブ/小長谷宗一
12 東海代表 蒲郡市吹奏楽団 指揮 : 西浦稔 🥇金賞
課B : 嗚呼!
ローマの謝肉祭序曲 :ベルリオーズ/サフラネク

結果は金賞が5、銀賞が4、銅賞が3となりました。金賞が多く出たのは、上位5団体に得点差がほとんどなかったからのようです。課題曲は「テイクオフ」が7団体と半数以上を占めました。そして「変容」と「嗚呼」が2団体、「序曲」も1団体が選択しています。

連続して金賞を受賞した団体はなく、前年度地区大会で涙を呑んだ葛飾吹と蒲郡市吹がそれぞれ3度目、10度目の受賞となりました。創価学会関西は3度目の出場で3度目の金賞、「出れば金賞」が続いています。上尾市民吹は82年に続き2度目、そして市川交響吹が初めての金賞に輝き、5金のスタートを切りました。

音源を探る

創価学会関西吹奏楽団

https://www.nicovideo.jp/watch/sm30460628
https://www.nicovideo.jp/watch/sm7623570

市川交響吹奏楽団

三角帽子(ファリャ) - ニコニコ動画
三角帽子(ファリャ) 音質悪し  1986年全日本吹奏楽コンクール  市川交響吹奏楽団  金賞  テープ音源です。  ...

蒲郡市吹奏楽団

ローマの謝肉祭序曲

残念ながら金賞団体のうち、葛飾吹と上尾市民吹の音源が見つかりませんでした。

実は、当時ソニーから発売されていた1986年一般の部レコードの中でも、葛飾吹の勢いのある気持ちの良いがとても好きで、擦り切れるほど聴いたことを覚えています。これまた見事だった市川交響吹と比べてみたりしていました。ちゃんとデータとして保存しておけばよかったと悔やんでいます。

まとめ

創価学会関西は金管を中心とした持ち前の分厚くオルガンのようなサウンドを活かし、まさにドンピシャの選曲で好演を披露しています。

市川交響吹はテクニシャンが揃っていて実にうまい。アンサンブルも達者で、そして津田雄二郎さんの音楽に対するアプローチが素敵です。プロのような渋い演奏を聞かせてくれています。

1970年代に何度もベルリオーズの作品を採り上げ、今回の謝肉祭も2度目の演奏となった蒲郡市吹は、持ち前のアンサンブル力はもちろんですが、この団体としてはちょっとヤンチャな面も覗かせてくれた魅力的な演奏でした。一般の部のトリにふさわしい好演だったと思います。

Viva! 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました