【吹奏楽】1985/第33回全日本吹奏楽コンクール 大学の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1985年度全日本吹奏楽コンクール大学の部は、北海道1 東北1 関東1 東京2 東海1 関西2 四国1 九州2 の計11団体が出場しました。

この年の課題曲も1976年度から続く全部門共通の4曲が基本とした路線が踏襲されています。

初出場は熊本大学の1団体のみでした。

スポンサーリンク

第33回(昭和60年度、1985年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1985年10月20日
開催場所 福岡サンパレス

課題曲は4曲(AとDが連盟委嘱作品)で全部門共通でした。
課A : Overture FIVE RINGS (三枝成彰)
課B : 吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」 (真島俊夫)
課C : シンフォニック・ファンファーレとマーチ (仲本政国)
課D : ポップ ステップ マーチ (森田一浩)
Aは当時放映されていたNHKの時代劇「宮本武蔵」のオープニングに演奏された曲を吹奏楽曲にアレンジしたものです。

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 関東代表 神奈川大学 指揮 : 小澤俊朗 🥇金賞
課B : 吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 よりモンタギュー家とキャピュレット家、タイボルトの死 :プロコフィエフ/磯崎敦博
02 関西代表 近畿大学 指揮 : 辻井清幸 🥈銀賞
課A : Overture FIVE RINGS
ヒロイック・サガ :ジェイガー
03 四国代表 詫間電波工業高等専門学校 指揮 : 中内茂樹 🥉銅賞
課C : シンフォニック・ファンファーレとマーチ
飛鳥 :櫛田胅之扶
04 関西代表 関西学院大学 指揮 : 山戸進 🥈銀賞
課D : ポップ ステップ マーチ
祝典舞曲 :保科洋
05 北海道代表 北海道教育大学函館分校 指揮 : 寺中哲二 🥉銅賞
課D : ポップ ステップ マーチ
交響組曲「シェエラザード」 より 第4楽章 :リムスキー=コルサコフ/寺中哲二
06 東海代表 三重大学 指揮 : 沖公智 🥈銀賞
課B : 吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」
交響曲第7番 より 第4楽章 :プロコフィエフ/沖公智
07 九州代表 福岡工業大学 指揮 : 鈴木孝佳 🥈銀賞
課D : ポップ ステップ マーチ
小組曲 :A.リード
08 東北代表 岩手大学 指揮 : 高橋和久 🥈銀賞
課B : 吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」
交響的舞曲 より 第3楽章 :ラフマニノフ/佐藤正人
09 九州代表 熊本大学 指揮 : 大森雅岳 🥉銅賞
課B : 吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」
「ハムレット」への音楽 :A.リード
10 東京代表 中央大学 指揮 : 林紀人 🥇金賞
課A : Overture FIVE RINGS
交響詩「禿山の一夜」 :ムソルグスキー/W.シェイファー
11 東京代表 駒澤大学 指揮 : 上埜孝 🥇金賞
課D : ポップ ステップ マーチ
交響詩「海」 より 風と海との対話 :ドビュッシー/上埜孝

結果は金賞が3団体、銀賞が4団体、銅賞が3団体で、神奈川大が2年連続、中央大が2年ぶり2回目、82年の特演以来の出場となった駒澤大が81年以来の金賞を受賞しました。辻井先生に指揮者が代わった前年度特演の近畿大、前年度見事な演奏を披露した三重大はプロコフィエフの青春交響曲を採り上げましたが惜しくも銀賞となりました。

課題曲は「波の見える風景」と「ホップステップマーチ」が4団体ずつ、「宮本武蔵」が2団体、「シンフォニックファンファーレとマーチ」が1団体でした。

音源を探る

神奈川大学

吹奏楽のための交響詩「波の見える風景」

バレエ音楽「ロメオとジュリエット」より【神奈川大】

近畿大学

Overture FIVE RINGS(三枝 成章)
ヒロイック・サガ(R.ジェイガー) HEROIC SAGA

三重大学

交響曲第7番 より 第4楽章

中央大学

Overture FIVE RINGS

交響詩「禿山の一夜」

駒澤大学

ポップ ステップ マーチ

交響詩「海」 より 風と海との対話

まとめ

神奈川大は色彩感のある輝かしいサウンドが真島作品にドンピシャで、こういう演奏を聴くととても気分が高揚しますね。ロメジュリはやや意外な選曲でしたがこの団体ならではの特色を活かした演奏を聴くことができます。

課題曲冒頭のピッコロが印象的な中央大の演奏は、構成がガッチリとして素晴らしいものでした。自由曲ともども、チャンバラや幽霊の乱痴気騒ぎにならずに格調高い演奏に仕上げられていました。そして、この年から連続金賞受賞の快進撃が始まります。

久しぶりの出場となった駒澤大は、人数の少なさをテクニックと音楽の作り方でカバーして余りあるさすがの演奏でした。横綱相撲とはこういうことを言うのではないかと感じました。この年を最後にしばらく全日本のステージから遠ざかることになったのは、大変寂しいことでした。

銀賞の近畿大はジェイガーへの委嘱作品を自由曲に採り上げて意欲的な演奏を聴かせましたし、三重大のプロコもこの曲の面白さを十分に表現していたのではないかと思います。

水準の高かった前年度とは異なるチームも活躍する展開となったこの大会でした。この部門の今後の発展がますます期待されるところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました