【吹奏楽】1984/第32回全日本吹奏楽コンクール 一般の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1984年度全日本吹奏楽コンクール一般の部は、東北と関東が1枠ずつ増えて、北海道1 東北2 関東2 東京1 東海1 北陸1 関西1 中国1 四国1 九州1の計12団体が出場しました。

この年の課題曲も1976年度から続く全部門共通の4曲が基本とした路線が踏襲されています。

初出場は、からす川音楽集団、高松市民吹奏楽団、米沢吹奏楽愛好会の3団体でした。

スポンサーリンク

第32回(昭和59年度、1984年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1984年10月21日
開催場所 名古屋市民会館

課題曲は4曲(AとDが連盟委嘱作品)で全部門共通でした。
課A : 変容―断章 (池上敏)
課B : 吹奏楽のための土俗的舞曲 (和田薫)
課C : シンフォニエッタ (三上次郎)
課D : マーチ・オーパス・ワン (浦田健次郎)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 関東代表 からす川音楽集団 指揮 : 児玉健一 🥇金賞
課D : マーチ・オーパス・ワン
呪文と踊り :チャンス
02 東海代表 蒲郡市吹奏楽団 指揮 : 西浦稔 🥇金賞
課B : 吹奏楽のための土俗的舞曲
交響的断章 :ネリベル
03 北陸代表 福井市吹奏楽団 指揮 : 武曽豊治 🥉銅賞
課C : シンフォニエッタ
第2組曲 より 第3、4楽章 :A.リード
04 関東代表 長岡市吹奏楽団 指揮 : 浅井政尾 🥈銀賞
課D : マーチ・オーパス・ワン
カルミナ・ブラーナ :オルフ/クランス
05 関西代表 尼崎市吹奏楽団 指揮 : 辻井清幸 🥇金賞
課C : シンフォニエッタ
大阪俗謡による幻想曲 :大栗裕
06 東京代表 葛飾吹奏楽団 指揮 : 小野照三 🥇金賞
課C : シンフォニエッタ
交響詩「ローマの祭り」 より チルチェンセス、主顕祭 :レスピーギ/シェイファー
07 中国代表 出雲吹奏楽団 指揮 : 原田実 🥈銀賞
課C : シンフォニエッタ
シンフォニックバンドのための序曲 :兼田敏
08 東北代表 大曲吹奏楽団 指揮 : 田村忍 🥈銀賞
課C : シンフォニエッタ
管楽器と打楽器のための交響曲第2番 より 第2・3楽章 :チャンス
09 北海道代表 札幌市民交響吹奏楽団 指揮 : 坂井繁 🥈銀賞
課B : 吹奏楽のための土俗的舞曲
朝鮮民謡の主題による変奏曲 :チャンス
10 九州代表 佐賀市民吹奏楽団 指揮 : 堤智 🥉銅賞
課D : マーチ・オーパス・ワン
組曲第4番「絵のような風景」 より アンジェラスの鐘、ジプシーの祭り :マスネ/鶴典之
11 四国代表 高松市民吹奏楽団 指揮 : 金川公久 🥉銅賞
課B : 吹奏楽のための土俗的舞曲
天使ミカエルの嘆き :藤田玄播
12 東北代表 米沢吹奏楽愛好会 指揮 : 遠藤敏男 🥉銅賞
課D : マーチ・オーパス・ワン
古いアメリカ舞曲による組曲 より ケーク・ウォーク、ショティッシュ、ラグ :ベネット

結果は金賞4団体、銀賞4団体、そして銅賞が4団体と12団体が3等分された格好になりました。課題曲では「変容ー断章」を演奏した団体はなく、「シンフォニエッタ」が最多の5団体、「マーチオーパスワン」が4団体、「土俗的舞曲」が3団体でした。

この大会では、蒲郡市吹と尼崎市吹という古くから一般の部を支えてきた超ベテランの2団体が揃って金賞に輝きました。また、職場の部で2団体、さらに一般の部でも指揮をされた小野先生のタクトで葛飾吹が2年連続の、そして初出場のからす川音楽集団が見事金賞を受賞しました。

音源を探る

からす川音楽集団

呪文と踊り【からす川音楽集団】

蒲郡市吹奏楽団

交響的断章

尼崎市吹奏楽団

1984年 課題曲C「シンフォニエッタ」【尼崎市吹】

大阪俗謡による幻想曲

出雲吹奏楽団

1984年 課題曲C「シンフォニエッタ」【出雲吹】

蒲郡市吹がオリジナル曲を自由曲とするのは珍しく、プログラムを見たときに我が目を疑ったことを思い出します。個人技術もアンサンブルもレヴェルの高いチームなので、鮮やかな演奏で駆け抜けたのは見事でした。胸をすくような演奏とはこういう演奏なんだと思います。

尼崎市吹は得意の大栗作品はもちろん、課題曲の演奏も大変優れたもので、80年代の初めにはどうなってしまうのかと心配したことがなかったことのような、積極的に聴き手に迫ってくる好演でした。

葛飾吹奏楽団の音源が手許にも残っていないのが残念です。当時は金賞団体の自由曲はすべてレコード収録されていたため、僕も何度もこのレスピーギを聴いたことを覚えています。

まとめ

全日本への出場枠が増え始めて、ベテランチームに加えてニューフェイスが登場するなど、この部門が活況を呈し始めました。

その中でも、名門といわれる蒲郡市吹と尼崎市吹が揃って元気なところを見せて、部門を引っ張っていることがよくわかる大会でした。

Viva! 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました