【吹奏楽】1984/第32回全日本吹奏楽コンクール 職場の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1984年度全日本吹奏楽コンクール職場の部は東北代表の参加がなく、前年度と比べて1団体少ない、北海道1 関東1 東京1 東海1 関西1 中国1 九州1の計7団体が出場しました。

この年の課題曲も1976年度から続く全部門共通の4曲が基本とした路線が踏襲されています。

初出場の団体はなく、前年度まで5年連続金賞を受賞した阪急百貨店吹奏楽団が特別演奏を行ないました。

スポンサーリンク

第32回(昭和59年度、1984年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1984年10月21日
開催場所 名古屋市民会館

課題曲は4曲(AとDが連盟委嘱作品)で全部門共通でした。
課A : 変容―断章 (池上敏)
課B : 吹奏楽のための土俗的舞曲 (和田薫)
課C : シンフォニエッタ (三上次郎)
課D : マーチ・オーパス・ワン (浦田健次郎)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 中国代表 電電中国吹奏楽団 指揮 : 佐藤正二郎 🥈銀賞
課B : 吹奏楽のための土俗的舞曲
スプリング・レイク序曲 :バレンジャー
02 関東代表 日本電気玉川吹奏楽団 指揮 : 稲垣征夫 🥉銅賞
課B : 吹奏楽のための土俗的舞曲
交響曲「メキシコの祭り」 より カーニバル :H.O.リード
03 東京代表 電電東京吹奏楽団 指揮 : 小野照三 🥈銀賞
課C : シンフォニエッタ
第3組曲「バレエの情景」 :A.リード
04 九州代表 ブリヂストン吹奏楽団久留米 指揮 : 小野照三 🥇金賞
課C : シンフォニエッタ
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より 第一幕への前奏曲 :ワーグナー/ウィンターボトム
05 関西代表 松下電工吹奏楽団 指揮 : 森本真佐美 🥉銅賞
課C : シンフォニエッタ
チェスター序曲 :W.シューマン
06 東海代表 ヤマハ吹奏楽団浜松 指揮 : 原田元吉 🥇金賞
課A : 変容―断章
古祀 :保科洋
07 北海道代表 新日鐵室蘭吹奏楽団 指揮 : 山田達夫 🥈銀賞
課D : マーチ・オーパス・ワン
交響曲第9番「新世界から」 より 第4楽章 :ドヴォルザーク/ライゼン
特別演奏
関西支部 大阪府 阪急百貨店吹奏楽団
行進曲「なつかしのパナマ」:アルフォード 喜歌劇「こうもり」序曲:J.シュトラウス/ゴッドフリー 行進曲「サーカス・ビー」:フィルモア

金賞はヤマハ浜松とブリヂストン久留米の2団体、銀賞が3団体、銅賞が2団体でした。課題曲は「変容ー断章」をヤマハが採り上げたほか、ブリヂストンは「シンフォニエッタ」でした。

金賞の数が少ないことは、そのままこの年のこの部門のレヴェルを表しているようでもあり、少々寂しい感じがしないでもありませんね。

電電東京とブリヂストンの2団体を連続して指揮なさった小野先生はどうやって舞台袖に降りて、そして出て来られたのでしょうか。ステージの衣装も気になります。さらに、一般の部でも指揮なさっていますので、まさに獅子奮迅の大活躍でした。

音源を探る

ブリヂストン吹奏楽団久留米

ブリヂストン吹奏楽団久留米 1984年全国大会

ヤマハ吹奏楽団浜松

1984年 課題曲A「変容−断章」【ヤマハ浜松】

阪急百貨店吹奏楽団

なつかしのパナマ Old Panama アルフォード Alford 阪急百貨店吹奏楽団 鈴木竹男 takeo suzuki

喜歌劇「こうもり」序曲

阪急百貨店吹奏楽団 サーカス・ビー 全日本招待演奏

幸運なことにブリヂストンのアナウンスから退場までの動画があり、その演奏の全容を楽しむことができるのは幸せですね。逆に、ヤマハの音源は課題曲のみで残念です。僕自身、音源をきちんと整理しておけば良かったと後悔しています。

特演の阪急の演奏は3曲とも載せることができました。落ち着いて始まった「なつかしのパナマ」、だんだんと勢いを増していく「こうもり」、そして大爆発の「サーカス・ビー」。当時、僕はこの演奏ばかり聴いていたことを思い出しました。

まとめ

この当時、世の中はバブルへまっしぐらの景気で、逆に勤務環境は厳しくなっていき参加団体も少ない中、頑張っておられた職場の部のみなさんには敬意しかありません。ただ、この年の演奏に限って言えば、ヤマハがぶっちぎりの演奏で、全体にはちょっと低調だったのかなという気がしました。

阪急の特演とはいえ、やりたい放題の演奏はその寂しさを吹き飛ばしてくれるものだったと思います。ぜひお楽しみください!

Viva! 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました