【吹奏楽】1983/第31回全日本吹奏楽コンクール 大学の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1983年度全日本吹奏楽コンクール大学の部は、北陸と四国の代表参加がなく、北海道1 東北1 関東1 東京2 東海1 関西2 中国1 九州2 の前年度と比べて2団体少ない計10団体が出場しました。徳山大学が初めての出場となります。

この年の課題曲も1976年度から続く全部門共通の4曲が基本とした路線が踏襲されています。

スポンサーリンク

第31回(昭和58年度、1983年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1983年10月23日
開催場所 宮城県民会館

課題曲は4曲で全部門共通。
B〜Dはいずれも連盟委嘱作品、Aのみが公募入選作品でした。
課A : 吹奏楽のためのインヴェンション第1番 (内藤淳一)
課B : 白鳳狂詩曲 (藤掛廣幸)
課C : カドリーユ (後藤洋)
課D : キューピッドのマーチ(川崎優)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 東海代表 三重大学 指揮 : 沖公智 🥈銀賞
課C : カドリーユ
トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 :J.S.バッハ/ライゼン
02 北海道代表 北海道教育大学函館分校 指揮 : 寺中哲二 🥈銀賞
課A : 吹奏楽のためのインヴェンション第1番
序曲「春の猟犬」 :A.リード
03 関東代表 神奈川大学 指揮 : 小林敏史 🥈銀賞
課C : カドリーユ
フェスティヴァル・ヴァリエーション :C.T.スミス
04 東京代表 中央大学 指揮 : 林紀人 🥇金賞
課A : 吹奏楽のためのインヴェンション第1番
交響組曲「シェエラザード」 より 第4楽章 バグダッドの祭、海、船の難破、終曲 :リムスキー=コルサコフ/林紀人
05 関西代表 近畿大学 指揮 : 森下治郎 🥇金賞
課B : 白鳳狂詩曲
大阪俗謡による幻想曲 :大栗裕
06 東京代表 東海大学 指揮 : 上原圭詞 🥈銀賞
課B : 白鳳狂詩曲
交響曲 より 第1楽章 :松村禎三/上原圭詞
07 関西代表 関西学院大学 指揮 : 菊重隆之 🥈銀賞
課C : カドリーユ
祝典序曲 :クレストン
08 九州代表 鹿児島大学 指揮 : 草野茂生 🥉銅賞
課A : 吹奏楽のためのインヴェンション第1番
幻想交響曲 より サバトの夜の夢 :ベルリオーズ/パレ
09 中国代表 徳山大学 指揮 : 秋本耕二 🥉銅賞
課A : 吹奏楽のためのインヴェンション第1番
交響的舞曲第3番「祭り」 :C.ウィリアムズ
10 東北代表 宮城教育大学 指揮 : 細谷直 🥇金賞
課C : カドリーユ
幻想交響曲 より サバトの夜の夢 :ベルリオーズ/八田泰一

この大会の大学の部には5金特演明けの駒澤大が不出場でした。何か事情があったような噂を耳にした記憶がありますが、不確かなことは記載すべきではないでしょう。また、神奈川大の指揮も78年以来振ってこられた小澤先生ではありませんでした。

全10団体のうち、金賞が3、銀賞が5、銅賞が2という結果となりました。近畿大が見事5年連続金賞を受賞、翌年は特別演奏ということになります。中央大は林先生に代わって初めての金賞受賞で、この後一時代を築くことになります。宮城教育大の指揮はのちに山王中を指導されることになる細谷先生で、初めての金賞に輝きました。

課題曲は「インベンション」が4団体、「白鳳狂詩曲」が2団体、「カドリーユ」が4団体で、「キューピットのマーチ」を演奏した団体はありませんでした。

音源を探る

中央大学

近畿大学

関西学院大学

祝典序曲(クレストン)~1983年全日本吹奏楽コンクール自由曲~

残念ながら、金賞から中央大と近畿大、銀賞の関学大の音源しかありませんでした。

中央大は、思わず林先生の音楽の世界に惹き込まれて、その自然な音楽の流れに身を任せて聴いてしまうという演奏ですね。林先生の退任まで、この素敵な音楽をコンクールで披露してくれることになります。

近畿大は、東洋のバルトークと言われた大栗裕の俗謡を、緻密なアンサンブルでがっちりと聴かせてくれました。関学大は70年、72年に採り上げて以来、約10年ぶりにクレストンの作品を演奏。クレストンらしい洒落た音楽を聴くことができました。

まとめ

中学の部、高校の部と比べて、やや体感温度が低いようなきらいも感じたこの大会の大学の部でした。参加団体の数にも見られるように、年度によってバラツキがあるようにも感じないでもありませんね。そんな中、近畿大のさすがの5金、中央大がこの団体ならではの演奏を披露したことは、本当によかったです。

駒澤大、神奈川大、亜細亜大など、これまで実績のあるチーム含め、次の大会に注目したいと感じた大会でした。

Viva! 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました