【吹奏楽/音源更新】1981/第29回全日本吹奏楽コンクール 中学の部

吹奏楽
スポンサーリンク

音源情報を更新しました。

1981年度全日本吹奏楽コンクール中学の部は80年度同様、、北海道 (2) 東北 (3) 関東 (3) 東京 (2) 北陸 (2) 東海 (3) 関西 (3) 中国 (3) 四国 (1) 西部 (3) の計25団体が出場しました。

この年の課題曲はすべて連盟委嘱作品で、1976年度から続く全部門共通の4曲が基本とした路線が踏襲されています。

初出場は、弘前市立第三中学校、富士市立吉原第一中学校、都城市立祝吉中学校、旭川市立神居中学校、宮崎市立大塚中学校、下関市立玄洋中学校、甲府市立南西中学校、足立区立第十四中学校、松山市立雄新中学校の9校でした。

なお、音源については従来リンクさせて頂いていたアカウントが無効となり、開くことができない音源が多くなってしまい、せっかくご覧頂いたにも拘らずご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。今後はYouTubeに限らずニコニコ動画や手許の資料も活用して、1970年から82年まで順次見直して参りますので、しばらくお時間を頂戴できれば幸甚です。

スポンサーリンク

第29回(昭和56年度、1981年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1981年10月31日
開催場所 東京普門館
課題曲は4曲で全部門共通。
課A : イリュージョン (鵜沢正晴)
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ (櫛田胅之扶)
課C : シンフォニック・マーチ (斉藤正和)
課D : 行進曲「青空の下で」 (坂本智)

課題曲4曲のうちBを除く3曲が公募による入選曲で、採用にあたって「シンフォニックマーチ」は上岡洋一、「青空の下で」は藤田玄播により補作されています。「東北地方の民謡によるコラージュ」は連盟の委嘱により櫛田胅之扶が作曲したもので、「南部牛追い歌」「津軽じょんがら節」「庄内おばこ」「南部二下り甚句」などが素材として使われています。「青空の下で」の最後には短いながらドラムマーチが現れます。

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 関東代表 大月市立大月東中学校 指揮 : 平野廣海 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
歌劇「ファウスト」バレエ音楽より 1・3・終曲 :グノー/藤田玄播
02 東北代表 弘前市立第三中学校 指揮 : 一戸則夫 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
アルメニアン・ダンス・パートII より ロリの歌 :A.リード
03 関東代表 小山市立間々田中学校 指揮 : 藤尾裕 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
エル・サロン・メヒコ :コープランド/ハインズレー
04 東京代表 練馬区立田柄中学校 指揮 : 塚田誠 🥈銀賞
課D : 行進曲「青空の下で」
交響曲 より第4楽章 :矢代秋雄/上原圭詞
05 関西代表 伊丹市立東中学校 指揮 : 永澤譲 🥈銀賞
課C : シンフォニック・マーチ
交響組曲「シェエラザード」 より 第4楽章 バグダッドの祭、海、船の難破、終曲 :リムスキー=コルサコフ/永澤譲
06 東海代表 富士市立吉原第一中学校 指揮 : 佐野良夫 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
交響組曲「シェエラザード」 より 第4楽章 バグダッドの祭、海、船の難破 :リムスキー=コルサコフ/佐野良夫
07 中国代表 出雲市立第二中学校 指揮 : 渡部修明 🥇金賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
バレエ音楽「三角帽子」 より 粉屋の踊り、終幕の踊り :ファリャ/岩井直溥
08 西部代表 都城市立祝吉中学校 指揮 : 椛山達己 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
歌劇「コラ・ブルニョン」序曲 :カバレフスキー/ハンスバーガー
09 東北代表 湯沢市立湯沢南中学校 指揮 : 小西翔一 🥈銀賞
課A : イリュージョン
歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲 :ヴェルディ/サフラネク
10 北海道代表 旭川市立神居中学校 指揮 : 栗山晃 🥇金賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
瞑と舞 :池上敏
11 西部代表 宮崎市立大塚中学校 指揮 : 下之薗制勝 🥈銀賞
課D : 行進曲「青空の下で」
交響曲「メキシコの祭り」 より III. カーニバル :H.O.リード
12 中国代表 下関市立玄洋中学校 指揮 : 竹中俊二 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
幻想交響曲 より サバトの夜の夢 :ベルリオーズ/藤田玄播
13 東海代表 長野市立柳町中学校 指揮 : 内田満 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
交響組曲「寄港地」 より ヴァレンシア :イベール/内田満
14 中国代表 出雲市立第一中学校 指揮 : 錦織雄司 🥈銀賞
課A : イリュージョン
交響組曲「シェエラザード」 より 海とシンドバッドの船 :リムスキー=コルサコフ/錦織雄司
15 関東代表 甲府市立南西中学校 指揮 : 玄間博 🥈銀賞
課D : 行進曲「青空の下で」
祝典序曲 :ショスタコーヴィチ
16 東海代表 島田市立島田第二中学校 指揮 : 首藤栄市 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
トッカータとフーガ ハ長調 :J.S.バッハ/藤田玄播
17 北海道代表 旭川市立常盤中学校 指揮 : 和田昌秀 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
スー族の旋律による変奏曲 :プロイアー
18 関西代表 大阪市立城陽中学校 指揮 : 神出有光 🥇金賞
課D : 行進曲「青空の下で」
バレエ音楽「恋は魔術師」 より パントマイム、火祭りの踊り :ファリャ/藤田玄播
19 東京代表 足立区立第十四中学校 指揮 : 原田徹 🥇金賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
交響詩「海」 より風と海との対話 :ドビュッシー/八田泰一
20 関西代表 西宮市立上甲子園中学校 指揮 : 南広高 🥇金賞
課D : 行進曲「青空の下で」
歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲 :ヴェルディ/サフラネク
21 西部代表 那覇市立石田中学校 指揮 : 屋比久勲 🥈銀賞
課D : 行進曲「青空の下で」
歌劇「ナブッコ」序曲 :ヴェルディ/カイエ
22 東北代表 八戸市立湊中学校 指揮 : 佐藤憲一 🥈銀賞
課B : 東北地方の民謡によるコラージュ
バレエ音楽「三角帽子」 より 終幕の踊り :ファリャ/岩井直溥
23 北陸代表 金津町立金津中学校 指揮 : 武井秀明 🥈銀賞
課D : 行進曲「青空の下で」
シンフォニックバンドのためのパッサカリア :兼田敏
24 四国代表 松山市立雄新中学校 指揮 : 鈴木清 🥈銀賞
課D : 行進曲「青空の下で」
歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲 :ヴェルディ/鈴木清
25 北陸代表 敦賀市立粟野中学校 指揮 : 荒木則通 🥇金賞
課D : 行進曲「青空の下で」
火の伝説 :櫛田胅之扶

1981年度も金賞が6、銀賞が19で銅賞はありませんでした。

課題曲は「イリュージョン」が2、「東北地方の民謡によるコラージュ」が13、「シンフォニックマーチ」が1、「青空の下で」が9で、全体の半数が課題曲Bを選び、その残りの大半が課題曲Dを演奏しました。

出雲二中が確実なアンサンブルと曲作りで3年連続の金賞を受賞。粟野中は前年に続き自由曲に櫛田作品を演奏して、また城陽中も音楽性に磨きをかけて、それぞれ2年連続の金賞に輝きました。神居中は初出場ながら存在感十分な演奏で金賞、同じ初出場の足立十四中も金賞を受賞しました。また、大ベテランの南先生率いる上甲子園中は2度目の全日本で始めての金賞となりました。

YouTubeで音源を探る

大月市立大月東中学校

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

弘前市立第三中学校

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

小山市立間々田中学校

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

練馬区立田柄中学校

練馬区立田柄中学校吹奏楽部 全日本吹奏楽コンクール 金賞

伊丹市立東中学校

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

出雲市立第二中学校

湯沢市立湯沢南中学校

旭川市立神居中学校

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

宮崎市立大塚中学校

下関市立玄洋中学校

玄洋中学校吹奏楽部 第29回全日本吹奏楽コンクール出場「銀賞」

出雲市立第一中学校

島田市立島田第二中学校

旭川市立常盤中学校

大阪市立城陽中学校

行進曲「青空の下で」

1981年 課題曲D 行進曲「青空の下で」【アナウンス付・城陽中】

バレエ音楽「恋は魔術師」より

西宮市立上甲子園中学校

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

那覇市立石田中学校

行進曲「青空の下で」

歌劇「ナブッコ」序曲

松山市立雄新中学校

敦賀市立粟野中学校

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

出雲二中は、堅牢な構成の中でしっかりとしたアンサンブル力を活かし、課題曲では淡々とした音楽の中で抒情溢れる歌が流れる中学生離れした演奏、意外な選曲とも思われる自由曲でも迷いのない曲作りで説得力のある演奏を聴かせています。

城陽中は、明るく輝かしいサウンドを響かせ、持ち前のシャープで切れ味の鋭い語り口と相まって、マーチでは中学生の域を超えた演奏。そして、自由曲でも変化に富んだ自在な音楽を聴かせてくれました。文句なしの素晴らしい演奏だったと思います。

神居中と粟野中は、曲の傾向は異なるものの、ともに邦人作品を自由曲に採り上げ、作品に対する深い共感から積極的な音楽がひき出され、独自の世界を作り上げた結果、非常に説得力の高い演奏になりました。

シチリア島やナブッコなど、この大会でもヴェルディのシンフォニアが自由曲に選ばれています。石田中は結果がとても残念だったと個人的には思いますし、同じ銀賞の松山雄新中のアンサンブルの見事さがとても印象に残っています

また、余談ですが、この年出雲一中は当初バルトークを自由曲としていたそうです。その作品なのかはわかりませんが、著作権の関係で変更を余儀なくされたとのことでした。出雲一中のバルトーク、聴いてみたかったですね。

まとめ

この年も銅賞が出ませんでしたが、結果としては金賞の数が減りました。

レヴェルの如何ではなく、課題曲の顔ぶれや演奏された自由曲の影響もあるのだろうと思います。コンクール向けかどうかということが、またそれの良し悪しについて、この時期盛んに議論されていたようですが、そういう意味ではなくて、ずらっと並んだプログラムを通してどう感じるのかという部分もあるように思いました。

全体のレヴェルは間違いなく上がっていて、その結果線引きが難しくなり、結果的に銅賞が出ない…ということを受けて、翌年から審査方法が変更されることになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Viva! 吹奏楽!
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました