【吹奏楽】1980/第28回全日本吹奏楽コンクール 大学の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1980年度コンクール大学の部は、北海道(1) 東北(1) 関東(1) 東京(2) 東海(1) 関西(2) 西部(2)の計10団体が出場しました。

この年の課題曲はすべて連盟委嘱作品で、1976年度から続く全部門共通の4曲が基本とした路線が踏襲されています。

初出場は、宮城教育大学、文教大学、西南学院大学の3団体でした。

スポンサーリンク

第28回(昭和55年度、1980年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1980年11月9日
開催場所 名古屋市公会堂
課題曲は4曲全部門共通で各々選択。
課A : 吹奏楽のための「花祭り」 (小山清茂)
課B : 吹奏楽のための序曲「南の島から」 (服部公一)
課C : 北海の大漁歌 (岩河三郎)
課D : 行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」 (齋藤高順)

A~Cの3曲はわが国の素材を題材とした曲で、BとCはその名の通り各々沖縄、北海道の旋法、民謡などが使われています。

Aの「花祭り」は一般的にはお釈迦さまの誕生日(4/8)をお祝いする行事を指しますが、この課題曲については、愛知県奥三河の東栄町などの花祭(「花祭」は700年以上続く伝統的な神事で、1976年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。花祭の起源ははっきりとは分かりませんが平安時代に最盛期を迎えた吉野・熊野の修験道が奥三河に暮らす人々に影響をもたらしたと言われています。 東栄町では、毎年11月から3月の冬の寒い時期に町内各地区で花祭は行われます。なぜ、こんな寒い時期に行うのかというと…花祭は霜月祭とも言われ、もとは旧暦の霜月に行われていました。これは、新暦の12月から1月頃にあたり、一年で最も寒い時期です。 冬の間に衰えた太陽と大地の生命力を、花祭を行うことで呼び醒まします(東栄町HPより引用))を題材としているようです。

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 関西代表 関西学院大学 指揮 : 宍戸貴典 🥈銀賞
課B : 吹奏楽のための序曲「南の島から」
パシフィック・セレブレーション組曲 より ページェント :ニクソン
02 東北代表 宮城教育大学 指揮 : 鈴木芳夫 🥈銀賞
課D : 行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」
ディオニソスの祭 :F.シュミット
03 東京代表 中央大学 指揮 : 西村隆 🥉銅賞
課B : 吹奏楽のための序曲「南の島から」
歌劇「グヴァンドリーヌ」序曲 :シャブリエ/菊池光広
04 東京支部 東京都代表 駒澤大学 指揮 : 上埜孝 🥇金賞
課D : 行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」
シンフォニエッタ より Ⅲ、Ⅴ.:ヤナーチェク/上埜孝
05 関西代表 近畿大学 指揮 : 辻井清幸 🥇金賞
課B : 吹奏楽のための序曲「南の島から」
プレリュードとダンス :クレストン
06 東海代表 静岡大学 指揮 : 高倉正巳 🥈銀賞
課D : 行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」
吹奏楽のための「哀歌」 :兼田敏
07 関東代表 文教大学 指揮 : 森村淳史 🥈銀賞
課B : 吹奏楽のための序曲「南の島から」
ディエス・ナタリス :ハンソン
08 西部代表 鹿児島大学 指揮 : 寺師晶 🥉銅賞
課B : 吹奏楽のための序曲「南の島から」
交響曲「X」 :ギリス
09 西部代表 西南学院大学 指揮 : 大倉安幸 🥈銀賞
課D : 行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」
アルメニアン・ダンス・パートI :A.リード
10 北海道代表 北海道教育大学函館分校 指揮 : 寺中哲二 🥈銀賞
課C : 北海の大漁歌
吹奏楽のための交響曲 より 第1楽章 :ジェイガー

大学の部で「花祭り」を課題曲に選んだ団体はなく、「南の島から」が半数の5団体と「オーバー・ザ・ギャラクシー」が4団体、残る1団体が「北海の大漁歌」を選択しています。

駒澤大が4年連続の、そして近畿大が2年連続の金賞に輝きました。初出場の宮城教育大学、文教大学、西南学院大学はいずれも銀賞、前年度金賞だった関西学院大も銀賞、東京から久しぶりに代表となった中央大は銅賞で、金賞2、銀賞6、銅賞2という結果でした。

前年度金賞を受賞した神奈川大が課題曲Dと「道化師の朝の歌」、ベテランの三重大が同じく課題曲Dとブルックナーの交響曲第4番ロマンティックの第3楽章を採り上げていましたが、いずれも支部大会金賞に止まっています。

YouTubeで音源を探る

関西学院大学

吹奏楽のための序曲「南の島から」~1980年全日本吹奏楽コンクール課題曲
組曲「太平洋の祝典」より第3楽章ページェント

駒澤大学

行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」
シンフォニエッタより 駒澤大 全日本吹奏楽コンクール 1980

近畿大学

吹奏楽のための序曲「南の島から」(服部 公一)
プレリュードとダンス 近畿大 全日本吹奏楽コンクール 1980

静岡大学

「オーバー・ザ・ギャラクシー」~1980年全日本吹奏楽コンクール課題曲
吹奏楽のための「哀歌」~1980年全日本吹奏楽コンクール自由曲

鹿児島大学

シンフォニー「X」より~1980年全日本吹奏楽コンクール自由曲

5団体(うち1団体は自由曲だけですが)の音源が見つかりました。レコード収録は金賞団体の自由曲のみでしたので、中学、高校に比べればやや寂しいものの、当時の大学の部をイメージすることができるのではないでしょうか。

駒澤大は例年の人数制限いっぱいのメンバーではなく、50名弱の編成でした。いつもの余裕綽綽さは感じられませんでしたが、マーチにせよ、ヤナーチェクにせよ、曲の言わんとするところを的確に表現した演奏だったと思います。場面場面の変化が素晴らしく、特にシンフォニエッタの最後のガラっと流れが変わる部分など、今聴いても見事です。

もう一つの金賞、近畿大の課題曲は、声部の分離に工夫が見られたり、アーティキュレーションを変えたりと、聴き手によってかなり印象が変わりそうな独特の解釈でした。クレストンは個人的には固い、重いという印象を受けました。細かいところまで完璧で見事でしたが、こちらも個性的な演奏でした。

まとめ

この年から大学以上の部の会場は普門館ではなく、全国で持ち回りということになり、名古屋市公会堂で開催されました。まずはこのホールはとてもデッドな響きで、もっと良いホールがなかったの?と気の毒になってしまいました。

参加チームのレベルが上がり、多才な演奏を楽しむことができるようになってきた大学の部でしたが、この年は顔ぶれが変わったこともあって、内容的にはやや寂しい大会になったように思います。そんな中で初出場の文教大学や中央大学の復活など、80年代以降充実を見せたこの部門の幕開けの年ということもいえそうですね。

Viva! 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました