【吹奏楽】1977/第25回全日本吹奏楽コンクール 職場の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1977年度コンクール職場の部は、北陸、四国支部からの代表はありませんでしたが、そのほかの8支部の団体が参加しました。

この年の課題曲は前年度の全部門共通から「中学校の部」「それ以外」「全部門共通」が各々1曲、そして小編成用が1曲となり、大編成では中学校の部とそれ以外が各々2曲から選択することになりました。1974年度以降の課題曲の対象、選定についての試行錯誤が続いています。

スポンサーリンク

第25回(昭和52年度、1977年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1977年11月4、5日
開催場所 東京杉並普門館
課題曲は4曲(Aが中学、Bが高校以上、Cが全部門共通、Dが小編成部門用)で各々選択。
課A : 吹奏楽のための「ドリアン・ラプソディー」 (桑原洋明)
課B : 吹奏楽のためのバーレスク (大栗裕)
課C : ディスコ・キッド (東海林修)
課D : 行進曲「若人の心」(藤田玄播)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 東京代表 ヤマハ吹奏楽団東京 指揮 : 高倉正巳 🥈
課B : 吹奏楽のためのバーレスク
シンフォニー・イン・スリー・イメージズ より 第3楽章 サン・ミュージック :ラッセル
02 北海道代表 新日鐵室蘭吹奏楽団 指揮 : 小田才助 失格
課B : 吹奏楽のためのバーレスク
英雄行進曲 :サン=サーンス
03 関西代表 阪急百貨店吹奏楽団 指揮 : 鈴木竹男 🥈
課B : 吹奏楽のためのバーレスク
交響曲第5番 より 第4楽章 :チャイコフスキー/鈴木竹男
04 中国代表 電電中国吹奏楽団 指揮 : 佐藤正二郎 🥉
課B : 吹奏楽のためのバーレスク
交響曲「メキシコの祭り」 より 前奏曲とアズテック・ダンス :H.O.リード
05 東海代表 ヤマハ吹奏楽団浜松 指揮 : 原田元吉 🥇
課B : 吹奏楽のためのバーレスク
カタストロフィ :保科洋
06 関東代表 日本電気相模原吹奏楽団 指揮 : 金井一文 🥉
課C : ディスコ・キッド
組曲「コーカサスの風景」 より 回教寺院にて、酋長の行列 :イワーノフ/金井一文
07 東北代表 新日本製鉄釜石製鉄所吹奏楽団 指揮 : 西村昌次 🥉
課C : ディスコ・キッド
交響曲第4番 より 第4楽章 :チャイコフスキー
08 西部代表 ブリヂストンタイヤ久留米工場吹奏楽団 指揮 : 山口清高 🥇
課C : ディスコ・キッド
ブラス・オーケストラのための「行列幻想」より 第3楽章 そして男と女の行列 :團伊玖磨/時松敏康

8団体中、金賞が2団体、銀賞2、銅賞3、そして残念なことに1団体が失格という結果になりました。課題曲はBが5団体、Cが3団体で、Bを選択したヤマハ浜松と、Cを演奏したブリヂストン久留米が金賞に輝きました。ブリヂストンは例年の小山先生に代わって山口さんが指揮をされています。

この大会では、阪急百貨店が創設18年目にして初めて銀賞という結果に終わりました。不参加の年もありましたが、参加した大会ではいずれも1位あるいは金賞でしたから「どんな演奏だったのか」と話題になりました。

YouTubeで音源を探る

阪急百貨店

 

ヤマハ吹奏楽団浜松

吹奏楽の為のカタストロフィ ヤマハ吹浜松 全日本吹奏楽コンクール 1977

ブリヂストンタイヤ久留米

ディスコ・キッド ブリヂストン吹 全日本吹奏楽コンクール 1977 課題曲
行列幻想 第3楽章 ブリヂストン吹 全日本吹奏楽コンクール 1977

音源が少ないのは寂しいですね。

ブリヂストンは輝かしいサウンドで自由曲を聴かせています。ディスコ・キッドもパワーとスマートさの両方を兼ね備えた演奏でした。ヤマハの演奏は、制限時間の関係か保科作品がややクシャッとした印象を受けないでもないのは、メカ面が磐石なだけに少しだけ残念でした。

阪急百貨店はいつもの「いてまえ〜」が影を潜めてしまったのが何よりも残念でした。課題曲もディスコキッドだろうと思っていたら、まさかのバーレスク(笑)でしたし。チャイコの方は、制限時間の中でできるだけ色んな要素を取り込もうとしたカットでしたが、それが却って不自然な流れを作ってしまったかも知れません。冒頭の荘厳さは素晴らしかったのですが…

まとめ

この当時、次第に企業内の楽団運営が厳しくなっていく中で、踏ん張って練習なさっていた姿勢には本当に頭が下がります。そして、ここでへこたれることなく、もう一踏ん張りがあって、ベテランチームはもちろん、新たなチームにも素敵な演奏が出てくることになります。

Viva! 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました