【吹奏楽】1976/第24回全日本吹奏楽コンクール 高等学校の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1976年度コンクール高校の部の代表枠は、北海道2、東北3、関東3、東京1、北陸1、東海2、関西3(前年度比+1)、中国1、四国1、西部2の19となり、全日本コンクール主催地区枠1を加えて20団体が出場しました。その結果、関東地区からは4団体が出場しています。

この年の課題曲は前年度の「中学校の部」と「それ以外」の区分から再び全部門共通となり、公募入選作品2曲と委嘱作品2曲(うち1曲はポップス系)計4曲の中から各々の団体が選択する方法に変わりました。1974年度以降の課題曲の対象、選定についての試行錯誤が続いています。

初出場は、岩手県立釜石南高校 長崎市立長崎商業高校 新潟県立三条商業高校、尼崎市立尼崎東高校の4校でした。

スポンサーリンク

第24回(昭和51年度、1976年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1976年11月7日
開催場所 神奈川県民ホール
課題曲は4曲、全部門共通でA・B・C・Dから各団体が選択。
課A : 即興曲 (後藤洋)
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲 (藤掛廣幸)
課C : カンティレーナ (保科洋)
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」 (岩井直溥)

この年も課題曲の参考音源として連盟よりプロの吹奏楽団の演奏による参考演奏のカセットテープの発売されました。

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 関西代表 大阪府立淀川工業高等学校 指揮 : 丸谷明夫 🥈
課A : 即興曲
ハンガリー狂詩曲第2番 :リスト
02 関東代表 逗子開成高等学校 指揮 : 西野明男 🥉
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
バレエ組曲「ロデオ」より カウボーイの休日 :コープランド
03 東北代表 岩手県立釜石南高等学校 指揮 : 池田肇 🥉
課C : カンティレーナ
歌劇「イーゴリ公」より ダッタン人の踊り :ボロディン/池田肇
04 四国代表 香川県立観音寺第一高等学校 指揮 : 村山英一 🥉
課A : 即興曲
歌劇「さまよえるオランダ人」序曲 :ワーグナー
05 西部代表 福岡県立嘉穂高等学校 指揮 : 竹森正貢 🥉
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
リシルド序曲 :パレ
06 関東代表 群馬県立前橋商業高等学校 指揮 : 大木隆明 🥉
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
交響組曲「野人」 :渡邊浦人/大木隆明
07 東北代表 秋田県立花輪高等学校 指揮 : 佐藤修一 🥈
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
交響詩「魔法使いの弟子」 :デュカス/佐藤修一
08 東京代表 玉川学園高等部 指揮 : 高浪晋一 🥇
課C : カンティレーナ
三つの夜想曲 より 祭り :ドビュッシー/高浪晋一
09 東海代表 静岡県立浜松工業高等学校 指揮 : 遠山詠一 🥉
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
朝の歌 :増田宏三
10 東北代表 秋田県立秋田南高等学校 指揮 : 高橋紘一 🥇
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
バレエ組曲「ペトルーシュカ」より 第4場面 :ストラヴィンスキー/天野正道
11 西部代表 長崎市立長崎商業高等学校 指揮 : 谷口豊 🥉
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
ロシア聖歌と踊り :ネリベル
12 関東代表 新潟県立三条商業高等学校 指揮 : 松崎仁 🥉
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
組曲「惑星」 より 天王星 :ホルスト/榊原栄
13 北海道代表 室蘭大谷高等学校 指揮 : 児玉宏文 🥉
課A : 即興曲
歌劇「ローエングリン」より エルザの大聖堂への行列 :ワーグナー
14 東海代表 名古屋電気高等学校 指揮 : 松井郁雄 🥉
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
歌劇「リエンツィ」序曲 :ワーグナー/ゴドフリー
15 北海道代表 北海道函館中部高等学校 指揮 : 阿部哲治 🥉
課C : カンティレーナ
交響曲「メキシコの祭り」より III. カーニバル :H.O.リード
16 関西代表 尼崎市立尼崎東高等学校 指揮 : 馬場武彦 🥉
課C : カンティレーナ
交響曲第2番 より 終楽章 :シベリウス/馬場武彦
17 関東代表 千葉県立銚子商業高等学校 指揮 : 小澤俊朗 🥇
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
交響組曲「寄港地」より チュニス~ネフタ、バレンシア :イベール
18 中国代表 島根県立出雲高等学校 指揮 : 金本克康 🥈
課A : 即興曲
狂詩曲「スペイン」 :シャブリエ
19 北陸代表 富山県立富山商業高等学校 指揮 : 坪島照信 🥉
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
組曲「ハーリ・ヤーノシュ」より 戦争とナポレオンの敗北、皇帝と廷臣たちの入場 :コダーイ/上埜孝
20 関西代表 天理高等学校 指揮 : 谷口眞 🥉
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
皇太子のための祝典音楽

出場20団体のうち、金賞3。銀賞3、銅賞14と前年度(金4、銀5、銅10)やこの年の中学校の部(金3、銀5、銅12)と比べても大変厳しい結果となりました。課題曲の選択はAが4、Bが9、Cが4、Dが3と、ほぼ半数のチームがBを演奏しています。

金賞団体は玉川学園が5度目の出場で初めての金賞、秋田南高校が3度目の出場で前年度の銅賞から見事に金賞を射止め、また銚子商高は4年連続金賞に輝きました。金賞受賞校の自由曲は、各々ドビュッシー(夜想曲)、ストラヴィンスキー(ペトルーシュカ)、イベール(寄港地)と近現代の作品(当時)が並びました。

銀賞受賞校は淀川工業、花輪、出雲の各高校で淀工と出雲高の課題曲はAでした。課題曲でAを選択して金賞を受賞したチームは全部門通じてありませんでしたが、淀工の演奏はソニーのレコードにも収録されています。

なお、課題曲Aの作曲者は当時高校3年生(応募当時は2年生、秋田県立横手高校)だった、現在作曲家として活躍なさっている後藤洋さんです。

YouTubeで音源を探る

淀川工業高校

即興曲 淀川工業 全日本吹奏楽コンクール 1976 課題曲

前橋商業高校

交響組曲「野人」 前橋商業 全日本吹奏楽コンクール 1976

花輪高校

交響詩「魔法使いの弟子」 花輪高 全日本吹奏楽コンクール 1976

玉川学園高等部

「三つの夜想曲」より 玉川学園高 全日本吹奏楽コンクール 1976

浜松工業高校

吹奏楽の為の「朝の歌」 浜松工業 全日本吹奏楽コンクール 1976

秋田南高校

バレエ組曲「ペトルーシュカ」より 秋田南高 全日本吹奏楽コンクール 1976

銚子商業高校

交響組曲「寄港地」より 銚子商業 全日本吹奏楽コンクール 1976

出雲高校

即興曲 出雲高 全日本吹奏楽コンクール 1976 課題曲
狂詩曲「スペイン」 出雲高 全日本吹奏楽コンクール 1976

富山商業高校

メインストリートで 富山商業高校吹奏楽部

天理高校

秋田南高校のペトルーシュカの冒頭は衝撃的でした。濃密かつ色彩感溢れるサウンドは、高橋先生の時代のこのチームNo.1のものではないかと思われます。緻密なアンサンブルでしっかりと組み立てられ、ストーリー性豊かな構成も見事でした。

この年の銚子商は貫禄の演奏で、課題曲、自由曲ともに素晴らしく、2曲通じて聴かれた色彩感豊かかつしなやかなサウンドは全部門通じて随一でした。審査員をなさっていた音楽評論家の大木正興さんが「これからの吹奏楽は銚子商業を範とすべし」と仰ったというのは宜なるかなと思います。

初めての金賞となった玉川学園のドビュッシーは弦楽器のボウイングなどの表現で管楽器では難しい箇所に工夫が施されていて、それが違和感なく演奏されていて、管打楽合奏のための曲に仕上げていました。自由曲の全編を通じて聴かれた統一されたアーティキュレーションによる律動感は、素晴らしいものでした。

淀工や花輪高も好演でしたが、銀賞に止まってしまったのは本当に惜しく、勿体ないと思いました。全体を通じた個人的な印象ですが、課題曲Bを選択した団体は、冒頭のホルンとトランペットのファンファーレが決まらないと、あとは聴いてもらえないという感じを受けました。そして、前橋商業や浜松工業のように、自由曲で良い演奏をしても挽回のチャンスはなかったようです。

天理高校の課題曲の構成は素晴らしく、関西大会ではその音楽的な展開、変化を楽しむことができたのですが、全日本ではファンファーレのミスが全体のバランスを崩してしまい、その良さを発揮できないまま曲が終わってしまったのは本当に残念でした。自由曲では持ち直して良い演奏だったのですが、バンドジャーナルの講評では「選曲ミス」と断じられてしまいました。ちなみに、関西大会では同じ方の講評で「格調高い演奏」と評価されていました…

また、大木さんがバンドジャーナルに、大音響を終日聴かされるこの審査は苦行と書いておられた通り、本格的な音かどうかに拘らず「大きな音=×」という図式もあったような気がします。耳を塞ぎたくなったなどと講評してしまうのはどうなのかなと個人的には思いました。

まとめ

この大会では金賞団体によって近現代作品が自由曲として採り上げられ、かつ素晴らしい演奏を披露された一つの歴史的なコンクールでした。

一方で結果には繋がらなかったものの、邦人作品などこだわりのある選曲をするチームも出てきており、その意味でも大きな転換点となった大会ではなかったかと思います。

翌年は東京の普門館が会場となり「聖地」としてのスタートを切ることになります。

Viva 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました