【吹奏楽/音源更新】1976/第24回全日本吹奏楽コンクール 職場・一般の部

吹奏楽
スポンサーリンク

音源情報を更新しました。

1976年度コンクール高校の部の代表枠は、北海道2、東北3、関東3、東京1、北陸1、東海2、関西3(前年度比+1)、中国1、四国1、西部2の19となり、全日本コンクール主催地区枠1を加えて20団体が出場しました。その結果、関東地区からは4団体が出場しています。

この年の課題曲は前年度の「中学校の部」と「それ以外」の区分から再び全部門共通となり、公募入選作品2曲と委嘱作品2曲(うち1曲はポップス系)計4曲の中から各々の団体が選択する方法に変わりました。1974年度以降の課題曲の対象、選定についての試行錯誤が続いています。

初出場は、倉敷グリーンハーモニー吹奏楽団 響南中OB吹奏楽団、旭川交響吹奏楽団の3団体でした。

なお、音源については従来リンクさせて頂いていたアカウントが無効となり、開くことができない音源が多くなってしまい、せっかくご覧頂いたにも拘らずご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。今後はYouTubeに限らずニコニコ動画や手許の資料も活用して、1970年から82年まで順次見直して参りますので、しばらくお時間を頂戴できれば幸甚です。

スポンサーリンク

第24回(昭和51年度、1976年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1976年11月6、7日
開催場所 神奈川県民ホール
課題曲は4曲、全部門共通でA・B・C・Dから各団体が選択。
課A : 即興曲 (後藤洋)
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲 (藤掛廣幸)
課C : カンティレーナ (保科洋)
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」 (岩井直溥)

この年も課題曲の参考音源として連盟よりプロの吹奏楽団の演奏による参考演奏のカセットテープが発売されました。

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

職場の部

01 中国代表 電電中国吹奏楽団 指揮 : 佐藤正二郎 🥈
課A : 即興曲
ドラマティコ :マクベス
02 北陸代表 福井銀行吹奏楽団 指揮 : 武曽豊治 🥉
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
交響的序曲 :カーター
03 東京代表 ヤマハ吹奏楽団東京 指揮 : 高倉正巳 🥈
課A : 即興曲
サーカス序曲 :W.シューマン/D.オーエン
04 西部代表 ブリヂストンタイヤ久留米工場吹奏楽団 指揮 : 小山卯三郎 🥇
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
歌劇「さまよえるオランダ人」序曲 :ワーグナー
05 北海道代表 新日鐵室蘭吹奏楽団 指揮 : 村田清治 🥉
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
吹奏楽のためのエレジー :木村雅信
06 東北代表 新日本製鉄釜石製鉄所吹奏楽団 指揮 : 二瓶彰記 🥉
課C : カンティレーナ
序曲「海賊」 :ベルリオーズ
07 関西代表 阪急百貨店吹奏楽団 指揮 : 鈴木竹男 🥇
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
謝肉祭序曲 :ドヴォルザーク/鈴木竹男
08 東海代表 ヤマハ吹奏楽団浜松 指揮 : 原田元吉 🥇
課C : カンティレーナ
シンフォニックバンドのためのパッサカリア :兼田敏
09 関東代表 日本電気相模原吹奏楽団 指揮 : 金井一文 🥉
課A : 即興曲
シンフォニア・ノビリッシマ :ジェイガー

四国代表を除く出場9団体のうち金賞は3団体、 銀賞が2、銅賞が4という結果となりました。
課題曲別ではAが3、Bが2、Cが2、Dが2で、Bを演奏した阪急百貨店、Cのヤマハ吹奏楽団浜松、Dのブリヂストン久留米が金賞を受賞しています。

一般の部

01 東海代表 蒲郡市吹奏楽団 指揮 : 鈴木一夫 🥈
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
スペイン奇想曲 より 第3、4、5楽章 :リムスキー=コルサコフ/ウィンターボトム
02 四国代表 松山市民吹奏楽団 指揮 : 永田粋睦 🥉
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
フェスティーヴォ :ネリベル
03 東北代表 郡山吹奏楽団 指揮 : 斎藤和夫 🥉
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
序曲「フィンガルの洞窟」 :メンデルスゾーン
04 北陸代表 金沢吹奏楽研究会 指揮 : 村上進 🥉
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
序曲「ルイ・ブラス」 :メンデルスゾーン/J.ロバーツ
05 中国代表 倉敷グリーンハーモニー吹奏楽団 指揮 : 佐藤道郎 🥉
課B : 吹奏楽のための協奏的序曲
あの水平線の彼方に :岩井直溥
06 西部代表 響南中学校OB吹奏楽部 指揮 : 成清勝 🥈
課C : カンティレーナ
交響曲第104番「ロンドン」 より 第1楽章 :F.ハイドン/M.アイザック
07 関東代表 長岡市吹奏楽団 指揮 : 浅井政尾 🥈
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
交響曲「メキシコの祭り」 より 前奏曲とアズテック・ダンス :H.O.リード
08 関西支部 兵庫県代表 尼崎市吹奏楽団 指揮 : 辻井清幸 🥇
課C : カンティレーナ
歌劇「運命の力」序曲 :ヴェルディ/木村吉宏
09 東京支部 東京都代表 瑞穂青少年吹奏楽団 指揮 : 牟田久寿 🥇
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
ジュビラント序曲 :A.リード
10 北海道代表 旭川交響吹奏楽団 指揮 : 仁木英雄 🥇
課D : ポップス描写曲「メイン・ストリートで」
歌劇「タンホイザー」序曲 :ワーグナー

全支部からの代表が揃いました。10団体中、金賞は3、銀賞が3、銅賞が4団体と割れました。

課題曲ではAを採り上げた団体はなく、Bが3団体、Cが2団体でした。そして、Dを半数の5団体によって演奏されたのは、この当時の一般の部らしく、音楽を楽しもうという雰囲気が感じられるようです。

音源を探る

ブリヂストンタイヤ久留米

ポップス描写曲「メイン・ストリートで」

歌劇「さまよえるオランダ人」序曲

阪急百貨店

吹奏楽のための協奏的序曲

謝肉祭序曲

ヤマハ吹奏楽団浜松

カンティレーナ

尼崎市吹奏楽団

カンティレーナ

歌劇「運命の力」序曲

瑞穂青少年吹奏楽団

ポップス描写曲「メインストリートで」 瑞穂青少年吹奏楽団

ジュビラント序曲

旭川交響吹奏楽団

【吹奏楽】旭川交響吹奏楽団 課題曲D ポップス描写曲「メインストリートで」
歌劇タンホイザー序曲  旭川交響吹奏楽団

あまり音源が見つからず寂しいですが、ブリヂストンの演奏は風格のある大人の演奏ですね。改めて聴いて、音量が落ちずどんどん大きくなっていく(BJ誌の講評)ようには、少なくとも僕の耳には聴こえませんでした。

阪急百貨店の課題曲というよりも、関西代表全体にいえることですが、前奏とコーダをゆっくりと重々しく演奏せずに、淡々と運んでいるのは他の地区の代表と一線を画しているように思います。ドヴォルザークの謝肉祭では華やかな阪急らしい演奏を披露しています。最後の最後、下降してきて再び上昇していく部分でタンバリンの音が一つ余計なのは、未だに僕の中では謎です(笑)荒っぽいということも言われたようですが、これくらいの勢いがあった方が、阪急らしくて好き。

課題曲は保科作品、自由曲は兼田作品を採り上げて、いずれも素晴らしい演奏を聴かせたヤマハ浜松。この選曲の意図についてお話しを伺いたいと今でも思います。我々の世代には吹奏楽の二大巨匠であったお二方の作品をペアで聴けたのは幸せなことでした。

尼崎市吹奏楽団の「運命の力」のアレンジは木村先生によるものでした。このアレンジは僕も演奏したことがありますが、当時のクラリネット奏者にとっては鬼畜的な難しさがありました。複雑に絡むパッセージを鮮やかに演奏してゴージャスなサウンドを響かせているのはさすが尼吹ですし、このオペラの悲劇性を暗示するような音楽作りも見事でした。

瑞穂青少年吹奏楽団は、課題曲、自由曲ともにこの団体らしい若々しく溌剌とした素敵な演奏でした。ひょっとすると「金賞取り返してやる!」と思われていたのかも知れませんが、そんな感じをまったく受けない、コンクールということを忘れてしまうようなステージだったのではないでしょうか。後にジュビラントを演奏したときに、何度も聴き返した演奏です。

旭川交響吹奏楽団、特にタンホイザーの冷静さには凄みすら感じました。このときのメンバーの方から伺ったのですが、この年は創立5年目でメンバーはほとんど高校生だったそうです。旭川青少年という楽団がありながら、こんなに素敵な演奏をする団体が生まれる旭川の凄みも同時に感じました。この演奏の「ヴェーヌスの讃歌」は本当にスマートで格好良いんですよね。全曲カットなしで聴きたい演奏です。

まとめ

中学の部、高校の部では大きな変化があったこの年でしたが、大人の部はどっしり構えて自分たちの音楽を披露したという印象でした。

個人的にはこの年の職場、一般の金賞団体の演奏は、今でも繰り返し聴くことが多いです。年代ということもありますが、いつも元気をもらっています。

Viva! 吹奏楽!
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました