【吹奏楽/音源更新】1975/第23回全日本吹奏楽コンクール 中学校の部

吹奏楽
スポンサーリンク

音源情報を更新しました。

1975年度コンクール中学の部の代表枠は、北海道2、東北3(前年度比+1)、関東3(同+1)、東京1、北陸1、東海2(同+1)、関西2、中国1、四国1、西部2(同+1)の18となり、全日本コンクール主催地区枠1を加えて19団体が出場しました。その結果、東北地区からは4団体が出場しています。

この年の課題曲は前年度の「全部門共通」から、それ以前の「中学校の部」と「それ以外」の区分に戻り、、各々2曲(うち1曲はポップス系)の中から各々の団体が選択する方法に変わりました。1974年度以降の課題曲の対象、選定についての試行錯誤が続いています。

初出場は、山形市立第三中学校 紋別市立紋別中学校 十文字町立十文字中学校、板橋区立赤塚第三中学校、横浜市立港南中学校、秋田市立城南中学校の6校でした。

また、前年度まで5年連続金賞を受賞した西宮市立今津中学校、豊島区立第十中学校が特別演奏を行いました。

なお、音源については従来リンクさせて頂いていたアカウントが無効となり、開くことができない音源が多くなってしまい、せっかくご覧頂いたにも拘らずご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。今後はYouTubeに限らずニコニコ動画や手許の資料も活用して、1970年から82年まで順次見直して参りますので、しばらくお時間を頂戴できれば幸甚です。

スポンサーリンク

第23回(昭和50年度、1975年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1975年11月3日
開催場所 秋田県民会館
課題曲
課A : 吹奏楽のための小前奏曲 (郡司孝)
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」 (岩井直溥)
課C : 吹奏楽のための練習曲 (小林徹)
課D : 吹奏楽のためのシンフォニック・ポップスへの指標 (河辺公一)
この年より課題曲の参考音源として連盟よりプロの吹奏楽団の演奏による参考演奏のカセットテープの発売が開始されています。

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 東北代表 山形市立第三中学校 指揮 : 梅津庄四郎 🥉
課A : 吹奏楽のための小前奏曲
交響曲第5番 より第4楽章 :ショスタコーヴィチ
02 東海代表 由比町立由比中学校 指揮 : 小倉義典 🥉
課A : 吹奏楽のための小前奏曲
序曲「インペラトリクス」 :A.リード
03 北海道代表 紋別市立紋別中学校 指揮 : 浜幸雄 🥉
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
ハンガリー狂詩曲第2番 :リスト
4東北支部 秋田県代表 秋田市立山王中学校 指揮 : 木内博 🥇
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
バレエ音楽「三角帽子」より 粉屋の踊り、終幕の踊り :ファリャ/木内博
05 関東代表 富士吉田市立明見中学校 指揮 : 平野廣海 🥉
課A : 吹奏楽のための小前奏曲
歌劇「アルジェのイタリア女」序曲 :ロッシーニ
06 東北代表 十文字町立十文字中学校 指揮 : 佐藤伸 🥉
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
リシルド序曲 :パレ
07 北海道代表 滝川市立江陵中学校 指揮 : 松浦真 🥉
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
歌劇「タンホイザー」序曲 :ワーグナー
08 東海代表 吉良町立吉良中学校 指揮 : 藤浦治志 🥉
課A : 吹奏楽のための小前奏曲
ローマの謝肉祭序曲 :ベルリオーズ/サフラネク
09 東京代表 板橋区立赤塚第三中学校 指揮 : 磯和利 🥉
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
マスク :マクベス
10 中国代表 出雲市立第一中学校 指揮 : 渡部修明 🥇
課A : 吹奏楽のための小前奏曲
交響組曲「シェヘラザード」より第4楽章 バグダッドの祭、海、船の難破 :リムスキー=コルサコフ
11 西部代表 那覇市立石田中学校 指揮 : 屋比久勲 🥈
課A : 吹奏楽のための小前奏曲
トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 :J.S.バッハ
12 関西代表 大阪市立菫中学校 指揮 : 東礼子 🥉
課A : 吹奏楽のための小前奏曲
コラールとカプリチオ :ジョヴァンニーニ
13 関東代表 糸魚川市立糸魚川中学校 指揮 : 福田伊治 🥉
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
祝典序曲 :ショスタコーヴィチ/ハンスバーガー
14 西部代表 那覇市立那覇中学校 指揮 : 久高友之 🥈
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
ハンガリー狂詩曲第1番 :リスト
15 関西代表 三木市立三木中学校 指揮 : 長谷川知 🥉
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
シンフォニア・ノビリッシマ :ジェイガー
16 関東代表 横浜市立港南中学校 指揮 : 唯井敏郎 🥉
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
序曲ハ調 :カテル/R.ゴールドマン、R.スミス
17 四国代表 徳島市富田中学校 指揮 : 糸谷安雄 🥇
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
吹奏楽のための神話(天岩屋戸の物語による) :大栗裕
18 東北代表 秋田市立城南中学校 指揮 : 大越寿 🥈
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
幻想交響曲 より V. サバトの夜の夢 :ベルリオーズ
19 北陸代表 丸岡町立丸岡中学校 指揮 : 清水八洲男 🥈
課B : ポップス・オーバーチュア「未来への展開」
スラヴ行進曲 :チャイコフスキー/ゴドフリー
特別演奏
東京都 豊島区立第十中学校
「ファウストの劫罰」よりハンガリー行進曲:ベルリオーズ、歌劇「イーゴリ公」よりダッタン人の踊り:.ボロディン、イエスタディ・ワンス・モア:カーペンターズ、 (アンコール)「幸せの黄色いリボン」
兵庫県 西宮市立今津中学校
バイエルン行進曲:A.シェルツァー/木村吉宏、メダリオン行進曲:H.モーティナル、煙が目にしみる:岩井直溥編、星条旗よ永遠なれ:スーザ/木村吉宏、ハイデックスブルグ万歳:ヘルツァー

前年度1974年に5校の金賞が出た中学校の部でしたが、この年は厳しく金賞3、銀賞4、そして銅賞が12団体も出ました。

バンドジャーナルの記者座談会のようなもので「いくら今津と豊島第十が特演だからといって、金賞3つというのは厳しすぎるんじゃないか。自分の見立てではあと3校はあったと思う」というような発言もありました。

課題曲の選定ではAが7団体、Bが12団体で、岩井先生のポップスが好んで演奏されたようです。

山王中はこの年は未来への展開とファリャの三角帽子で明るく楽しい演奏を聴かせて金賞、出雲一中は精緻なアンサンブルで課題曲Aとシェヘラザードを演奏していよいよ渡部先生のワールドが花開いた感がありました。また、初めて金賞を受賞した富田中はこれまでの選曲から変わって大栗裕の「神話」で緊張感溢れる演奏を聴かせました。

音源を探る

秋田市立山王中学校

ポップスオーバーチュア「未来への展開」

バレエ音楽「三角帽子」より

滝川市立江陵中学校

江陵中学校吹奏楽部 課題曲 岩井直溥作曲 ポップスオバーチュア「未来への展開」自由曲 R.ワーグナー作曲 歌劇「タンホイザー」序曲(1975)

出雲市立第一中学校

吹奏楽のための小前奏曲

交響組曲「シェエラザード」第4楽章

糸魚川市立糸魚川中学校

ポップスオーバーチュア「未来への展開」(‪岩井直溥‬)糸魚川中学校吹奏楽部 指揮:福田伊治
祝典序曲(ショスタコビッチ)

三木市立三木中学校

ポップスオーバーチュア「未来への展開」

1975年 三木市立三木中学校吹奏楽部  シンフォニア・ノビリッシマ

徳島市富田中学校

ポップスオーバーチュア「未来への展開」 徳島市立富田中学校

丸岡町立丸岡中学校

ポップスオーバーチャー 未来への展開 全日本吹奏楽コンクール

豊島区立第十中学校

ラコッツィ行進曲

歌劇「イーゴリ公」よりダッタン人の踊り

西宮市立今津中学校

華麗なる招待演奏~1975年今津中学校吹奏楽部(1/2)
華麗なる招待演奏~1975年今津中学校吹奏楽部(2/2)

星条旗よ永遠なれ

あまり音源は見つからなかったものの、これで銅賞は厳しいのではないかと思う演奏があるような気がしました。

金賞を受賞した3校は各々個性的な演奏でした。山王中は地の利も活かして、普段の練習通りの実力を発揮、特に「生きた音楽」が素晴らしく、聴き手の心に迫る演奏を繰り広げています。三角帽子のホタのキーはやはりCじゃないとしっくりこないですよね。出雲一中は物語を語りかけてくるような丁寧な演奏でありながら、ダイナミックでもありスケールの大きな演奏を聴くことができました。富田中は新境地とも言える意欲的な選曲ですが、このチームのカラーにとても良く合っていましたし、共感を持った演奏は説得力がありました。

まとめ

プログラム10番までの間に金賞は2校出ましたが、銀賞が1校もなく銅賞ばかりが続く審査結果は、今改めて見てもとても厳しいなと感じました。ただ、特演2校が不在だったからレヴェルが低いということではなかったということは、この音源を聴いてもわかりますし、翌年の大飛躍への序章だったように思います。

Viva! 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました