【吹奏楽】1973/第21回全日本吹奏楽コンクール 中学校の部

吹奏楽
スポンサーリンク

1973年度第21回大会は名古屋市民会館で開催されました。この大会の中学の部、高校の部では、主催開催支部の代表団体が2つとなり、東海地区の代表が2団体出場しています。

課題曲は中学校の部は兼田敏さんの「吹奏楽のための寓話」、高等学校以上の部は名取吾郎さんの「吹奏楽のためのアラベスク」でした。当時は中学の部の課題曲の方が難しいのではないかと言われるくらい、この「寓話」は技術的にも音楽的にも難度が高い曲でした。冒頭4小節目のクラリネットのパッセージが決まるかきまらないか…ベテラン校も苦労されていたようです。

スポンサーリンク

第21回(昭和48年度、1973年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1973年11月3日
開催場所 名古屋市民会館
課題曲
中学校の部 吹奏楽のための寓話(兼田敏)
高等学校以上の部 吹奏楽のためのアラベスク(名取吾郎)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 北陸代表 丸岡町立丸岡中学校 指揮 : 清水八洲男 🥉
祝典序曲 :ショスタコーヴィチ/ハンスバーガー
02 中国代表 出雲市立第一中学校 指揮 : 渡部修明 🥇
祝典序曲 :ショスタコーヴィチ/ハンスバーガー
03 北海道代表 滝川市立江陵中学校 指揮 : 松浦真 🥉
トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 :J.S.バッハ
04 四国代表 徳島市富田中学校 指揮 : 糸谷安雄 🥉
狂詩曲「ジェリコ」 :グールド
05 関西代表 西宮市立今津中学校 指揮 : 得津武史 🥇
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガーより第1幕への前奏曲 :ワーグナー/木村吉宏
06 西部代表 那覇市立真和志中学校 指揮 : 屋比久勲 🥈
スラヴ行進曲 :チャイコフスキー
07 東北代表 八戸市立湊中学校 指揮 : 最上哲三 🥈
交響詩「魔法使いの弟子」 :デュカス/最上哲三
08 東海代表 由比町立由比中学校 指揮 : 田辺洋二 🥈
序曲インペラトリクス :A.リード
09 関東代表 富士吉田市立明見中学校 指揮 : 平野廣海 🥈
吹奏楽のためのわらべ唄 :川崎優
10 東海代表 蒲郡市立蒲郡中学校 指揮 : 小川和人 🥈
リシルド序曲 :パレ
11 東京代表 豊島区立第十中学校 指揮 : 酒井正幸 🥇
歌劇「さまよえるオランダ人」序曲 :ワーグナー

金賞が3団体、銀賞が5団体、そして、課題曲が難しいということも影響したのでしょうか、銅賞が3団体という結果となりました。

この年は何と言っても出雲一中の金賞復活でしょう。2年連続で銀賞に甘んじていた中で、この年3つしかなかった金賞を受賞しました。そして、ベテラン名門校の今津中、豊島十中も金賞に輝きました。出雲一中は中国地区大会では同点1位のチーム(岡山高松中)と決選投票での代表獲得だったそうです。

また、東北地区の代表は、東北代表の常連かつ前年まで2年連続で金賞を受賞していた山王中に代わって、青森県八戸市の湊中が初出場しています。後に続く全国常連校の幕開けとなりました。前年、初出場で金賞を受賞した沖縄の真和志中は銀賞、関東代表の名門明見中も惜しくも銀賞となりました。

YouTubeで音源を探る

出雲第一中学校

吹奏楽の為の寓話 出雲一中 全日本吹奏楽コンクール 1973 課題曲
祝典序曲 出雲一中 全日本吹奏楽コンクール 1973

江陵中学校

江陵中学校吹奏楽部 課題曲:吹奏楽のための「寓話」_自由曲:トッカータとフーガ ニ短調(1973)

今津中学校

楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より 第1幕への前奏曲【'73 今津中】

湊中学校

交響詩「魔法使いの弟子」 湊中 全日本吹奏楽コンクール 1973

明見中学校

吹奏楽の為のわらべ唄 明見中 全日本吹奏楽コンクール 1973

豊島第十中学校

歌劇「さまよえるオランダ人」 豊島十中 全日本吹奏楽コンクール 1973

出雲一中は課題曲、自由曲ともに見事でした。課題曲はごまかしがなくパシッとはまっていく様が実に気持ち良く、「寓話」の意味を考えさせてくれる数少ない演奏。祝典序曲もしっかりとしたアンサンブルを基盤とした堅牢な構築力を保った演奏でした。鮮やかな演奏で金賞復活を飾りました。

今津中のマイスタージンガーは、当時では数少ない原調(ハ長調)での演奏で、ところどころコードが開いてしまうのと音のブレンドがうまくいかないところもありましたが、中間部の歌い方が上手でしたし、スケールの大きな曲の流れを自在に操った、中学生とは思えない演奏でした。それから、管楽器のアンサンブルブルから盛り上がった部分の第2ヴァイオリンのオブリガートを受け持ったE♭クラは凄い!

湊中は最上先生のアレンジ、タクトで、後に聴かれるスケールの大きな演奏というよりは、クリアで清潔なサウンド、緻密なアンサンブルで聴かせる演奏でした。もう少し伸びのある響きがあれば…惜しい演奏です。明見中学校も川崎作品を共感をもって演奏していることがわかる、完成度の高い演奏でとても説得力がありました。

豊島十中は自由曲の変更(シベ2→オランダ人、この変更そのものが普通では考えられないくらい凄い)の影響もあってか、課題曲のクラリネットが全体に甘めだったのがとても惜しいなと思いましたが、そのほかは自由曲も含め全体の構成、曲の流れ、歌い方など磐石の演奏でした。

まとめ

この年は全体にレベルが上がった結果、金賞のラインも上がり、銀賞の中でも例年なら金賞だったのではないかと思われる団体もあったように感じました。銅賞の団体も数年前ならその結果にはならなかったように思います。

翌1974年は、新しく建てられた神戸文化ホールでの大会。中学の部は祭典ともいうべき演奏が続きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました