【吹奏楽/音源更新】1973/第21回全日本吹奏楽コンクール 高等学校の部

吹奏楽
スポンサーリンク

音源情報を更新しました。

1973年度第21回大会は名古屋市民会館で開催されました。この大会の中学の部、高校の部では、主催開催支部の代表団体が2つとなり、東海地区の代表が2団体出場しています。

課題曲は中学校の部は兼田敏さんの「吹奏楽のための寓話」、高等学校以上の部は名取吾郎さんの「吹奏楽のためのアラベスク」でした。当時は中学の部の課題曲の方が難しいのではないかと言われるくらいでしたが、この「アラベスク」では余裕がある分、各団体のイマジネーションが活かされた演奏となっていたのかも知れませんね。

なお、音源については従来リンクさせて頂いていたアカウントが無効となり、開くことができない音源が多くなってしまい、せっかくご覧頂いたにも拘らずご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。今後はYouTubeに限らずニコニコ動画や手許の資料も活用して、1970年から82年まで順次見直して参りますので、しばらくお時間を頂戴できれば幸甚です。

スポンサーリンク

第21回(昭和48年度、1973年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1973年11月3日
開催場所 名古屋市民会館
課題曲
中学校の部 吹奏楽のための寓話(兼田敏)
高等学校以上の部 吹奏楽のためのアラベスク(名取吾郎)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 東海代表 名古屋電気工業高等学校 指揮 : 松井郁雄 🥇
交響的断章 :ネリベル
02 西部代表 福岡県立嘉穂高等学校 指揮 : 竹森正貢 🥇
小交響曲「ディヴァージェンツ」より 第3・4楽章 :マクベス
03 東京代表 玉川学園高等部 指揮 : 高浪晋一 🥈
歌劇「リエンツィ」序曲 :ワーグナー
04 中国代表 島根県立川本高等学校 指揮 : 谷口榮一 🥈
序曲「フィンガルの洞窟」 :メンデルスゾーン
05 東海代表 静岡県立浜松工業高等学校 指揮 : 遠山詠一 🥇
吹奏楽のためのカタストロフィ :保科洋
06 北海道代表 北海道滝川高等学校 指揮 : 岩崎弘昌 🥈
イタリア奇想曲 :チャイコフスキー
07 関西代表 天理高等学校 指揮 : 谷口眞 🥇
交響詩「自然への回帰」 :齋藤高順
08 北陸代表 富山県立富山商業高等学校 指揮 : 坪島照信 🥈
シンフォニア・ノビリッシマ :ジェイガー
09 東北代表 秋田県立花輪高等学校 指揮 : 佐藤修一 🥇
交響組曲「シェエラザード」より第2楽章 :リムスキー=コルサコフ/佐藤修一
10 関東代表 千葉県立銚子商業高等学校 指揮 : 小澤俊朗 🥇
リシルド序曲 :パレ
11 四国代表 香川県立観音寺第一高等学校 指揮 : 村山英一 🥈
歌劇「イーゴリ公」よりダッタン人の踊り :ボロディン/阪口新

高校の部では銅賞は出ず、 11団体中何と過半数の6団体が金賞に輝きました。

1966年以来2度目の出場の名電工高が初めて、浜松工高は前年度に続き2年連続、東海代表は2団体ともに金賞を受賞しました。嘉穂高、花輪高も前年に続き2年連続の金賞。天理高は4年連続の金賞で5金に王手をかけました。また、銚子商高は3度目の出場で初めての金賞となり、この年から連続金賞がスタートすることになります。

YouTubeで音源を探る

名古屋電気工業高校

交響的断章(V.ネリベル)【’73・名古屋電気工高】

川本高校

吹奏楽のためのアラベスク

フィンガルの洞窟序曲

浜松工業高校

天理高校

交響詩「自然への回帰」

富山商業高校

吹奏楽のためのアラベスク富山商業高校吹奏楽部
シンフォニアノビリッシマ(Sinfonia Nobilissima)富山商業高校吹奏楽部

花輪高校

交響組曲「シェエラザード」より第2楽章

銚子商業高校

吹奏楽のためのアラベスク

銚子商業 序曲リシルド 第21回 1973年 全日本吹奏楽コンクール

課題曲が、単調だったり戦闘調にならず、テンポの設定や各声部の聴かせ方や歌わせ方の工夫の有無で、結果が異なってきたように思います。その点で、銀賞でしたが川本高校の演奏は個性的で良かったです。

自由曲の演奏ではオリジナル曲を採り上げた名電工高は弱音部分を活かしてスマートに仕上げていました。天理高は、録音の関係かも知れませんが、この年はやや乾いた響きだったのがやや残念なものの、曲の意味するところをよく表現していたと思います。コンクール向きではない曲云々の議論がありましたが、あまり意味のある見解だとは思えませんね。

初めての金賞を受賞した銚子商は、40名の人数制限の中で可能な限り色彩感豊かなサウンドを追求した上で、音楽的にも練られた演奏だったと思います。バンドジャーナルの「コンクールで演奏したい曲」の筆頭に小澤先生が挙げていた曲がこのリシルドでした。その思いも込められていたのではないでしょうか。

まとめ

1973年は金賞に厚めに金/銀の線引きがなされたような結果になりました。レベルは上がっているのですが、中学の部のようなインパクトのある演奏があまりなかったようにも思います。部門としてどこを向いて進んでいるのか、ちょっと迷子になっているような感すらあります。

翌年は人数制限が40→45名へと増員され、また各地区の代表の数も見直しが実施されて、新たに建てられた神戸文化ホールで開催されました。どんな結果になったでしょうか。

Viva! 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました