【吹奏楽/音源更新】1972/第20回全日本吹奏楽コンクール 高等学校の部

吹奏楽
スポンサーリンク

音源情報を更新しました。

1972年度第20回大会は、会場を東京杉並の普門館で開催されました。

課題曲は、中学校の部では岩井直溥さんに委嘱されたポップスの要素が組み入れられた作品、高等学校以上の部門では一般公募により三沢栄一さんの作品が選ばれました。

なお、音源については従来リンクさせて頂いていたアカウントが無効となり、開くことができない音源が多くなってしまい、せっかくご覧頂いたにも拘らずご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。今後はYouTubeに限らずニコニコ動画や手許の資料も活用して、1970年から82年まで順次見直して参りますので、しばらくお時間を頂戴できれば幸甚です。

スポンサーリンク

第20回(昭和47年度、1972年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1972年11月5日
開催場所 東京普門館
課題曲
中学校の部 シンコペーテッド・マーチ「明日に向かって」 (岩井直溥)
高等学校以上の部 シンフォニック・ファンファーレ (三沢栄一)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

01 関東代表 千葉県立銚子商業高等学校 指揮 : 小澤俊朗 🥈
歌劇「さまよえるオランダ人」序曲 :ワーグナー
02 中国代表 広島県広島舟入高等学校 指揮 : 松村浩 🥈
第3組曲 :ジェイガー
03 西部代表 福岡県立嘉穂高等学校 指揮 : 竹森正貢 🥇
マスク :マクベス
04 四国代表 香川県立観音寺第一高等学校 指揮 : 村山英一 🥈
ハンガリー狂詩曲第2番 :リスト
05 東京代表 日本大学第二高等学校 指揮 : 佐竹正義 🥈
組曲「イタリアの印象」より V.ナポリ :G.シャルパンティエ
06 関西代表 天理高等学校 指揮 : 谷口眞 🥇
交響曲「メキシコの祭り」より I. 前奏曲とアズテック・ダンス :H.O.リード
07 東北代表 秋田県立花輪高等学校 指揮 : 佐藤修一 🥇
交響詩「わが祖国」より モルダウ :スメタナ/佐藤修一
08 北海道代表 北海道留萌高等学校 指揮 : 飛鳥幸治 🥈
吹奏楽のための交響曲より 第2・3楽章 :ジェイガー
09 東海代表 静岡県立浜松工業高等学校 指揮 : 遠山詠一 🥇
シンフォニックバンドのためのパッサカリア :兼田敏
10北陸代表 金沢市立工業高等学校 指揮 : 金子嘉秀 🥈
交響曲第3番より第4楽章 :ジャンニーニ

金賞が4団体、銀賞が6団体で、銅賞になった団体はありませんでした。

出場10団体中クラシックの編曲作品が4団体、オリジナル曲が6団体で、オリジナル曲のうちの1曲は名曲の誉高き兼田敏の「シンフォニックバンドのためのパッサカリア」でした。銚子商が2年連続の出場となったほか、嘉穂高、観音寺一高、花輪高、浜松工高といったオールドファンに懐かしい名前が並んでします。日大二高や舟入高もさらに懐かしいネームですね。

金賞を受賞したのは、嘉穂高、天理高、花輪高、浜松工高。うちクラシックのアレンジ曲を演奏したのは、花輪高の「モルダウ」のみで、あとはすべてオリジナル曲。兼田作品を演奏した浜松工高、斬新なオーエン・リードの交響曲を採り上げた天理高、そして今ではちょっと信じられないかも知れませんが、嘉穂高はマクベスの「マスク」を演奏しました。

天理高のサウンド、テクニックは圧倒的ですが、ほかの高校も実力が拮抗してきており、金賞と銀賞のラインの引き方で、その数に違いが出てきているだけという見方もできそうなレベルになってきていました。

YouTubeで音源を探る

銚子商業高校

歌劇「さまよえるオランダ人」序曲

嘉穂高校

マスク【嘉穂高】

天理高校

天理高校吹奏楽部 第20回 全日本吹奏楽コンクール

花輪高校

交響詩『わが祖国』より 第二曲「モルダウ」【花輪高】

浜松工業高校

シンフォニックバンドのためのパッサカリア(兼田敏)
シンフォニックバンドのためのパッサカリア(兼田敏) 音質悪し  1972年全日本吹奏楽コンクール  浜松工業高校  金賞  レコードからテープに...

すっきりとスマートに「マスク」を演奏した嘉穂高、情感たっぷり丁寧に謳い上げた花輪高、出来立てほやほやともいえるパッサカリアをクリアなサウンドでまとめ上げた浜松工高、といずれも見事な演奏だと思います。また、天理高はそのなかでも、明るくキラキラとしたサウンドと鮮やかなテクニックを駆使した素晴らしい演奏で、このモダンな曲を吹奏楽コンクールで紹介してくれました。

銚子商高は前年のシベ2も巧かったのですが、この年のオランダ人もとても上手で、このあとの高校部門初の5年連続金賞への布石が打たれていたと思います。

まとめ

銀賞受賞団体の演奏も音源がほとんど見つからなかったのは残念ですが、銀賞になった銚子商高の演奏を聴くと、出場団体の実力差がなくなってきているように感じます。

翌1973年は、会場を名古屋に移して開催されました。さて、結果はどうなったでしょうか。

Viva! 吹奏楽!

コメント

タイトルとURLをコピーしました