【吹奏楽】1971/第19回全日本吹奏楽コンクール 高校の部

吹奏楽
スポンサーリンク

グループ表彰制となって2年目の1971年度第19回大会は、会場を大阪のフェスティバルホールに移して開催されました。

課題曲は中学校の部、高等学校以上の部ともに行進曲、邦人作品の書き下ろしとなりました。それでは、高校の部の演奏についてみていきましょう。

スポンサーリンク

第19回(昭和46年度、1971年)全日本吹奏楽コンクール

開催日時 1971年11月7日
開催場所 大阪フェスティバルホール
課題曲
中学校の部 行進曲「輝く銀嶺」(斎藤高順)
高等学校以上の部 行進曲「太陽の下で」(奥村一)

出場団体(自由曲、指揮者)と審査結果一覧

団体名 指揮 結果
自由曲
1 西部代表 沖縄県立首里高等学校 富原守哉 🥇
組曲「惑星」より木星:ホルスト
2 東京代表 日本大学第二高等学校 佐竹正義 🥈
狂詩曲「スペイン」:シャブリエ
3 北陸代表 富山県立富山商業高等学校 坪島照信 🥇
大序曲「1812年」:チャイコフスキー
4 中国代表 広島県広島基町高等学校 増広卓三 🥈
歌劇「ナブッコ」序曲:ヴェルディ
5 四国代表 香川県立高松商業高等学校 吉川 実 🥈
交響的断章:ネリベル
6 東海代表 静岡県立浜松工業高等学校 遠山詠一

🥈

交響曲第4番より第4楽章:チャイコフスキー
7 東北代表 秋田県立花輪高等学校 佐藤修一 🥈
パッサカリア:A.リード
8 関西代表 天理高等学校 谷口 眞 🥇
太平洋の祭り (平和の祭り):ニクソン
9 北海道代表 北海道函館西高等学校 小島朋之 🥈
交響曲第4番より第4楽章:チャイコフスキー
10 関東代表 千葉県立銚子商業高等学校 小澤俊朗 🥈
交響曲第2番より終楽章:シベリウス

この年の高校の部は金賞が3団体、銀賞が残り7団体という結果になりました。前年対比レベルが下がったということではなく、全体にレベルが上がり、その中でも抜きん出た団体が金賞に輝いたということではないでしょうか。

天理高校はこの年も斬新なオリジナル曲を採り上げていますが、高松商業高校もネリベルの交響的断章という新しい響きの作品を自由曲としています。クラシックのアレンジ曲もチャイコフスキーの第4交響曲を2団体が演奏したほか、富山商業高校が大曲の1812年に挑んでいます。当時採り上げられ始めたヴェルディの作品の中でもナブッコを広島基町高校が演奏しています。

また、この年は後に歴史的な名演を聴かせてくれた小澤先生率いる銚子商業高校が初出場、シベリウスの第2交響曲を演奏しました。

YouTubeで音源を探る

首里高校

組曲「惑星」より木星 首里高 全日本吹奏楽コンクール 1971

富山商業高校

序曲「1812年」 富山商業 全日本吹奏楽コンクール 1971

広島基町高校

歌劇「ナブッコ」序曲 基町高 全日本吹奏楽コンクール 1971

天理高校

行進曲「太陽の下に」 天理高 全日本吹奏楽コンクール 1971 課題曲
天理高校吹奏楽部 第19回 全日本吹奏楽コンクール

函館西高校

1971全国大会 函館西高 課題曲「太陽の下に」

銚子商業高校

首里高校の木星の出だしの響きは聴いた瞬間に惹き込まれてしまいますね。当時「沖縄サウンド」と称されたオルガンのような響きを活かした演奏で、淡々としているようでありながら歌心充分でした。富山商業高校は良く鳴る金管セクションを活かした選曲のように思われがちですが、この団体の木管楽器の音は本格的で、クラリネットセクションの整った響きは見事でした。天理高校はこの年も緻密でありながら、祭典の様子を生き生きと描いた高校生らしからぬ演奏が素晴らしかったです。

h2>まとめ

この年の金賞は前年から2団体減って3団体、これ以降も増えたり減ったりして推移していきます。だんだん自分というものが出てくる年代となって、自らの方向性を手探りで模索していたのかとも思われる高校の部とも言えるのかも知れません。

個性と音楽が一致したときに結果が出ているようにも感じます。そんな中で、天理高校は圧倒的な存在感があったと思います。上手過ぎて、明るくキラキラしたサウンドも含めて、好き嫌いも分かれていたように思いますが(かく言う僕も嫌っていました)、今改めて聴いてみるとやはりその凄さに感服せざるを得ませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました