【monoと一緒に暮らす】第3世代Fire TV 音声認識リモコンで便利になったこと

monoと一緒に暮らす
スポンサーリンク

TVにつないで使うAmazonの「Fire TV Stick」に2021年4月、第3世代が登場しました。パッケージに「第3世代音声認識リモコン」が付属するだけではなく、単品販売も始まりました。

発売後まもなく始まったタイムセールで、いきなりこの「Fire TV Stick」パッケージが1,000円安く販売されたので、思わず購入してしまいました。

今回はこの第3世代音声認識リモコンについて紹介していきます。

スポンサーリンク

新しいリモコンで変わったところ

新しく登場した第3世代リモコンは、第2世代とほぼサイズ・スタイルは同じですが、「Amazon Primeビデオ」「Netflix」「DAZN」「Amazon Music」のアプリボタンと、番組表ボタンが新設されました。

加えて、Alexa(アレクサ)の呼び出しボタンのデザインが変更されています(機能は同じです)。

左が第2世代、右が第3世代リモコンです。

以前のFire TVでも新しいリモコンは使えます

第3世代Fire TV Stickは、4月出荷分から新しいリモコンに変わりましたが、第2世代リモコン付属のそれ以前のパッケージでも、第3世代音声認識リモコンを単品で購入して利用することができます。

Fire TV(第3世代)
Fire TV Stick(第2世代)
Fire TV Stick 4K
Fire TV Cube(第2世代)

リモコンだけを購入した場合のセットアップ手順

以前のセットアップについては、こちらの記事をご覧ください。

新しいリモコンのホームボタンを10秒以上押してペアリング待機モードにする

古いリモコンで

「設定」画面を開く
「コントローラーとBluetoothデバイス」を選ぶ
「Amazon Fire TV リモコン」を選ぶ
「新しいリモコンを追加」を選ぶ
「ペアリング可能」とされたリモコンの中から新しいリモコンを選ぶ

新しいパッケージを購入した場合のセットアップ

僕のように以前からFire TV Stickを使用していて、新しいFire TV StickのパッケージをAmazon経由で購入した場合のセットアップはさらに簡単です。

パッケージ付属の説明書通り、新しいリモコンで画面の指示通りにセットアップするだけですが、すでに古いFire TV Stickが認識されているので上書きするのを待つだけで済みます。

新しいリモコンも電池のセット方法は同じで、僕だけかも知れませんがカバーの着脱には苦労しました。

僕の場合、矢印のマークがあるあたりにガムテープを貼りつけて、テープを引っ張るという方法でカバーを外しました。

新しいアプリボタンを使ってみる

新しいリモコンに追加された4つのアプリボタン(赤の丸印)を使うと、それ以外の機能を使っているときでも、ボタンにあるサービスにクイックアクセスできます。

Amazon primeを開きました。

Netflixでも同じように素早く開きます。

また、「ABEMA」「Hulu」などのライブ番組視聴に対応しているサービスでは、番組表ボタン(黄色の丸印)を押すと、放送中の番組を一覧表示することができます。

最後にアレクサ(青の丸印)に天気予報を聞いて見ました。

まとめ

新しいFire TV Stickリモコンでは、アマプラやネットフリックスに直接アクセスできるようになったことに加えて、作動速度も速くなりました。

個人的には「DAZN」ではなく「YouTube」をボタンに加えて欲しかったところですが、大人の事情があるのかもしれません。

いずれにせよ、とても便利になりましたのでぜひ使ってみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました