【ピアノ/第18回ショパンコンクール】コンクール終了 ガラコンサート第一夜個別動画掲載

ピアノ
スポンサーリンク

この記事は過去記事を修正、追記したものです。

一次予選の演奏順を記載しました。

2020年に開催が予定されていたショパン国際ピアノコンクールは、本選が2021年10月、予備予選は2021年4月にいったん延期されたものの、その後のウイルス騒ぎが収まらないという状況から、予備予選は7月に延期して実施されました。

予備予選通過者、免除者を含めて87名の方が本大会に出場、5日間にわたって一次予選、続いて二次予選、セミファイナルが実施され、日本人コンテスタント2名を含む12名の本選進出者(ファイナリスト)が発表されました。

2021年10月20日本選のすべての演奏が終了、日付が変わった21日深夜2時から結果が発表されました。
カナダのブルース・リョウ(リュウ)が優勝、日本の反田さんが第2位、小林さんが第4位に入賞されました。

スポンサーリンク

第18回ショパン国際ピアノコンクール

2021年1月18日、ポーランド国立ショパン研究所はHPで、ショパンコンクール の予備予選を2021年4月から7月に延期することを発表しました。

スケジュール

予備予選:2021年7月12日〜23日
本大会:2021年10月2日〜23日

一次予選:2021年10月3〜7日
二次予選:2021年10月9〜12日
三次予選:2021年10月14〜16日
本選:2021年10月18〜20日

入賞者コンサート:2021年10月21〜23日

サイトはこちらから:https://chopin2020.pl/en/competition/information

審査要領

いずれも、各審査員の教え子はその審査員の審査対象とはなりません。

一次予選から三次予選

各審査員は、コンテスタント毎に、次の予選に進むべきか否かの「YES/NO」および「1〜25ポイント」の得点を与えます。

「YES」の数が多い順に、平均得点が添えられ、名前を明かされずに次のステージへの通過者を決定します。

ただし、三次予選では9〜12番となったコンテスタントについて、過半数の審査員がその名前を知りたいと申し出た場合には、その名前を参照して10名のファイナリストを決定します。

ファイナル

ファイナルは順位点方式で、各審査員は1点を最高点として1から10までの点数を各コンテスタントに投票します。

なお、この点数はコンクールの最終順位とされ、予選での演奏を勘案してつけられます。

6位までが最終順位としてコンテスタントに与えられます。

予備予選スケジュール

予備予選の概要・演奏動画については別記事にまとめました。
各セッションの演奏動画へのリンクと日本人コンテスタントについては演奏プログラムを記載していますのでぜひご覧ください。

予備予選結果発表

2021年7月23日の予備予選終了後、はやくも本選進出者が発表されました。

予備予選免除者を含めて87名が本選に出場されます。
日本人コンテスタントは14名(予選免除の牛田さんを含む)です。

五十嵐薫子さん
伊藤順一さん
今井理子さん
岩井亜咲さん
京増修史さん
小林愛実さん
沢田蒼梧さん
進藤実優さん
角野隼斗さん
反田恭平さん
竹田理琴乃さん
原沙綾さん
古海行子さん

国別では中国22・ポーランド16・日本14・韓国7・イタリア6、アルメニア・カナダ・台湾・キューバ・ラトヴィア・ロシア・タイ・米国・英国・ベトナム各1となります。

1. Leonora Armellini, Italy
2. J J Jun Li Bui, Canada
3. Michelle Candotti, Italy
4. Kai-Min Chang, Chinese Taipei
5. Junhui Chen, China
6. Xuehong Chen, China
7. Zixi Chen, China
8. Hyounglok Choi, South Korea
9. Federico Gad Crema, Italy
10. Aleksandra H. Dąbek, Poland
11. Alberto Ferro, Italy
12. Yasuko Furumi, Japan
13. Alexander Gadjiev, Italy/Slovenia
14. Martin Garcia Garcia, Spain
15. Eva Gevorgyan, Russia/Armenia
16. Jorge Gonzalez Buajasan, Cuba
17. Joanna Goranko, Poland
18. Chelsea Guo, U.S.A.
19. Eric Guo, Canada
20. Saaya Hara, Japan
21. Yifan Hou, China
22. Wei-Ting Hsieh, Chinese Taipei
23. Kaoruko Igarashi, Japan
24. Riko Imai, Japan
25. Junichi Ito, Japan
26. Asaki Iwai, Japan
27. San Jittakarn, Thailand
28. Jooyeon Ka, South Korea
29. Nikolay Khozyainov, Russia
30. Su Yeon Kim, South Korea
31. Aimi Kobayashi, Japan
32. Mateusz Krzyżowski, Poland
33. Jakub Kuszlik, Poland
34. Shushi Kyomasu, Japan
35. Hyuk Lee, South Korea
36. Jaeyoon Lee, South Korea
37. Xiaoxuan Li, China
38. Bruce (Xiaoyu) Liu, Canada
39. Julia Łozowska, Poland
40. Xuanyi Mao, China
41. Tomasz Marut, Poland
42. Yupeng Mei, China
43. Arsenii Mun, Russia
44. Viet Trung Nguyen, Vietnam/Poland
45. Georgijs Osokins, Latvia
46. Jinhyung Park, South Korea
47. Yeon-Min Park, South Korea
48. Jiana Peng, China
49. Leonardo Pierdomenico, Italy
50. Zuzanna Pietrzak, Poland
51. Hao Rao, China
52. Yangyang Ruan, China
53. Sohgo Sawada, Japan
54. Aristo Sham, China, Hong Kong
55. Miyu Shindo, Japan
56. Talon Smith, U.S.A.
57. Kyohei Sorita, Japan
58. Szuyu Su, Chinese Taipei
59. Hayato Sumino, Japan
60. Aleksandra Świgut, Poland
61. Rikono Takeda, Japan
62. Shun Shun Tie, China
63. Sarah Tuan, U.S.A.
64. Chao Wang, China
65. Zitong Wang, China
66. Zijian Wei, China
67. Marcin Wieczorek, Poland
68. Andrzej Wierciński, Poland
69. Victoria Wong, Canada
70. Yuchong Wu, China
71. Lingfei (Stephan) Xie, Canada/China
72. Zi Xu, China
73. Yuanfan Yang, United Kingdom
74. Anastasia Yasko, Russia
75. Andrey Zenin, Russia
76. Boao Zhang, China
77. Yilan Zhao, China
78. Ziji Zhao, China

予備予選免除とされているのは以下の9名です。

Piotr Alexewicz ‒ Poland (1st prize, OKP Warsaw 2020)
Avery Gagliano ‒ U.S.A. (1st prize, Miami 2020)
Adam Kałduński ‒ Poland (1st prize, Beijing 2019 and 2nd prize OKP Warsaw 2020)
Szymon Nehring ‒ Poland (1st prize, Tel Aviv 2017)
Evren Ozel ‒ U.S.A. (2nd prize, Miami 2020)
Kamil Pacholec ‒ Poland (2nd prize, Bydgoszcz 2019)
Piotr Pawlak ‒ Poland (1st prize, Darmstadt 2017 and 2nd prize, OKP Warsaw 2020
Yutong Sun ‒ China (2nd prize, Santander 2018)
Tomoharu Ushida ‒ Japan (2nd prize, Hamamatsu 2018)

公式発表はこちら:https://nifc.pl/en/home/aktualnosci/music/68

予備予選で選ばれたコンテスタントと、すでに発表されている予備予選免除者の計87名が、2021年10月2日〜23日の本選に出場されます。

オープニングコンサート(Inaugural concert)

日時:2021年10月3日03:00(日本時間、現地では10月2日)

プログラム

シューマン:ピアノ五重奏曲変ホ長調 作品44

マルタ・アルゲリッチ→ ユリアンナ・アヴデーエワ (ピアノ)
Belcea Quartet

J.S.バッハ:4台ピアノのための協奏曲 BWV1065

マルタ・アルゲリッチ→フィリップ・ジウシアーノ、ユリアンナ・アヴデーエワ、ダン・タイ・ソン、ケヴィン・ケナー(ピアノ)
Krzysztof Firlus/double bass
Belcea Quartet
Simply Quartet

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調 作品37

チョ・ソンジン(ピアノ)
Warsaw Philharmonic Orchestra
Andrzej Boreyko,conductor

本大会審査員

審査員はネルソン・フレイレが病気のためアルトゥール・モレイラ・リマと交替することになりました。
また、フレイレと長きに亘って友情関係にあるマルタ・アルゲリッチは彼とともにいることを決心した結果、欠席ということになりました。

カタジーナ・ポポヴァ・ジドゥロン(ポーランド)審査員長
ドミトリー・アレクセーエフ(ロシア)
マルタ・アルゲリッチ(アルゼンチン)→欠席
サ・チェン(中国)
ダン・タイ・ソン(ベトナム)
海老彰子(日本)
ネルソン・フレイレ(ブラジル)→欠席
フィリップ ジウシアーノ(フランス)
ネルソン・ゲルナー (アルゼンチン)
アダム・ハラシェヴィチ(ポーランド)
クシュシュトフ・ヤブウォンスキ(ポーランド)
ダイナ・ジョフィ(ラトビア)
ケヴィン・ケナー(アメリカ)
ヤヌシュ・オレイニチャ(ポーランド)
ピオトル・パレチニ(ポーランド)
エヴァ・ポブウォツカ(ポーランド)
ジョン・リンク(アメリカ)
ヴォイチェフ・シュフィタワ(ポーランド)
アルトゥール・モレイラ・リマ(ブラジル)←ネルソン・フレイレと交替

一次予選(ステージ1)スケジュール

一次予選の概要・演奏動画については別記事にまとめました。
各セッションの演奏動画へのリンクと日本人コンテスタントについては演奏プログラムを記載していますのでぜひご覧ください。

結果発表

演奏終了後、予定の23時(現地時間)より30分ほど経過したところで審査委員長の講評と一次予選通過者の発表がありました。

45名の方が二次予選に進み、うち日本人コンテスタントのみなさんは8名でした。

沢田蒼梧さん
進藤実優さん
反田恭平さん
角野隼斗さん
牛田智大さん
古海行子さん
小林愛実さん
京増修史さん

45名のリストは以下の通りです。

Mr Piotr Alexewicz, Poland
Ms Leonora Armellini, Italy
Mr J J Jun Li Bui, Canada
Ms Michelle Candotti, Italy
Mr Kai-Min Chang, Chinese Taipei
Mr Xuehong Chen, China
Mr Hyounglok Choi, South Korea
Mr Federico Gad Crema, Italy
Mr Alberto Ferro, Italy
Ms Yasuko Furumi, Japan
Mr Alexander Gadjiev, Italy/Slovenia
Mr Avery Gagliano, U.S.A.
Mr Martin Garcia Garcia, Spain
Ms Eva Gevorgyan, Russia/Armenia
Ms Wei-Ting Hsieh, Chinese Taipei
Mr Adam Kałduński, Poland
Mr Nikolay Khozyainov, Russia
Ms Su Yeon Kim, South Korea
Ms Aimi Kobayashi, Japan
Mr Mateusz Krzyżowski, Poland
Mr Jakub Kuszlik, Poland
Mr Shushi Kyomasu, Japan
Mr Hyuk Lee, South Korea
Mr Bruce (Xiaoyu) Liu, Canada
Mr Arsenii Mun, Russia
Mr Szymon Nehring, Poland
Mr Viet Trung Nguyen, Vietnam/Poland
Mr Georgijs Osokins, Latvia
Mr Evren Ozel, U.S.A.
Mr Kamil Pacholec, Poland
Mr Hao Rao, China
Mr Sohgo Sawada, Japan
Mr Aristo Sham, China, Hong Kong
Ms Miyu Shindo, Japan
Mr Talon Smith, U.S.A.
Mr Kyohei Sorita, Japan
Ms Szuyu Su, Chinese Taipei
Mr Hayato Sumino, Japan
Mr Yutong Sun, China
Mr Tomoharu Ushida, Japan
Mr Marcin Wieczorek, Poland
Mr Andrzej Wierciński, Poland
Mr Yuchong Wu, China
Mr Lingfei (Stephan) Xie, Canada/China
Mr Zi Xu, China

二次予選(ステージ2)

二次予選の概要・演奏動画については別記事にまとめました。
各セッションの演奏動画へのリンクと日本人コンテスタントについては演奏プログラムを記載していますのでぜひご覧ください。

結果発表

二次予選演奏終了後、現地時間23時すぎに二次予選通過者の発表がありました。

23名の方が三次予選に進み、うち日本人コンテスタントのみなさんは5名でした。

進藤実優さん
反田恭平さん
角野隼斗さん
古海行子さん
小林愛実さん

23名のリストは以下の通りです。

Mr Piotr Alexewicz, Poland
Ms Leonora Armellini, Italy
Mr J J Jun Li Bui, Canada
Ms Michelle Candotti, Italy
Ms Yasuko Furumi, Japan
Mr Alexander Gadjiev, Italy/Slovenia
Ms Avery Gagliano, U.S.A.
Mr Martin Garcia Garcia, Spain
Ms Eva Gevorgyan, Russia/Armenia
Mr Nikolay Khozyainov, Russia
Ms Su Yeon Kim, South Korea
Ms Aimi Kobayashi, Japan
Mr Mateusz Krzyżowski, Poland
Mr Jakub Kuszlik, Poland
Mr Hyuk Lee, South Korea
Mr Bruce (Xiaoyu) Liu, Canada
Mr Szymon Nehring, Poland
Mr Kamil Pacholec, Poland
Mr Hao Rao, China
Ms Miyu Shindo, Japan
Mr Kyohei Sorita, Japan
Mr Hayato Sumino, Japan
Mr Andrzej Wierciński, Poland

三次予選(準本選)(ステージ3)

三次予選の概要・演奏動画については別記事にまとめました。
各セッションの演奏動画へのリンクと日本人コンテスタントについては演奏プログラムを記載していますのでぜひご覧ください。

結果発表

三次予選演奏終了後、現地時間23時すぎに本選進出者の発表がありました。

ファイナリストは12名、うち日本人コンテスタントのみなさんは2名でした。

反田恭平さん
小林愛実さん

12名のリストは以下の通りです。

Ms Leonora Armellini, Italy
Mr J J Jun Li Bui, Canada
Mr Alexander Gadjiev , Italy/Slovenia
Mr Martin Garcia Garcia, Spain
Ms Eva Gevorgyan, Russia/Armenia
Ms Aimi Kobayashi, Japan
Mr Jakub Kuszlik, Poland
Mr Hyuk Lee, South Korea
Mr Bruce (Xiaoyu) Liu, Canada
Mr Kamil Pacholec, Poland
Mr Hao Rao, China
Mr Kyohei Sorita, Japan

本選(ファイナル)

本選の概要・演奏動画については別記事にまとめました。
ファイナリスト全員の演奏動画リンク、日本人ファイナリストについてはインタビュー動画も掲載しました。

結果発表

現地時間21日午前2時過ぎに結果が発表されました。

第1位 Bruce (Xiaoyu) Liu, Canada ブルース・(シャオユー)・リウ(カナダ)
第2位 Kyohei Sorita, Japan 反田恭平(日本)
第2位 Alexander Gadjiev, Italy/Slovenia アレクサンダー・ガジェヴ(イタリア/スロベニア)
第3位 Martin Garcia Garcia, Spain マルティン・ガルシア・ガルシア(スペイン)
第4位 Aimi Kobayashi, Japan 小林愛実(日本)
第4位 Jakub Kuszlik, Poland ヤクブ・クーシュリック(ポーランド)
第5位 Leonora Armellini, Italy レオノーラ・アルメッリーニ(イタリア)
第6位 J J Jun Li Bui, Canada J J ジュン・リ・ブイ(カナダ)

協奏曲最優秀演奏賞 マルティン・ガルシア・ガルシア(スペイン)
マズルカ最優秀演奏賞 ヤクブ・クーシュリック(ポーランド)
ソナタ最優秀演奏賞 アレクサンダー・ガジェヴ(イタリア/スロベニア)

入賞者ガラコンサート第一夜

徹夜に近い時刻に結果発表があったその日の夜、入賞者ガラコンサート第1日が開催されました。
この日に限ってポーランド国立歌劇場大ホールで行われ、ポーランド大統領が出席して入賞者を表彰します。

プログラム

第6位 J J Jun Li Bui ジェイ・ジェイ・ジュン・リ・ブイ
エチュード ホ長調 Op.10-3

第5位 Leonora Armellini レオノーラ・アルメリーニ
ソステヌート(ワルツ) 変ホ長調 WN53
バラード第3番 変イ長調 Op.47

第4位・マズルカ賞 Jakub Kuszlik ヤクブ・クシュリック
4つのマズルカ Op.30(ハ短調、ロ短調、変ニ長調、嬰ハ短調)

第4位 小林愛実
24の前奏曲 Op.28 より 第4番 ホ短調、第12番 嬰ト短調、第17番 変イ長調、第23番 ヘ長調、第24番 ニ短調

第3位・コンチェルト賞 Martin Garcia Garcia マルティン・ガルシア・ガルシア
即興曲第3番 変ト長調 Op.51
ワルツ 変イ長調 Op.34-1

第2位 反田恭平
マズルカ風ロンド ヘ長調 Op.5

第2位・ソナタ賞 Alexander Gadjiev アレクサンダー・ガジェヴ
ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調 Op.44

–(休憩)–

第1位 Bruce (Xiaoyu) Liu ブルース・シャオユー・リウ
ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11

コンサート全体動画

入賞者ガラコンサート第ニ夜

ガラコンサート二日目は、会場がワルシャワ・フィルハーモニーに戻りました。

まず、これまで発表されていない特別賞の発表、表彰がありました。

最年少ファイナリスト賞:J J Jun Li Bui ジェイ・ジェイ・ジュン・リ・ブイ(カナダ)
最優秀ポーランド人セミファイナリスト賞:Piort Alexewicz ピオトル・アレクセヴィチ(ポーランド)
最優秀演奏賞(ポーランド・ベラルーシ・イスラエル・リトアニア・ウクライナ・ロシアの演奏者が対象):Jakub Kuszlik ヤクブ・クシュリック(ポーランド)
浜松市長賞(最優秀賞=第1位受賞者):Bruce (Xiaoyu) Liu ブルース・シャオユー・リウ(カナダ)
ポーランド出場者最優秀賞:Jakub Kuszlik ヤクブ・クシュリック(ポーランド)
最年少女性ファイナリスト特別賞:Eva Gevorgyan エヴァ・ゲヴォルギヤン(ロシア/アルメニア)

続いて、コンサートが行われました。
プログラムは第1日と同じです。
昨日はファツィオリのピアノを使って演奏されましたが、この日は入賞者それぞれが選択したピアノで演奏されました。

入賞者ガラコンサート第三夜

プログラム

第6位 J J Jun Li Bui ジェイ・ジェイ・ジュン・リ・ブイ
変奏曲 変ロ長調 Op.12

第5位 Leonora Armellini レオノーラ・アルメリーニ
ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」Op.53

第4位・マズルカ賞 Jakub Kuszlik ヤクブ・クシュリック
4つのマズルカ Op.30(ハ短調、ロ短調、変ニ長調、嬰ハ短調)

第4位 小林愛実
24の前奏曲 Op.28 より 第4番 ホ短調、第12番 嬰ト短調、第17番 変イ長調、第23番 ヘ長調、第24番 ニ短調

第3位・コンチェルト賞 Martin Garcia Garcia マルティン・ガルシア・ガルシア
即興曲第3番 変ト長調 Op.51
ワルツ ヘ長調 Op.34-3

第2位 反田恭平
ラルゴ 変イ長調
マズルカ風ロンド ヘ長調 Op.5

第2位・ソナタ賞 Alexander Gadjiev アレクサンダー・ガジェヴ
幻想ポロネーズ 変ホ長調 Op.61

–(休憩)–

第1位 Bruce (Xiaoyu) Liu ブルース・シャオユー・リウ
ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 Op.11
(アンコール)
マズルカ ロ短調 Op.33−4
ワルツ 変イ長調 Op.42

まとめ

21時30分に本選の演奏が終了して、4時間半経った日付の変わった深夜に結果が発表されました。
また、入賞者は規定の6名から8名、2位と4位が複数名の入賞ということからも、審査結果の決定が難しかったことが窺われます。

日本人ファイナリストは反田恭平さんが第2位、小林愛実さんが第4位に見事入賞されました。
第2位は内田光子さん以来51年ぶり、男性のコンテスタントでは横山幸雄さんの第3位を凌いで歴代最高位となります。

ガラコンサートもすべて終了、今回のショパンコンクールもお開きとなってしまいました。
それでも、幸いなことにYouTubeでアーカイブ視聴できるので「ロス状態」もいくぶん緩和されるような気がしますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

👍 🎹とともに 🎼とともに 🤞
👋掰掰👋

コメント

  1. 聖弥 より:

    hirofumi様

    次回のショパンコンクール、目が離せませんね。異例の事態で延期されているだけに、参加予定者の練習時間が増え、想いが一層募る熱い戦いになりそうな予感が致します。

    昨年11月末、京都コンサートホールで行われた牛田智大さんのコンサート(ドラマチック・ショパン)行きました。相変わらずの美音で、ショパンに対する真摯な姿勢がヒシヒシと伝わる演奏でしたが、何か硬質で完璧過ぎる印象も受けました。
    個人的には、反田さんや角田さんがどのような演奏で臨まれるのか(→いつもこの御二方の演奏には良い意味でワクワクさせられるので)、興味深々です。
    楽しみですね。

  2. 聖弥 より:

    角田さん→角野さんでした。
    失礼しました。
    藤田さんもエントリーなさっていたら、凄いことになっていたでしょうね。あと2回もチャンスが….そうでした。チャイコフスキーのピアノ協奏曲2番ユンチューブで聴き、鳥肌が立ちました。藤田さんの今後の動向も気になりますね。

    また更新楽しみにしております。

    • hirofumi24 より:

      > 聖弥さま

      いつもコメントいただきありがとうございます。

      藤田さん、牛田さんとどんどん若い方が出てきて素晴らしい演奏をなさいますよね。
      僕は、反田さんはタカギクラヴィアの松濤スタジオでコンサートをされていたときから聴かせていただいていますが、今やもう若手という感じはありませんね。

      いずれにせよ、良いコンディションでコンクールを迎えられるよう祈るばかりです。

      引き続きよろしくお願いいたします。

  3. […] 武漢ウイルスは依然として猛威を振っていることから、ショパンコンクールの予備予選日程の再延期が発表されました。 […]

  4. 【ピアノコンクール2021】エリザベート番外編 本選参加者の外界遮断生活始まる | 音楽徒然草 より:

    […] 先日、久しぶりに新宿タワーレコードにいったときに、チョ・ソンジンの5枚目のアルバムが発売されていることを知りました。 遅ればせながら、このアルバムの中からシューベルトの「さすらい人幻想曲」とリストの「ピアノソナタロ短調」について、今回… スポンサーリンク 【ピアノ/第18回ショパンコンクール】予備予選スケジュール発表 […]

  5. […] 今回は、まもなく予備予選が始まるショパンコンクールについて、前回17回大会の模様をレポートした青柳いづみこさんの「ショパン・コンクール」についてお話していきます。 […]

  6. 【ピアノ/第18回ショパン国際ピアノコンクール】予備予選は2021年7月12日から | 音楽徒然草 より:

    […] […]

  7. 【ピアノ/第18回ショパン国際ピアノコンクール】日本人コンテスタントの予備予選演奏曲 | 音楽徒然草 より:

    […] […]

  8. […] 音楽徒然草【ピアノ/第18回ショパンコンクール】予備予選始まりました!Y… […]

  9. […] […]

  10. […] 音楽徒然草【ピアノ/第18回ショパンコンクール】予備予選結果 反田さんら… […]

  11. […] […]

  12. […] Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー 2021.09.15 […]

  13. […] Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー 2021.09.25 […]

タイトルとURLをコピーしました