【ピアノ】第12回パデレフスキ国際ピアノコンクール 牛田智大さんら本大会へ

ピアノ
スポンサーリンク

いつもこのブログ「音楽徒然草」をお読みいただきありがとうございます。

2022年11月にポーランドのヴィドゴシチで開催される「パデレフスキ国際ピアノコンクール」の本大会出場者30名が発表されました。

コンクールの概要についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

パデレフスキ国際ピアノコンクール

パデレフスキ国際ピアノコンクールは、国際的ピアニスト、作曲家、そしてポーランドの首相であったイグナツィ・ヤン・パデレフスキを記念して1961年に開催されて以来、これまで11回開催されてきました。

ポーランドではショパンコンクールに次いで大々的に行われ、世界的に見ても重要なコンクールの一つで、パデレフスキ音楽協会(通称)により主催されるようになった1994年の第3回開催時から国際コンクールとなりました。

1998年以降は3年に一度、27歳以下の世界中のピアニストを対象に開催され、歴代入賞者の中には日本人ピアニスト根津理恵子さん、山本貴志さんなどがおられます。

2016年の第10回コンクールでは、前回ショパンコンクールファイナリストのイ・ヒョクさん(当時16歳)が優勝、2019年開催の第11回では日本の古海行子さんが第3位に入賞されました。

第11回コンクールの結果(敬称略)

第1位 フィリップ・リノフ LYNOV Philipp(ロシア)
第2位 カミル・パホレツ PACHOLEC Kamil(ポーランド)
第3位 古海行子(日本)

第12回パデレフスキ国際ピアノコンクール

予選結果

ウイーン、ブレシア、ワルシャワ、モスクワ、ニューヨーク、ロンドン、北京、ソウル、東京の世界9都市で開催された予選の結果、150名の応募者の中から50名の方が2022年11月の本大会に出場されることになりました。

BOBYLOVA Anfisa – Ukraine
CECINO Elia – Italy
CHEN Yi-Yang – Taiwan
CHOI WonSeok – Republic of Korea
CHOI Young Sun – Republic of Korea
DUGALIĆ Bogdan – Serbia
EYDMAN Maria – Germany
GUSACHENKO Galyna – Ukraine
HAN Hee Jun – Republic of Korea
HUANG Yi-teng – Taiwan
IMADA Atsushi 今田 篤- Japan
JORDANIA Salome – Georgia
KA Joo-Yeon – Republic of Korea
KAŁDUŃSKI Adam – Poland
KAMPLET Nejc – Slovenia
KIM Seunghui – Republic of Korea
KIM Song Hyeon – Republic of Korea
KIM Sunah – Republic of Korea
KIMURA Yurika 木村友梨香- Japan
KRZYŻOWSKI Mateusz – Poland
LEE Jaeyoon – Republic of Korea
LEE Minsung – Republic of Korea
LIU Qiao – China
LIU Yanan – China
LÓPEZ Salas Pedro – Spain
NAKAMURA Yoshimi – Japan
OKUI Shio 奥井紫麻- Japan
OTA Saya 太田沙耶- Japan
PARK Youngho – Republic of Korea
PAWLAK Piotr – Poland
PEČNIK Mia – Croatia
SAIENKO Danylo – Ukraine
SATO Motohiro 佐藤元洋- Japan
SIELICKA Joanna – Poland
SU Szuyu – Taiwan
TAKUBO Moka 田久保萌夏- Japan
TSANG Hin-Yat – China
USHIDA Tomoharu 牛田智大- Japan
VASILEY Georgi – Bulgaria
WACHOWSKI Jan – Poland
WIECZOREK Marcin – Poland
WIERCIŃSKI Andrzej – Poland
WONG Victoria – Canada
WU JunLin – China
YAMAZAKI Ryota – Japan
YOON Jeong-Hyun – Republic of Korea
ZHANG Lvjie – China
ZHAO Muzi – China
ZHONG Yonghuan – China
ZHOU Noah – Great Britain

日本人コンテスタントは以下7名のみなさんです。

今田 篤さん
木村友梨香さん
奥井紫麻さん
太田沙耶さん
佐藤元洋さん
田久保萌夏さん
牛田智大さん

コンクールサイトはこちら:https://paderewskicompetition.pl/news-info/42/list-of-the-participants-selected-to-the-12th-international-paderewski-piano-competition

1次予選

2022年11月7日〜(結果発表:11月10日)

25〜30分のリサイタル(すべて自由曲)

2次予選

2022年11月11日〜(結果発表:11月13日)

40〜45分のリサイタル

パデレフスキの作品が課題曲とされ、以下のA・Bグループ各々から最低1曲を選曲する必要があります

そのほかは自由曲となります

A.
from the series – Polish Dances op.9:
No.3 Mazurka in A major
No.4 Mazurka in B major

from the series – Album de Mai op.10:
No.1 Au Soir
No.2 Chant d’amour

from the series – Miscellanea op.16:
No.1 Legend
No.2 Melody
No.3 Thėme variė in A major
No.4 Nocturne
No.6 Un moment Musical

B.
from the series – Polish Dances op.9:
No.6 Polonaise in B major

from the series – Album de Mai op.10:
No.3 Scherzino
No.5 Caprice Valse

from the series – Humoresques de Concert op.14:
No.1 Menuet
No.2 Sarabande
No.3 Caprice /genre Scarlatti/
No.4 Burlesque
No.5 Intermezzo polacco
No.6 Cracovienne fantastique

セミファイナル

2022年11月15日〜(結果発表:11月16日)

A 40〜45分のリサイタル

Hanna Kulentyへの委嘱作品(約5分)が課題曲、そのほかは自由曲となります

B モーツァルト:ピアノ協奏曲

以下の8曲から1曲を演奏

No.15 in B-flat major, K.450
No.17 in G major, K.453
No.19 in F major, K.459
No.20 in D minor, K.466
No.21 in C major, K.467
No.23 in A major, K.488
No.24 in C minor, K.491
No.27 in B-flat major, K.595

ファイナル

2022年11月18、19日

以下のピアノ協奏曲から1曲を演奏

I. J. Paderewski:Concerto in A minor op.17
I. J. Paderewski:Polish Fantasy op.19
L. van Beethoven:Concerto No.3 in C minor op.37
L. van Beethoven:Concerto No.4 in G minor op. 58
L. van Beethoven:Concerto No.5 in E flat major op.73
F. Chopin:Concerto No.1 in E minor op.11
F. Chopin:Concerto No.2 in F minor op.21
R. Schumann:Concerto in A minor op. 54
F. Liszt:Concerto No.1 in E-flat major
F. Liszt:Concerto No.2 in A major
J. Brahms:Concerto No.1 in D minor op.15
K. Szymanowski:Symphonie concertante No.4 op.60

最終結果発表:2022年11月19日
入賞者コンサート:2022年11月20、21日

審査員

Rafał Blechacz -Poland
Thai Son Dang -Vietnam
Martin Engström -Switzerland
Stanislav Ioudenitch -USA
Krzysztof Jabłonski -Poland
Vanessa Latarche -Great Britain
Nikita Mndoyants -Russia
Noriko Ogawa 小川典子 -Japan
Piotr Paleczny -Poland(審査委員長)

まとめ

反田恭平さんの恩師パレチニ先生が審査委員長、日本からは小川典子さん、そしてショパンコンクールで優勝したダン・タイ・ソンさん、ラファウ・ブレハッチさんを始め、錚々たる方々が審査員として名を連ねています。

本大会の参加予定者は韓国の11名が最多、次いで日本から9名、中国とポーランド(開催国)が各7名で、台湾の3名を含めるとアジアからの参加者は50名中30名となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

👍 🎹とともに 🎼とともに 🤞
👋掰掰👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました